叱責をパワハラと間違われないようにする方法:業務範囲内であるか確認しよう

記事の著者:kenishida

パワハラと叱責は似ているように感じてしまいますが、実は全く異なるものなのです。

パワハラは、業務の範囲を超えて、優位な立場を利用して威圧的な言動を与えることと厚生労働省で定義されていますので、業務範囲内の場合は、パワハラには該当しません。

業務範囲内であるか、業務の範囲を超えていないかをきちんと考えなければ、パワハラに間違われてしまうことがあるかもしれません。

今回は、叱責をパワハラと間違われないようにする方法をご紹介します。

叱責とはどういう意味?

叱責とは、失敗や怠慢などを叱りとがめることとあります。

なので、職場での叱責というと、仕事の失敗、ミスをした場合や、怠けていたとか、傲慢な態度で、上司の指示に従わない場合などに、叱るのは、パワハラではないのです。

パワハラと、叱責の大きな違い

パワハラは、業務範囲を超えている、叱責は、業務の範囲内での指導となりますので、そこが大きく違います。

ではどうしてパワハラと叱責が比べられるのかと行くことですが、叱責のつもりでも、感情的に、威圧的になり、仕事に関係ないことまで持ち出して叱ると、パワハラになる可能性があるからです。

もともとは、部下のミスを叱るためだったけれど、感情的になりすぎて、必要以上のことを言ってしまった、思わず手を挙げてしまったなどが、それにあたります。

叱責がパワハラにならないためには

冷静に叱る

叱責のつもりがパワハラになんてことは、よくあることですが、そうならないためには、叱責する際の基準を決めておくといいかと思います。

例えば、この場合は、こう注意する、このように指導するなどです。その基準は、すべての部下に一定であれば、なおいいかと思います。

あの人だけすごく怒られているとか周りの人が感じると、パワハラやいじめと受け取られがちです。そして、常に冷静に叱るようにしましょう。

失敗事例を全体でシェアしよう

失敗したことを叱る場合でも、どうしてそうなったのかとか、報告、相談がなかったなど、結果だけに焦点を絞って叱るのではなく、同じことが繰り返し起こらないようにするためにどうすればいいか考えさせましょう。

また、レポートに反省文と改善提案を書いてもらい、失敗事例をみんなでシェアして部署全体でも同じことを繰り返さないようにするなど、共有させましょう。

失敗をしたことを叱るだけではなく、改善提案を踏まえて、過去の事例として話し合う習慣を作ることで、パワハラではなく、きちんとした指導になります。

上司は、部下に指示を出して、仕事をやり遂げることだけでなく、部下を教育して、育てることも仕事です。叱った後に、部下の教育が視野にあることが伝わらなければ意味がありません。

ルールを決めよう

自分だけが嫌われている、怒られていると感じるときに、パワハラだと感じるのではないでしょうか?

そうであれば、叱責に一定のルールを決めて、みんなでそのことを共有すれば、この人は叱っても、自分のことや会社のことをきちんと考えているのだと伝わるはずです。

叱るときも、相手の立場になって、考えればパワハラということにはなりません。叱責するというのは、上司からすれば、大変つらい仕事ですが、組織をまとめるうえでは、必要なことです。

パワハラにならないように、常に冷静に対応する必要があります。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。