保育士を目指せる学校(大学・短大・専門)の違いとは?おすすめ大学4つも紹介

記事の著者:sagiri

「子供が好き」という思いから、保育の仕事を目指す方も多いでしょう。保育の現場に入るためには、基本的に保育士免許か幼稚園教諭いずれかの資格が必要です。

どちらも国家資格になるので、独学で勉強するよりも資格の取れる短大や大学に行くほうがスムーズで、こちらを選ぶ人の方が圧倒的に多いです。今回は、保育士を目指せる学校(大学・短大・専門)の違いと、保育の資格を取るのにオススメな短大、大学をご紹介します。

大学・短大・専門学校の違いは?

大学でも短大・専門学校でも保育の資格を取ることはできますが、これらの学校の間にはどのような違いがあるのでしょうか?

大学の特徴

大学の保育科過程に進学する場合、4年間大学に通うことになります。金銭面や時間面に余裕があれば、いちばん資格が取りやすいといっても過言ではないのは、大学を卒業することです。

保育以外の一般教養を学んだり、介護福祉士などの他の福祉系の資格も一緒に取れたりするうえに、学歴を重ねることができるという点でも、やはり四年制大学に強みがあるといえます。就職後の給与も最も高くなります。

ただし、国家資格を取るためのカリキュラムをすべて受講しなくてはいけないので、学校生活自体は割とハードなものになります。通常の座学のほか、ピアノや声楽、運動にかかわる科目も多いので、おしゃれなキャンパスライフとは少しかけ離れていたものになるかもしれません。

短大の特徴

大学に4年間通うことに、金銭面・時間などが原因で抵抗がある方には、短期大学での資格取得がおすすめです。大

学の半分の期間通うだけで資格が取得できるので、早めに現場に出ることができます。一刻も早く現場に出て子どもたちと関わりたい気持ちがあったり、早めに経験を積んで長く保育の現場で勤めていきたいと思っている方は、短大への進学を検討してみてください。

専門学校の特徴

金銭面に余裕があれば、特におすすめなのが3年制の専門学校。2年制の短大では、保育士もしくは幼稚園教諭いずれかの資格を選択して取得を目指すところがほとんどですが、3年間通うことによりどちらの免許も取得することができます。

その他に社会主事任用資格やレクリエーション・インストラクターなど、福祉の部門でも活躍できる資格が同時に取れて、卒業後に進路変更することができるメリットもあります。

大学よりも早く現場で経験を積むことができる上に、3年かけてしっかりとマナーや現場での態度などを学べるため、短大卒の保育士よりも現場にうまく馴染めるという利点もあります。

保育士免許を取るのにおすすめの大学は?

大学と短大の違いを述べたところで、実際にどのような学校があるのか、特色などを比較しながらご紹介していきます。

東京ならここ!白梅学園大学

言わずと知れた西東京の保育の名門校。子ども学部の偏差値はそこまで高くなく、比較的入りやすい大学です。

子ども学科を選択すれば、保育士免許の他に小学校教諭一種・幼稚園教諭一種・特別支援学校教諭・学芸員(任用)・社会福祉主事(任用)・社会福祉士・介護福祉士と、4年間でなんと7種類もの資格が得られます。

保育ではなく福祉に興味が湧いたり、保育所ではなく幼稚園で働きたいと思った場合にも方向転換ができるので、4年間通える方にはかなりおすすめです。

地方の人でも通いやすい!東京福祉大学

続いてご紹介するのは東京福祉大学。こちらは校名に東京とついていますが、全国各地にキャンパスがあり、地方に住んでいる方でも通いやすい学校です。

東京は池袋と王子、その他に名古屋と群馬の伊勢崎にキャンパスが設けられています。取れる資格は幼稚園教諭一種・小学校教諭一種・特別支援学校教諭一種・児童福祉司任用資格・児童指導員任用資格など、児童・保育の部門に強いラインナップです。

就職率・内定率は96%と、卒業後の進路も安定していると言えます。地方でも高い水準の教育が受けられるというのは利点ですね。

西の名門!神戸医療福祉大学

関西地区に複数のキャンパスを持つ神戸医療福祉大学は、兵庫県の姫路、大阪の天王寺、そして神戸に校舎を構え、保育・福祉の部門から医療の分野まで幅広く学ぶことができます。

取得できる資格は保育士の他、中学校教諭一種・高等学校教諭一種・障がい者スポーツ指導員・介護福祉士・卒業後申請により認定心理士などと、学校教育に重きをおいたラインナップ。幼児だけでなく、教育に携わっていきたいという関西の方にはおすすめの学校です。

九州ならここ!近畿大学九州短期大学

九州地方での名門、近畿大学。付属の九州短期大学では保育士の他、幼稚園教諭二種免許・社会福祉主事と2年間で3つの資格が得られます。全国各地の専門学校と提携して独自の通信教育を行うほか、付属幼稚園での実習があることが最大の強みです。

そして個人でも通信教育が受けられるので、大人になってから保育関連の資格を取得したいと思い立ったけど、学生だらけの大学に通うことには抵抗がある…といった方でも気兼ねなく学ぶことができます。

短大ではあるものの実習の回数がかなり多く設定されているので、大学にも負けない経験を積むことが可能です。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。