4歳児におすすめする保育園での遊び。就学に役立つことを学ばせよう

記事の著者:sagiri

3歳のときは、ジャンプを怖がるなど、まだ赤ちゃん歩きが目立っていましたが、4歳になると階段を飛び降りてみたり、はジャンプしてみたりと、だいぶ活発に動き回るようになります。

また1人ひとりが違う遊びをしていましたが、次第に友達と遊べるようになってきます。友達と一緒に人形遊びやごっこ遊びをしたり、すごろくなどゲームもできるようになってきます。

保育園や幼稚園でも、仲良しの友達を作り、遊ぶようになります。「お家に呼びたい」と提案してくることもあるかもしれません。そんな4歳児におすすめする遊びとは、どのようなものでしょう?

4歳児の室内遊び

子ども達全員で室内遊びをするきは、フルーツバスケットがオススメです。

フルーツにこだわらず、誕生月バスケットや、絵本のキャラクターを利用したキャラクターバスケットなど工夫をおこなうと、さらに子ども達も大喜びします。

子どもの中には椅子に座れなかったらどうしようと悩んでいたり、大勢の前で声を出すのが苦手だったりする子どももいるので、保育士が常に援助できるようにゲームを見守っておきましょう。

雨の日は絵本の読み聞かせもおすすめ

4歳児向けの雨の日のための絵本でおすすめなのが、『おじさんのかさ』。子どもにありがちな、可愛いから傘をさしたくない!という気持ちを代弁しているので、この本を通して傘をさす事の大切さを子ども達に伝えることができます。

自分達を取り巻く環境と、絵本の世界とリンクさせたものを読んであげると、想像力を広げてくれるでしょう。

4歳児の運動遊び

4歳児になると足腰もしっかりしてきて走る速度も速くなり、バランス感覚も養われ、子ども達は片足立ちができるようになっています。

そこで転倒を気にしながら室内で走り回る遊びを無理にするのではなく、なるべく外遊びをさせてあげましょう。

4歳になれば簡単なルールであれば理解できるため、鬼ごっこなどは学習にも役立つでしょう。ルールがなぜあるのか、なぜ守らなくてはいけないのか、しっかり教えながら楽しみましょう。

室内であればケンケンパなどもシンプルな遊びなのでおすすめです。

4歳児の手遊び

パンのうたがあります。最初は口に出して歌って、その後何も言わずに動作だけで何パンなのかを当てっこする遊びです。子ども達は非常に喜びますし、記憶力を鍛える事も出来ます。

やきいもグーチーパーは小学校でも習う程ポピュラーな手遊び歌です。じゃんけんにもなりますから、保育士と子どもとのコミュニケーションとしても使えます。

4歳児の集団遊び

4歳になると役割を覚えることが出来るようになるので、遊びもぐっと増えます。

室内では色鬼・ケイドロなど役割のある追いかけっこはかなり喜ばれるでしょう。走り回って転倒し怪我するのが心配な場合は、じゃんけん列車をすると非常に盛り上がります。

じゃんけんをして、負けた人は勝った人の肩に手を置き後ろについてどんどん勝負しながら歩く遊びです。単純でありながら、みんなが一緒になって遊ぶことは、集団生活をおこなう前段階には、いい学習になるでしょう。

4歳児の制作遊び

4歳児になったら、簡単な塗り絵などではなくワンステップ上の塗り絵に挑戦しましょう。まんだらがおすすめ。

まんだらは元々仏の悟りの境地などを文字や仏像、シンボルで表現している物です。今は保育教材として、さまざまな大きさの円の中に楕円形・丸・四角などの形が合わさった物が塗り絵用として販売されています。

塗る部分が多い上に、色の組み合わせも考えなければいけないので、4歳児にはぴったり。

また、まんだらで使う色や塗り方によってその子の気持ちを推測する事も出来るので、発達を助けるだけではなく子どもの心の声も理解する機会になります。

お店屋さんごっこ

4歳児は自分の役割を理解して果たすことができる年齢です。

そこで制作も組み合わせて、紙コップに少量の絵の具を入れて水をそそぎ、ジュース屋さんをすると子ども達は非常に楽しんでくれます。

お店で店員をする子どもも楽しいですし、お客さんの子どももお金を払ったり、色のついたジュースに見立てた水が貰えたりするのでどちらの役割になっても満足する事が出来るでしょう。

4歳児であれば飲む心配はないですが、絵の具は念の為口に入れても大丈夫な物を使うようにすれば安心です。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。