履歴書で使用するべき封筒は?茶色よりも白を使うべき?

記事の著者:2584156

書類選考で見落としがちでありながら、非常に重要なポイントになる、郵送方法。履歴書を送るとき、封筒の形・色にも基本があり、どんなに素晴らしい経歴があっても封筒選びが間違えていると良い印象を持ってもらえません。逆に、郵送時のマナーがきちんとしていれば、採用担当者からの評価がアップすることもあります。

履歴書は重要書類なので、使用するべき封筒も採用担当者の印象を損ねない様に慎重に選ぶべきです。ここでは、基本の形と色を説明しますので郵送する際に確認しておきましょう。

履歴書で使用するべき封筒は?

市販の履歴書はA4(A3二つ折)、B5(B4二つ折)サイズになっています。それぞれが入る封筒を選びましょう。基本的に封筒にA4サイズなどの表記がされているため、間違えることはないでしょう。

ただし、履歴書を三つ折りにして封入する長形の封筒もありますがこれは使用するのを避けましょう。重要書類に折り目をつけると読みにくくなり、読み手の印象を悪くする可能性もあります。そのため、長形の封筒を使うのは好ましくありません。二つ折で入るサイズのものを選ぶようにしましょう。

色は白が無難

市販の封筒は主に、白・茶の2色があります。どちらも就職活動には使えますが、履歴書を郵送する際は白の封筒が無難です。

なぜなら白は清潔感、上品なイメージがあり、お祝いの場や手紙などにも使われ、きちんとした印象があります。一方、茶色ですがその色味の特性から事務的な印象があります。会社には毎日たくさんの郵便物が届き、その多くが茶色の封筒です。

履歴書を茶の封筒で郵送してしまうと、たくさんの郵便物に埋もれてしまう可能性もあります。気づかれないまま未開封で放置されてしまう可能性も0ではありません。

開封されるのが遅れて選考に影響を与えることも考えられるため、白を選ぶのが好ましいです。

また、履歴書を郵送、手渡しのどちらでも必ず、表面に「履歴書在中」と朱書きします。真っ白な封筒に赤い文字のコントラストで目立ちます。郵便物を仕分ける担当者に一目で重要書類と認識され、大切に扱われるでしょう。

封筒に履歴書を入れるときはクリアファイルを使うこと

履歴書などの重要書類はクリアファイルに入れるのがおすすめです。郵送中に折れたりするのを防ぐほか、添付の書類(職務経歴書、添え状)をまとめて封入でき、管理もしやすくなります。

採用担当者の取り扱いやすさを考えておくのも、書類郵送する際の重要なポイントです。履歴書の汚れ、折り目は直接選考に影響を与える可能性もあります。

これからビジネスマンとして働いていくのであれば、このような細かい気配りも必要です。相手に良い印象を持ってもらうため、きちんと確認をしておきましょう。

切手はオーソドックスなデザインが無難

切手を貼るときは華美なデザイン、キャラクターなどを避け、普通のものを使用します。様々なデザインの切手があり、つい自分の好みのものを選びたくなりますが、ビジネスシーンでは無難に普通の切手で郵送しましょう。

封筒の表面に悪い印象を持たれないように、切手のデザインと位置を基本通りにしておきましょう。

また切手はなるべく1枚でおさめます。2枚貼ると、剥がれてしまうこともあり、書類が差し戻される可能性もあります。封筒の見た目も2枚の切手で乱雑に見えることがあるため、基本は1枚にしましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。