出世競争の厳しさとは:会社で生き残るために必要なポイントを紹介!

記事の著者:saitotakuma

サラリーマンというものは、出世を目指すものです。

しかし、出世は簡単にできるものではありません。限られた椅子を多くの人で奪うのです。

今回は、出世競争がいかに厳しいのかということを紹介していきます。それと同時に、出世競争にうまく乗れなかった場合、生き残るために必要なことも紹介していきます。

現在サラリーマンとして働いている人は、ぜひチェックしてみてくだいさい。

出世競争の厳しさ

サラリーマンとなり大企業に入れば将来安泰、そう思っている人も多いかもしれません。しかし、サラリーマンには出世競争という厳しい競争が待ち受けています。

出世競争が激しいことで知られるメガバンク。メガバンクの出世競争を見ていきましょう。

ちなみにメガバンクとは、預金残高が極めて莫大な都市銀行のことをいいます。一般的なメガバンクは三菱UFJファイナンシャル・グループ、みずほファイナンシャルグループ、三井住友ファイナンシャルグループのことを指します。

メガバンクの出世競争の厳しさ

特に出世競争がきびしいことで知られているメガバンク。メガバンクは同期1,000人のうち役員になることができるのはたったの10人となってます。

100人に1人しか役員になることはできないのです。メガバンクの出世競争が厳しいことが分かるでしょう。

メガバンクでは30歳になるまでに勝ち組と負け組が選別されます。なんと勝ち組と負け組とでは年収がなんと倍近く違ってくるのだそうです。

どこも出世競争は厳しい

メガバンクを紹介しましたが、他でも出世競争は厳しいようです。

究極の椅子取りゲームのようなもので、出世できる人数には決まりがあります。出世するしないで会社での立ち位置や年収が大きく変わっていきます。

そのためサラリーマンは誰でも出世を目指していることでしょう。出世のために同期を蹴落とすなんてところもあるようです。また、足の引っ張り合いをしのし上がらないと出世できないなんてところもあるそうです。

生き残るために必要なこと

出世できずに負け犬と言われたとしても、サラリーマンとして会社に生き残らなければなりません。そこで、生き残るために必要なことをまとめていきます。

オンリーワンの存在なる

業績の1位になることは簡単なことではありません。しかし、担当分野についての専門知識を高め、その知識については誰にも負けない存在になることは努力をすればなれるでしょう。

「この分野については〇〇さんしかいない」というオンリーワンの存在になることができれば、リストラの対象にならず生き残ることができるといえるはずです。

サポートで会社に貢献できる人材になる

業務では飛びぬけた功績はできていないという人でも、気配りやコミニケーションで取引先からの評判が良い人は、リストラの対象にならずに生き残ることができるといえるでしょう。

管理職は部下の育成に力を入れる必要がありますが、出世するとその分仕事と責任が増えるので、なかなか部下の育成にまで手が回りません。

そのため若手がなかなか育たないという現状があります。そこを狙って若手の教育に力を入れるといいのです。責任がないので、失敗を恐れずに助言することができますよね。

また、人事評価の権限がないので部下も安心して相談することができるのです。

部下を育てることができる人材は、会社から重宝されます。そのためサポートで会社に貢献できる人材になりましょう。