通信講座で保育士になる方法とは?安く効率的に勉強を進めていきたい人にはおすすめ

記事の著者:sagiri

保育士試験を受ける場合、勉強方法の選択肢としては、自分でテキストを買って完全な独学をするか、通信講座を利用するかのどちらかがあります。

通信講座は、実際に教室に通う必要はなく、定期的送られてくる教材や先生からのコメントを元に勉強を進めていけるため、効率的であるように思えますが、独学の場合よりは費用がかかるため、それだけの価値があるのか疑問に思う人もいるでしょう。

今回はそんな通信講座で保育士資格を取る際のメリット・デメリットと、おすすめの教材を紹介します。

通信講座のメリット

時間に縛られない

場所と時間に拘束されること無く、自分のペースで勉強できることは、通信講座のメリットといえます。大学入学して資格取得を目指すと、授業を受けなければならないので、どうしても時間の拘束があります。そこを考えると、自分の好きな時に自分の方法で勉強に集中することができるのは大きなメリットとなります。

学校に通う時間が確保できない主婦や企業のOLが、通信講座で資格取得を目指すことが多いです。

学費が安い

また金銭的な面でも、安く資格取得できるのが魅力のひとつです。

大学や短大に通うとなると、学費として200~400万円ほどの費用が必要になりますが、通信講座は高くても10万円程度で資格を取得することができます。

質問しやすい

さらに通信講座が優れている面は、先生にダイレクトに質問できるというところです。

学校の授業では質問をする勇気がない方もいるでしょう。その点、通信講座は質問を受け付けてくれているところがほとんどなため、気兼ねなく質問できます。

逆に完全に独学をする場合には、分からない点を聞ける相手がいないため、いつまでも疑問点が解決しません。

最短半年で保育士資格を取得できる

保育士養成校に通う場合、保育士資格を取得するまでに最短でも短大での2年という時間がかかります。専門学校であれば2~3年、大学に至っては4年間です。

通信講座の標準学習期間は6ヶ月なので、それに比べると、かなり短い時間で必要な範囲を学び終えることができます。

通信講座のデメリット

保育士試験に合格しなければならない

大学や専門学校に通っている場合、卒業と共に保育士資格が与えられますが、通信講座は違います。通信講座はあくまでも勉強のサポートというかたちで、資格の国家試験は別で受けなければなりません。

一度合格した科目は3年間その成績を持ち越せるため、必ずしも一発合格を目指す人だけではないものの、保育士試験の合格率は毎回20%前後と、数字だけを見ると比較的難関なので、卒業するだけで資格が手に入る学校のほうが気が楽ではあります。

実技試験の対策ができない

保育士試験の試験内容は筆記だけではなく実技もあります。

実技試験は音楽表現(ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかを選択して課題曲の弾き語り)、造形表現(制限時間内に課題の絵を描く)、言語表現(課題をもとに子供に3分間お話することを想定しながら話す)の3つのうち2つを選んで受講することになります。

実技試験を受けるには筆記試験を合格しなくてはいけませんし、合格率も7割~8割と比較的高めになっています。しかし、この実技試験対策は通信講座ではできません。ポイントなどを教えてもらえる場合はあるかもしれませんが、練習は独学になります。

完全な独学より高額

通信講座ではなく、自分でテキストを購入するだけの完全な独学方法と比べると、通信講座は費用がかかります。

通信講座の費用は10万円弱ですが、テキストの購入のみだと、せいぜい数千円で済んでしまいます。

養成校出身者より就職で不利

保育課程のある学校では、保育園からその学校に求人のオファーが来るので、そのツテを使って就職する学生が多くいます。また、養成校には進路相談センターもあるので、進路先選びや保育士採用面接の対策も手伝ってもらえます。

これに比べると、保育士試験の合格者は学校と保育園のパイプが利用できないため、不利になります。保育士は人材不足なので就職自体はそれほど困難ではないですが、それでも質の高い人気の求人の一部がそちらに流れてしまっていることは事実です。

通信校出身者は、各都道府県に設置されている福祉人材センターという福祉関係専門のハローワークや、下記の「ほいく畑」ような保育士専門の求人サイトに登録して求人を探すことになります。

かいご畑に登録する(無料)

通信講座で保育士の資格をとるには

上記を踏まえた上で、通信講座を選択することを決めたら、次はどの通信講座で勉強をするのか決めましょう。保育士資格の大手通信講座は下記が挙げられます。

  • ヒューマンアカデミー『保育士【完全合格】講座』
  • 受講費用:46,000円
    標準学習期間:6ヶ月
    60%合格を目指して、感覚的に覚えられるように工夫された講座が特徴。効率よく学べるテキストと過去問題集以外にも、科目ごとのポイントを解説する講義DVD&CD、暗記用の保育所保育指針読み上げCDなども、付属されています。また全5回の無料の試験対策セミナーもあります。

  • ニチイ『保育士受験対策講座』
  • 受講費用:50,920円
    標準学習期間:6ヶ月
    教本と合格攻略ブックで勉強を進めていく形になります。そしてインターネットを使った「Webカレッジ」で問題演習と過去問演習をおこなえます。FAXや郵送、メールで何回でも質問可能です。

  • ユーキャン『保育士講座』
  • 受講費用:59,000円
    標準学習期間:12ヶ月
    合格にマトを絞ったテキスト。効率よく学習をすることを目的としています。イラストや表などを多用した分かりやすいテキストに定評があります。

  • 四谷学院通信講座『保育士講座』
  • 受講費用:79,800円
    標準学習期間:8ヶ月
    55段階の学習プランに沿って、少しずつ学習を進めるのが特徴。1人1人に担任が付くシステムで、担任のアドバイスを受けながら学習や受験対策がおこなえます。有料ですが、実技対策の対面講座もあります。

参考書や勉強方法なども、その通信講座によって違います。参考書のみのところからDVDがついているもの、実際に講義を開いているもの、通信で授業を受けられるものなどさまざ。

値段や期間、勉強方法などを相談をして、どの通信教育が自分に1番あっているのか、見定めてください。そして通信講座を選んだら、あとは試験に向けて勉強を進めていくことになります。国家試験は年に2回開催されるので、自信がついたら受験をしましょう。

保育士資格をとるための、おすすめの勉強法

もちろん参考書を網羅することが1番大切ですが、机上だけでは理解しがたいものもあるでしょう。内容が結びつかないと、ただ単純に覚えるという作業になります。保育士はそれでなくても科目が多いので、覚えるのは大変でしょう。

そのため、保育補助という形で保育園で実際に働くことをおすすめします。保育補助とは保育士と一緒に子どものお世話をする人のことを指します。担当のクラスや、自分に担当園児をつけてお世話はできません。あくまでも保育士と一緒に働くことになりますが、仕事内容はほとんど変わりません。

実際に体を動かして、資格取得を目指すことで、より内容も頭に入ってきます。そして資格取得後は、即戦力として採用してもらえるでしょう。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。