女性の平均年収はどれくらい?女性の年収と結婚の相関関係

記事の著者:kenishida

気になる女性の平均年収。一体どのくらいなのでしょう。結婚や育児という仕事を一旦ライフステージの女性働きやすい環境になってきていると聞きますが、実際、働く女性自身はどのように感じているのでしょう。

今の自分のお給料に満足していない人は、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

業界最大手のリクルートエージェントでは日本中の幅広い企業の求人を扱っています。まずは無料会員登録してどのような仕事があるかチェックしてみましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

女性の平均年収は354万円

女性の平均年収は354万円。前年に比べると-3万円という結果になりました。この結果を見るとまだまだ、働く女性たちには景気回復の実感は、得られていないということがわかり、労働条件や職場環境に不満がある女性が多いことがわかります。

国の政策を受け、結婚や育児をしながらでも、女性が働きやすい環境を整えるなどの政策をとる企業は確実に増加していますが、このような具体的な職場環境の変化を実感し、働きやすいと思っている女性はまだ少ないようです。当たり前のことですが、結婚、子育てにより自分のワークスタイルが変わってしまうとなると中々、結婚や子育てに踏み切れませんよね。

関東女性のワークスタイルの変化

2014年の女性の平均年収は、関東以外のエリアは、2013年と比べると同額か、もしくはアップという結果に対して、「関東」では-3万円という結果になりました。それ以外のエリアは前年と同額、もしくは年収アップという結果に。

結婚や出産を機に仕事を辞めるという女性が減り始めている傾向にあり、残業や転勤のない働き方や、時短勤務などを選び、年収が下がっても働き続けたいという希望が増えているようです。特に「関東」は、職業のバリエーションも豊かですよね。年収よりも結婚、育児との両立を重視で時短勤務したり、自分の好きなワークスタイルを選択することが可能になってきたといえます。

結婚する女性の減少

女性の年齢別の平均年収は、年代が上がるにつれて高くなっていて、20代は322万円、30代は385万円、40代は438万円、50代は489万円です。これまでは年功序列が多かったですが、最近では、能力や成果などで評価する給与制度になってきています。

そして年齢別に平均年収を見てみると結婚・出産をする女性が多い年代で一度低下し、育児が落ちつくころに再び上昇します。その「M字カーブ」の谷の部分が最近では浅くなっています。そのことから、年々結婚する女性が少なくなってきていることがわかります。

キャリアをとるか結婚、子育てをとるか。もっともっと女性が働きやすい職場が増え景気が良くなるといいですね。

転職で収入をあげよう

もっと年収をあげたい方は、転職しましょう。転職は時間がかかり大変そうなイメージがあるかもしれませんが、転職のプロがあなたに代わって条件交渉をしてくれるだけでなく提出書類の添削や面接対策までしてくれるので安心。

まずは業界ナンバー1のリクルートエージェントに無料会員登録してみましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。