履歴書の書き方。職歴から封筒の書き方まで、細かいマナーを紹介

記事の著者:2430550

エン・ジャパングループの調査によると、書類選考の目的は「全く対象外の応募者を外すため」(41%)、「採用できそうな人しか面接しないため、絞り込みたいため」(29%)の大きく2つになっています。

採用職種、ポジションによってかなり異なると答えている企業も多くありましたが、全員を面接できない企業ももちろんあります。

そのため履歴書である程度、人材を絞り込む企業は多いです。そして経歴やスキルが素晴らしくても、企業に社風と合っていないと判断されれば落とされます。

とくに競争率が高い企業では、書類選考を突破するのでも難関。履歴書の書き方は採用を左右するとても重要な物といえます。今回は履歴書の書き方マナーから、採用企業側が重視するポイントまで紹介していきます。

履歴書の基本的な書き方

まず日付は履歴書を作成した日を記入しましょう。

写真は華美でない服装で、履歴書の写真貼付欄に合ったサイズの写真を用意し貼付します。エン・ジャパングループの調査によると、証明写真はカラーがいいという企業は79%。そのため、なるべくカラー写真を使用しましょう。

また住所は、都道府県から記入し、建物名などは略称は使用してはいけません。電話番号・メールアドレスは、採用結果の通知に使用されるため、間違いなく記入しましょう。

学歴・職歴欄の書き方

学歴

学歴は、高校や専門学校から正式名称で学部や学科、コース名まで記入します。義務教育については記載不要です。

応募職種で生かせる専攻や研究テーマは詳細に記入しましょう。アピールポイントになります。

職歴

会社名は正式名称で記入し、次の行に業種・従業員数を書き、簡単な職務内容を記入します。応募内容に関する職務内容がある場合は、詳しく執筆しましょう。

企業の合併や買収などで社名が変わった場合は、「○○株式会社(現△△株式会社)」と記入します。

現職の企業の退職日が決まっている場合には、「平成31年3月 株式会社○○○○ 退職予定」などと記載し、就業開始が可能な時期がはっきりしていることを明記してください。

もし異動などで部署が変わった場合は、その部署名・異動年月を記入する事で他の経験もあるというアピールもできます。職歴が欄に書ききれない場合には、履歴書にはある程度まで職歴を書き、「詳細は職務経歴書に記入」と書いておきましょう。

志望動機欄の書き方

エン・ジャパングループの同調査内の「応募書類で、内容に不足があるのはどの項目ですか?」という問では、「応募動機について」と答えた企業は34%。自己分析・企業分析を丁寧におこない、志望動機を固めておくことは、非常に大切です。

スキル・経験がない場合でも、志望動機がしっかりしていることでポテンシャル採用される可能性が高まります。

志望動機は、なぜこの会社に入社したいのかについて、記入する欄です。過去の職務経歴・応募企業の理解・自分だからこそ出来ること・入社してやりたいことを明記しましょう。

よく「貴社の商品・サービスが好き」ということを書く人がいますが、これはあまりいい例とはいえません。会社はファンがほしいのではなく、事業を成長させてくれる人がほしいのです。むしろ悪い点も理解し、改善点を持っている人ほうが、企業としては魅力的な人材といえるでしょう。

趣味・特技、本人希望欄の書き方

趣味・特技

株式会社ワークポートの調査では、履歴書の趣味欄は必要だと思いますか?という問に対し、77%がYESと回答しています。

趣味や特技は面接でも話題にもなります。この欄は、1番人柄が理解できる項目であり、社風に合っているかどうかがジャッチされます。何もないからと「特になし」などと記載するのは絶対にやめましょう。

同調査によると、趣味欄に「デート。企画をして人を喜ばせることが好きだから」と理由まで記載してあり、採用に至った。というエピソードも紹介されていました。このように特別な趣味や特技ではなくても、それらが、仕事でどう活かせるのかが重要といえます。

そのためただ箇条書きで書くのではなく、職種・企業に合わせ、理由まで明記をするようにしましょう。

本人希望欄の書き方

複数の職種を募集している場合は、希望職種を書くようにしてください。待遇面などについては原則、「貴社規定に従います」と記入します。

育児などで勤務時間の制限などがある場合は、その旨を記載しましょう。また「現在態勢を整えるべく努力している」などを加筆し、仕事の意欲を示せると、より良いでしょう。

封筒の書き方

住所は、都道府県から記入し、社名は(株)などの略称は使わないようにしましょう。縦書き・横書きは統一させましょう。一般的には、縦書きになっていることが多いです。

あて名は「御中」と「様」を併用せず、使い分けます。ちなみに、会社宛てに場合「御中」を使用します。担当者に宛てる場合には「様」を使用しましょう。

封筒の表面左下には、「応募書類在中」と記入し、何が入っているのか、一見してわかるようにしておきます。

そして封筒の裏面には自分の住所、氏名を記入します。このとき文字の大きさは、貴社名よりも、気持ち小さく書きましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。