40代の女性派遣社員の将来は厳しいのか?派遣社員の悩みを紹介 

記事の著者:saitotakuma

派遣社員の給料では経済的に厳しい生活になることが多く、将来への不安感を抱いている人も少なくありません。正社員との扱いの違いや、コミュニケーションに悩んでいる女性もいることでしょう。

転職を考えている女性も多いですが、「応募は35歳まで」などと年齢制限がある求人も多く、40代になると転職も難しくなってきます。

今回は、40代女性派遣社員の平均年収や、さまざまな悩みを紹介します。

40代女性派遣社員の平均年収

40代女性派遣社員の平均年収は、約300万円です。40代女性正社員の平均年収と比べると、約200~300万円の大きな差があります。

40代になると、転職も難しくなってきます。「未経験の方不可」や「応募は35歳まで」などと、経験や年齢などで制限をかけられることも少なくありません。

40代女性派遣社員のさまざま悩み

40代の派遣で働いている女性にはどのような悩みがあるのでしょうか。

正社員と馴染めない

会社では正社員同士で、グループができていることが少なくありません。派遣社員が正社員のグループに入るというのはなかなか難しいことです。また、女性が多い職場だと派閥争いがあることもあるので、巻き込まれないか不安に思うことでしょう。

一般的には正社員の立場が派遣社員よりも上という風潮があるので、正社員の相手が年下の場合でも、敬語で話す派遣の女性は少なくありません。逆に正社員が、タメ口で話してくるということもあるようです。正社員の、横暴な態度に悩んでいる女性もいることでしょう。雑用を押し付けられる場合もあります。

正社員との格差

上記のデータで確認したように、40代女性派遣社員の給料は正社員の6割ほどと、明らかな格差があります。

正社員との格差は、年収だけにとどまりません。「食堂は正社員のみ使用可能」「ウォーターサーバーは正社員のみ使用可能」など、福利厚生についても勤務形態によって制限がある職場も存在します。このような違いから、正社員との扱いの格差を感じている派遣社員は多いです。

労働条件も正社員より悪く、子供がいる正社員は定時で帰りますが、派遣は引き継ぎ残業する日も多いです。

残業する場合には、事前に申請が必要な場合もありますが、新しい人間関係の職場では残業申請をしづらいと感じる人も多く、 サービス残業する人も少なくありません。

将来への不安がある

特に40代で独身だと、派遣社員であることに、将来への不安を感じている女性は多いです。夫の収入があるならともかく、一人暮らしだと自分の生活費を自分で稼がなければならないですが、年齢を重ねるごとに紹介してもらえる仕事の時給は下がってしまうからです。

また、単純な事務仕事は機械化・自動化によってコンピュータに置き換えられるようになってきました。事務職以外に仕事を探さなければならないとなると、飲食や介護などの仕事が多くなるでしょう。未経験なので新たに仕事を覚えなければならない上に、年齢的に肉体労働が厳しくなってきます。

かと言って今から結婚を目指すのも一苦労です。40代だと男性に相手にされにくいということもありますが、同年代で結婚できていない男性に魅力的な人も多くありません。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。