7月の転職市場の動向。求人数が多くライバルが少ない、転職にはおすすめの時期

記事の著者:2034429

暑さも本格的になってきたこの時期。ボーナスも出たところで、転職したいと考えている人も多いでしょう。

厚生労働省の2011年労働力調査によると、7月の転職希望者数は581万人。6月は592万人いるので、マイナス11万人と転職活動業界は少し落ち着きを見せている時期ともいえます。

そんな7月に転職をするメリットや、注意点はどのようなものがあるのでしょうか?

7月の転職市場の動向

この時期は、求人件数も多いけれど、ライバルが少なく、選考基準が下がる傾向にあります。厚労省のデータによると、平成30年7月の求人倍率は2.42倍です。これは1人当たり2.42件の求人件数があるということを表しています。

平成30年の平均求人倍率は2.39倍です。この数値と比較しても、平均よりも求人件数が多いことが分かります。

企業のほうでは新卒採用の動きが一旦落ち着き、今度は中途採用に向けて動き出す企業が増えていきます。多くの企業では10月に下半期がスタートします。

10月は人事異動や新しい企画やプロジェクトを始動させるのに区切りの良い時期。大体転職にかかる期間は1ヶ月半〜3ヶ月ほどです。7月から転職活動をしていけば10月の入社が可能となるでしょう。

7月が転職におすすめの理由とは?

新しい環境に馴染みやすく、ライバルが少ない

上記でも触れましたが、ライバルが少ないこの時期に転職することで、人間関係を築きやすい、職場の環境に馴染みやすいというメリットがあります。

またボーナスをもらってからやめるという6月転職者の動きも一段落しているため、ライバルが少ない時期。ただし求人件数は多いので、転職に成功する可能性がぐっと高くなります。

余裕をもって行動できる

転職するのにかかる期間は、およそ1ヶ月半〜3ヶ月ほどかかると言われています。7月から転職活動をすることで、夏休みを途中で挟むことができます。時間に余裕ができることで転職の準備だけでなく、自分のライフプランや今後の方向性、次はどういった仕事がしたいのかを考えることができます。

また休暇を利用して、応募する会社の検討ができたり、職務履歴書や応募書類を作ることもできます。このように7月からの転職活動は、合間に休暇が挟むと余裕をもって行動できるという点で非常におすすめです。

転職のピークに照準を合わせられる

秋の9月、10月は転職のピーク。この時期に転職活動を開始することで、ピークの時期に照準を合わせることができます。秋はライバルが多いですが、ライバルたちよりもゆとりを持って転職活動できるのもメリットでしょう。

7月に転職するときの注意点

ライバルが少ないとは言え、中途での採用になるので自分が目を付けていた企業の募集でも、早く行動を起こさないと、他のライバルに先を越されてしまい、募集が終了してしまったという事態もありえます。自分が良いと思える求人にあったら、応募するなどすぐに行動に移しましょう。

7月は求人件数も多いですが、秋に向けてどんどん増えていきます。幅広い求人募集の中でどの企業にしようか迷ってしまうこともあるでしょう。気をつけて選ばないと「前の職場のほうが待遇が良かった」ということになりかねません。

プロのエージェントに任せて、効率的に転職を

そんなときに利用できるのが、プロの転職エージェントです。独自の繋がりで多くの求人募集を持っていますし、多くの経験の元、自分にぴったりな職場を選ぶ手助けをしてくれます。

転職エージェントの中でもおすすめなのは、マイナビエージェント。全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業のほか、ベンチャー企業の求人情報が掲載されています。

各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしてくれているので、安心して転職活動を続けられます。また履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。