異動の時、転勤したい人ができること4選:転勤を希望する理由を明確に!

記事の著者:三吉

転勤は、サラリーマンにとっての一大イベントです。 

転勤には、「新しい土地に馴染めるか?」、「マイホームのローンが残っている」、「子供を転校させる必要がある」など、さまざまな不安や障害がありますから、サラリーマンの多くは転勤を嫌がります。

その一方で、あえて転勤を希望するサラリーマンもいます。その理由はさまざまですが、転勤の希望が通らないことも多いのが事実です。

そこで今回は、転勤したい人がすべき4つのことを紹介します。以下のことを参考に、転勤を叶えましょう。

転勤を希望する理由を考える

まず理解すべきなのは、会社に転勤を希望したとしても、その希望が通るとは限らないということです。そのため、会社を納得させられる転勤理由を考えてください。

もし、「現在の勤務地から離れたい」のが本音だとしても、そんな希望が通るはずはありません。

転勤先でしたい仕事がある

まず、キャリアアップを目的として転勤を希望する場合、「転勤先の研究所で研究がしたい」、「転勤先のプロジェクトに加わりたい」、「転勤先で新たな経験を積みたい」などの理由が考えられます。

このような理由は、前向きにキャリアアップしようとする姿勢として、会社側も評価してくれる可能性があります。特に、転勤先でしかできない仕事であれば、説得力が増やすものです。

しかし、転勤先のキャパも無限ではありませんから、すぐに希望が通るとは限りません。また、転勤先で仕事をするスキルがないと教育に手間がかかりますから、単に経験を積みたいというだけでは希望は通りにくいです。

引っ越しの必要がある

また、引っ越しを目的として転勤を希望する場合、「夫の転勤について行きたい」、「両親の介護をするために実家の近くに住みたい」などの理由が考えられます。

このような理由は、あなたにとっては「やむを得ない理由」かもしれませんが、会社にとっては「自己都合」でしかありません。

そのため、転勤の希望は受け入れられず、退職せざるを得ない可能性が高いです。一方、あなたが会社にとって必要不可欠な人材なら、できるだけ便宜を図ってくれるでしょう。

転勤希望の意思表示をする

転勤を希望する理由がはっきりしたら、会社に転勤希望の意思表示をしましょう。転勤希望はすぐ受け入れられるとは限りませんから、意思が固まったら早めに伝えるべきです。

人事部に直接異動願を提出する方法があるなら、その方法が最もオススメです。直属の上司を経由すると、「俺の下で働くのが嫌なのか?」と気を悪くする上司もいます。

一方、直属の上司を経由してしか異動願を提出できないのなら、前述の理由を説明して、上司に理解してもらう努力をしましょう。

現在の仕事を頑張る

会社に転勤の希望を伝えたら、あとは辞令が出るまで現在の仕事を頑張りましょう。

現在の職場での仕事に興味がないからと言って、仕事をサボるのはオススメできません。会社から「使えない人間」とのレッテルを貼られたら、転勤の希望が通るはずはありませんよね。

特に、キャリアアップを目的とした転勤を認めてもらうには、現在の仕事ぶりを認めてもらうのが一番の近道です。

転勤先との仕事を積極的に引き受ける

また、現在の職場が転勤先と仕事で関連しているなら、転勤先との仕事を積極的に引き受けましょう

転勤を受け入れてもらうためには、転勤先の職場の理解も必要になります。あらかじめ顔と名前を知ってもらえれば、転勤先に欠員が出たときに、転勤が認められる可能性が高まります。

転職する

ここまでご説明した通り、転勤を希望してもすぐに認められるとは限りません。そこで、どうしても転勤したいけれど認められない、という人は、思い切って転職をしてはいかがでしょうか。

この方法は、特に早急に引っ越しをする必要がある場合に有効です。しかし、希望の職種につけない、年収が下がるなどのデメリットがあるため、よく考えて決断を下すといいでしょう。

転職を決めた人には、こちらの転職サービスがおすすめです。

DUDAでは、多くの非公開求人を限定公開しています。また、転職のプロが客観的にキャリアを整理し、助言をしてくれるため、自分にあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、応募書類の書き方や面接対策も万全のため、準備万全の状態で転職に臨むことができます。

DODAのサイトを見る