保育園や幼稚園で起こるトラブル。あまりにも深刻な場合は転園も考えよう

記事の著者:sagiri

幼稚園には3歳~5歳、保育園には0歳~5歳までの子供が入園しています。子どもにとって幼稚園や保育園は、家族を離れ、はじめて経験する社会です。

不安で泣いてしまう子もいれば、遊びたくてたまらない子、お部屋で絵本を読んでいるのが好きな子、先生にべったりな子、すぐにお友達を作れる子など、子どもの性格は十人十色。また0歳~1歳の小さい子どもであれば、まだ善悪がつかないような子もいます。

そんななか、どんなに園側が対応をおこなったとして、喧嘩や怪我などが0になることはありません。1対1から複雑な人間関係が始まることになり、園児同士や、園児と先生、保護者と先生などの間で様々なトラブルが生じてくるのです。

しかしトラブルはなるべく引き起こしたくはないものでしょう。そこでよく起こり得る、保育園や幼稚園で起こるトラブルを紹介していきます。事例をもとに、保護者も園もうまく、柔軟に対応をしていきましょう。

保育園や幼稚園で起こるトラブル

園児にとって初めての社会生活だからこそ、幼稚園そのものに対応ができないことで起こるものや、園児同士で起こる喧嘩などがあります。

またモンスターペアレントという言葉が流行してしまっているように、保護者を中心として起こるトラブルも多いです。具体的にどのようなトラブルがあるのか見ていきましょう。

噛み付いてしまう園児がいる

自分の気持ちをうまく表現できないと、相手に噛み付くという行為をしてしまう子どももいます。「噛むのをやめなさい」と言っても、なかなか改善されないこともあり、悩んでいる保護者は多いです。噛まれたほうもひどい場合は、大きな怪我に繋がってしまうこともあり、保護者としては心配に感じるでしょう。

なぜ噛んでしまったのかしっかり原因を探し、噛んでしまった相手に子どもと親が謝罪することが大切です。また噛まれてしまったほうも、おもちゃを取るなど相手が嫌がる行為をしてしまっていないか確認をすることが大切でしょう。

保育園や幼稚園でもいじめはある

5歳くらいになるといじめが引き起こってしまうこともあります。小さい子ども同士であれば、言い合いや喧嘩などは日常茶飯事です。

しかしみんなの前で漏らしてしまった、鼻血を出してしまった、鼻水が垂れてしまった、よだれが出てしまった、など何か些細なをことをきっかけに、特定の子ども1人が喧嘩や言い合いの標的になってしまいます。1人が面白がるとみんなで面白がってしまうのも、小さい子どもの特徴です。

そして5歳にもなれば、何をすると先生に怒られてしまうのかも理解しています。結果、仲間はずれや、影口などが起きてしまうことがあるのです。

もし自分の子どもがいじめられていた場合は、子どもとよく話し合いをおこない、保育園に相談をしましょう。逆に自分の子どもがいじめをしていたら、しっかりと叱り、相手の子どもと保護者に謝罪をし、園に連絡をするべきです。

子ども同士の喧嘩は日常茶飯事

自分の思う通りにならないと泣きじゃくる子どもは多いです。スーパーでもお菓子を買ってもらえず、大騒ぎしている子どもを見たことがある人もいるはずです。

保育園や幼稚園に入ると、小さい子どもは自分だけではなくなります。おもちゃを全然貸してくれない、滑り台で前の子がなかなか滑ってくれない、お菓子もみんな平等に食べなくてはいけないなど、社会の中で生活をするうえで我慢をしなくてはいけないことも多くあります。

しかし我慢するという行為は、動物のなかでもかなり高度なテクニック。小さい子どもがすぐにできるわけがなく、喧嘩や言い合いが引き起こってしまうのです。

そのとき、打ったり、突き飛ばしたり、噛み付いたり、引っ掻いたりする子どももいます。これは仕方のないことなので、何かあったらなぜしてはいけないのか教え、相手に謝るという経験を積んでいくことが大人になるためのトレーニングなのです。

一緒にいる相手の気持ちを理解できるようになるまで、園も保護者も根気強く、お互い様精神で、子どもと向き合っていきましょう。

ママ友内で影口

ママ友の付き合いは、保護者である自分が好きな相手と交流を深めていればいいというわけにはいきません。子ども同時が仲良しな場合、たとえ相手の親が自分の苦手なタイプたっだとしても、付き合いをしていかなくてはいけないのです。

そしてママ友の世界にはリーダー的な存在がいます。少し派手な格好をしたり、コミュニケーション方法を間違えるだけで、陰口を言われてしまうこともあります。

ママ友の世界だと割り切って、丁寧な人間関係を続けていくことが大切でしょう。

トラブルが続いたりひどい場合は、転園を検討してもいいかも

あまりにもトラブルが続いたりひどい場合は、子どもにとって悪影響です。今後人見知りをするようになってしまったり、園に行くことを嫌がるようになってしまう場合もあります。

トラブルはある程度まで解決させるべきですが、あまりにもひどい場合は、転園を検討してもいいかもしれません。基本的に幼稚園も保育園も転園は可能です。ただし、入園を希望している保育園に空きがあることが条件。

転園を希望する前月の10日が申し込み期限、入園内定の決定は入園前月の20日ごろになるのが一般的です。転園希望の保育園がある自治体に申請をしましょう。

もしトラブルが起きてしまったら、園側はどう対応するべき?

こうしたトラブルに、幼稚園や保育園は、どう対処したらよいのでしょうか。園児同士のトラブルでは、まずはきちんと状況を確認する必要があります。園児の気持ちも聞いたうえで、原因やその後の様子なども把握します。そして園児への対応はもちろん、保護者にきちんと説明と謝罪をしましょう。

保護者とのトラブルでは、何より保護者との信頼関係を築くことが大切です。面接や普段の保育の様子から、気になる家庭には定期的に連絡をとるように心がけるのもよいでしょう。

クレームがあった場合には、保護者のやり方や言い分をすぐに否定せず、まずは聞き、そのうえで状況を説明するか、園で相談の上対応をします。何よりも丁寧に対応をすることが大切です。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。