仕事と子育てを上手に両立させるコツ!共働き家庭は少しの工夫で時短を目指そう

記事の著者:shuta

共働き夫婦は毎日仕事に子育てと大忙し。1日24時間では足りないほどです。仕事と子育ての両立は、時間や体力の縛りなどで、なかなか難しいもの。子どもとゆっくり向き合う時間や自分のプライベートな時間なんて全くない方も多いです。仕事と子育ての忙しさからイライラしてしまうパパママは多いのではないでしょうか。

しかし、考え方を変えてみたり、時間の使い方を工夫したりすることで、どちらもうまく成立させた生活を送ることができるようになります。

今回は、共働き夫婦が仕事と子育てを上手に両立する仕方を紹介していきます。

夫婦で役割分担する

家事はどうしてもママの仕事になりがち。しかし共働き夫婦の場合は家事も夫婦お互いが協力し合う必要があります。

特に精神的に辛いのが子どもの送り迎え。毎日他の社員が働いている中、頭をあげて会社を退社したものの、保育園のお迎えの時間が遅くなってしまうと子どもが泣きながらママの帰りを待っていて、保育園でも先生に頭を下げる日々。想像しただけでも辛いですよね?

もちろん、パパが早く会社を退社するのが難しい場合もあるでしょう。子どもの送迎ができないという場合は、他の家事をしてママの負担を軽くしてあげましょう。

お互い家事がどのくらい負担になっているのか話し合いを行い、お互いができる部分を助け合うことが大切です。

朝の時間を大切にする

1日のスケジュールをスムーズにこなす核となるのが朝の時間。

まだ体が疲れていない朝の時間に、いかに動けるかで夜の夕飯の支度などの負担が軽くなります。

まずは、早起きを目指してみましょう。

子供がまだ寝ている時に落ち着いて食事の準備や身支度をできるだけ済ませます。子供が動き出すと目を離せず、また、何をするかわかりません。

残業を減らす

会社を定時で上がることができるかできないかも重要なポイントとなります。

定時退社が当たり前になっている職場はいいのですが、様々な仕事の状況や、仕事場での立場で定時退社がしにくい方もいると思います。

しかし、子育てと仕事を両立させるにはなるべく定時に上がれるように工夫してみましょう。

そのためには、周囲に理解してもらい、協力をしてもらうことも重要なスキルです。

定時までは仕事にベストを尽くす。周囲の方への感謝の気持ちや配慮も忘れずにいい人間関係を作る。それができれば定時で上がる事に後ろめたさを感じることも少ないでしょう。

もしも「まだ周囲に理解してもらえない」という方は、自分の状況を話し「迷惑をかけてしまうこともあって申し訳ない」という気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。

家事は子どもと一緒に行い、家事も楽しむ

家でバタバタと忙しく行なっている家事を子どもを一緒に行うことは、家事と子どもとのコミュニケーションの両方を一緒にできるとても効率的な方法です。

「子どもとの時間をあまり作れない」という悩みは共働き夫婦であればどの夫婦も1度は悩んだことがあるのではないでしょうか?遊んであげたいけれど家事や仕事が忙しく、なかなか子どもと過ごす時間が取れない共働き夫婦は多いです。

お風呂掃除や玄関の掃除、洗濯ものを自分の分だけ畳んでもらうなど簡単なことでもいいのでお願いをしてみましょう。一緒に家事を行うことで子どもとコミュニケーションを取る機会にもなります。さらなる工夫としては、時計の針が~分になるまでにやってみよう、など子どもが楽しい気持ちになってくれる行動を取り入れてみましょう。

もちろん子どもへの感謝の気持ちを伝えることは子どもの教育上とても大切なことなので、お手伝いをしてもらったら感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにしましょう。役に立てているという自覚が、子供の自信や成長にも繋がります。

親に手伝ってもらう

共働きをしている夫婦はどちらかの親の近くに住んでいた方が安心です。可能であればママが頼りやすいという意味で、ママ側の両親の近くに住むことをおすすめします。

共働きだとなかなか子どもとゆっくり過ごす時間がありません。また子どもが小学生の場合、家に帰ってくる時間にママはまだ帰ってきていないというケースも多いでしょう。

子どもも毎日1人でお留守番するのは辛いです。帰ってきたときに一緒に居てくれるおじいちゃんやおばあちゃんがいるだけで子どもも安心しますし、働いているパパママも安心です。

ママが頑張りすぎて体調を崩してしまっては元も子もありません。「助けてもらえているから仕事ができる」ということを親や義理の親に伝えられていれば、きっと気持ちよく子どもを見てもらえることができます。お互いに大変なときは助け合えるような関係を作って行くためにもお願いをしましょう。

ファミリーサポートを利用する

ハードな仕事をしているママは、親や義理の親に子育てを手伝ってもらっている場合が多いですが、近くに頼れる親がいないという働くママもいるでしょう。

そんな方におすすめなのがファミリーサポートです。地域の住民同士で子育てを助け合うサービスで、厚生労働省が構想して設立した事業です。

ファミリーサポートでは保育園のお迎えやお迎え後、親が帰ってくるまでの預かり、習い事に連れて行くなどのサポートを行っています。

ハードな仕事をしているママは、急な残業を任されてしまうことも…。そんなときにファミリーサポートに登録をしていけば子供のお迎えが遅くなったときでも安心です。

最も魅力的なのは子どもが急に体調を崩したときです。保育園では37.5度を越えると預かってくれませんが、ファミリーサポートであれば預かりを行なってくれるので、仕事をどうしても休めないときはとても助かります。

料金も1時間800円〜1,000円程度と利用しやすい価格になっています。ハードな仕事を乗り切るためには子育て支援のサービスを上手く利用することもコツのひとつです。

交流の場を持つ

最近ではSNS内で働くママコミュニティーの場や、土日にランチ交流会が開かれていることもあります。気分転換にもそういう場に行ってみるのもいいでしょう。

ハードな仕事をしているママは、なかなかママ友ができないという悩みがあったりしませんか?保育園のお迎えのときにゆっくりママ友と話す時間や、ママ友とランチする時間はあまり作れないでしょう。

しかし同じようにハードな仕事をしながら子育てをしているママと出会うことで、「この悩み私だけじゃないんだ」「同じように頑張っている人がいるんだ」と共感や悩み相談をすることができ、精神的に楽になります。

頑張り過ぎない

ハードな仕事をしながら子育てをするためには頑張り過ぎないことが大切です。どこまでは1人で頑張って、どのような状態になったら周りにお願いするのかラインを決めておくといいかもしれません。

すべて完璧にこなす必要はありません。辛いときには休むことも必要ですし、手を抜いたり、助けを求めたりすることも必要です。頑張りすぎると体調を崩してしまう原因にもなりかねません。

自分ができる範囲で子育てと仕事をうまく両立させてください。

時短グッズを購入する

家事の量が多く、時間が足りなくなってきたら、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機などで家事も時短しましょう。

食器洗い乾燥機があると食器を洗う手間が省け、洗濯乾燥機があると洗濯物を干す手間を省くことができます。

また他にもお掃除家電ルンバも時短家事にはかかせません。足の裏にモップがついたスリッパもおすすめです。歩くだけで家にモップをかけることができます。

家事にかかる時間を短縮することができれば子どもと一緒に過ごす時間を増やしてあげることもできます。宿題をゆっくり見てあげる時間ができるのも嬉しいです。共働き家庭は時間をお金で買ってみましょう。

今までの仕事を続ける

子どもが生まれたからといって、今まで続けてきた仕事をやめる必要はありません。職場にもよりますが、しっかりと産休、育休を取らせてくれる会社も増えています。

家庭だけでなく、外に居場所を持つというのも大切なことです。客観的に自分を見つめる機会にもなりますし、協力してくれる人が回りにいるということを身にしみて感じることができます。

保育園の入園競争を勝ち抜く

今までの仕事を続けるには、親やパートナーの全面的な協力がある場合を除くと、子どもを保育園に通わせることは避けられないでしょう。

近年は待機児童の問題があるほど、保育園に入園すること自体難しくなっています。ほとんどの保育園の選考ではポイント性が利用されていて、ポイントが高いほど保育園に入園させるべきであると判断されるそうです。

地域によってこういった選考の制度は異なりますが、入園が難しい今、事前にリサーチしておくことも重要になります。

仕事を子育てのリフレッシュタイムにする

仕事でうまくいかないときも、子どもの笑顔や成長を見ると元気が出てきます。一方で、子育てが忙しく心が荒んでいる時も、仕事に没頭することでストレスを解消できることもあるでしょう。

仕事の時間と子どもと過ごす時間、この切り替えが上手くできる人は、仕事と子育ての両立もうまくいくはずです。そのためには、仕事と子育てのそれぞれを、互いのリフレッシュタイムと考えるようにするといいでしょう。

最初のうちは大変かもしれませんが、数ヶ月を乗り越えると自然とどちらもこなせるようになるので、諦めず駆け抜けてみましょう。

子育てと両立できる仕事を選ぶ

いろいろな方法を検討してきましたが、これらで解決しない場合には、仕事を諦める方向も検討してみましょう。かと言って、完全に仕事を辞めてしまう必要もありません。

どうしても両立が厳しい場合は、思い切って子育てと両立できる仕事に移りましょう。

いくつかおすすめの仕事を紹介するので、自分にもできそうというものを見つけて、仕事探しの参考にしてみてください。

時短勤務

収入がゼロになってしまうのは不安だが、フルタイムの共働きの状態がキツいと考えている場合は、夫婦のどちらかが時短勤務を選択するという方法も考えられます。

派遣の仕事は時間の融通が利きやすく、短時間でも働けるため、子育てと両立しやすい仕事です。派遣の仕事は大企業で行うことが多く、同じようなママのパート仲間が多いので、協力し合いながら、シフト調整できます。

週に1日だけでも休みが増えると、負担は格段に減るものです。

袋詰め

また、在宅ワークであれば、自宅で仕事をするわけですから、子供が熱を出して寝込んでいても、お休みする必要はありません。子供と一緒にいながら仕事ができるのは理想的ですよね。

内職手作業やラッピング梱包などの袋詰めのお仕事は、主婦にとても人気があります。そして、空き時間に内職したい方に向いてます。

天候に関係なく自宅で可能ですし、綺麗なラッピングはお仕事するのも楽しくなりそうです。日用品を包装するものや、ガチャポンの中におもちゃを詰めるものなど、さまざまな種類があるので面白いものが見つかるかもしれません。

簡単な作業で、スキマ時間にできておすすめですが、時給に換算するとなかなか稼ぎとしては大きくはならないので、注意が必要です。

データ入力

パソコンを使ってデータを入力するお仕事です。基本的には、指定された内容をエクセルなどのフォーマットに入力していくだけの単純作業です。タイピングができれば誰でもできるといえます。

簡単にお小遣い稼ぎができるため、主婦の方に人気が高いです。指定された内容をひたすら入力していく作業なので、タイピングがはやい人や正確に打てる人は重宝されます。

正確に打ち込むには集中して入力する必要があるので、子どもがお昼寝をしている時間などをうまく使うといいでしょう。

シール貼り

バーコードやラベル、値札シールなどを製品や封筒、袋に貼る手作業のお仕事です。宛名シールを封筒に貼ったり、商品シールを貼ったり、シール貼り内職と言っても種類はとても多いです。

シール貼り内職に特別な資格は必要ありませんので、誰でも出来るお仕事です。自分のペースで行うことができますし、子供が小さくてなかなか外に働きに出れないという方は、在宅ワークでのシール貼りがオススメです。

テープ起こし

MDやVTRなどに録音された講演会や会議でのインタビューといった音声を文書化する在宅ワークです。 出版物、会議記録、Web原稿などに活用されています。

テープ起こしはインターネットとパソコンがあれば問題はありません。テープ起こしで行う仕事はデータ入力と結構似ています。

ジェルキャンドル作り

自宅で可能な手作業内職の中でジェルキャンドル作りは圧倒的に女性の方にとても人気です。

作業内容は、固形のジェルをあぶって溶かし芯と併せてラメなどをガラスの容器に注ぎ固まれば完成です。とても簡単に始められます。

ジェルキャンドル作りは、一度始めると長く続けていく女性が多いのが特徴です。

働くママのタイムスケジュール

仕事もして、家事もして、子育てもする。それらを楽しそうにこなしているママもいれば、ヒーヒー言いながら毎日必死にこなしているママもいます。一体なにが違うのでしょうか?そこには、計算された時間の使い方と、ほんの少しの意識の差があるようです。

一般的な平日のタイムスケジュールは下記のようになるでしょう。

  • 6:30:起床。少しだけ家事。朝ごはん
  • 8:00:登園。自分は、通勤
  • 9:00:出社
  • 16:00:退社
  • 17:30:お迎え
  • 18:30:買い物をしてから帰宅
  • 19:30:子どもと一緒に、夜ご飯
  • 20:30:お風呂
  • 21:00:寝かしつけ
  • 22:30:家事や趣味の時間を過ごしたあと、就寝

ただし子どもは自由奔放。いくらタイムスケジュールを組んだとしても、ここまで上手くいくとは限りません。

むしろしっかりタイムスケジュールを組みすぎると、予定が狂ったときにイライラしてしまうことも。あくまでも「こうなったらいいな」くらいのテンションで過ごすほうが、ストレスフリーな生活を送れるでしょう。

タイムスケジュール通りに過ごすコツ5選

上記でタイムスケジュールを紹介しましたが、どうしても早く寝たいときなどもあるでしょう。そんなときどうしたらタイムスケジュール通りに予定を進められるのでしょうか?

~朝~ 朝食準備のついでに夕飯の下ごしらえ

朝に朝は忙しく、とてもじゃないけど夕飯までは手が回らない!という方も多いと思いますが、朝食を作ると同時に夕飯の材料を切っておくと良いです。

下ゆでだけでもしておくなど、1つのことを少しでもやっておくと仕事の後に夕飯を作る負担がだいぶ軽くなるでしょう。

夕飯のメニューも朝の時点で決まっていることになるので、帰りに買い物しなければならない場合にも迷うことがなく、時間の節約になります。

~昼~ 昼休みはショッピングタイム

職場の近くに、コンビニや薬局がある方は多いのではないでしょうか。歯ブラシやシャンプーなど、職場へ持ち帰ってもかさばらずにすぐに買える消耗品は、昼休みのうちに買ってしまうのも手です。

フルタイムであれば1時間の昼休みがもらえるはずなので、その間に食を済ませ、簡単な買い物くらいはできるでしょう。

生鮮食品や冷蔵品だけを仕事帰りに買う、というように時間を分けて買い物するだけで、仕事の後に子どもと過ごす時間を増やすことができます。近くにコンビニや薬局がない人は、昼休みの間にネットで注文してしまうのも良いかもしれません。

~帰宅時~ 定時を死守!

定時に帰れるかどうかは育児との両立において、最も大事と言えるかもしれません。子どものお迎えの時間にも関わってくるのはもちろん、ここがズレてくると後のスケジュールが全て狂ってしまうので、どうしてもという時以外の残業は避けるようにしましょう。

そのためには、定時までにしっかりと仕事が終えられるように、勤務時間内は集中して効率化を考えるようにしましょう。残業が続いてしまう場合には、定時に帰るための対策を上司に相談してみると良いかもしれません。

~夜~ 子どもとの時間に全力を注ぐ

帰ったら食事の準備、洗濯物の片づけなどの家事はさくっと終わらせ、子どもとの時間をゆっくり過ごしましょう。子どもは1日にあった出来事をたくさん話したがっています。ママとの時間を過ごしたがっているのです。

絵本を読み聞かせたり、宿題を見てあげたりもいいですし、一緒にお風呂に入る時間にしっかりこどもと向き合うなど、仕事のことは一旦横に置きましょう。

子育てと仕事の両立をするときには、仕事と家庭をしっかり切り離して過ごすことが重要です。

~休日~ ストレス発散

休日には平日に出来ないことをしたり、家族で出かけたりと、平日同様やらなければいけないことがたくさんあります。それでも合間をぬって、自分のための時間を持つようにしましょう。

ストレス発散がうまくできずに家族にイライラをぶつけてしまうようでは、両立できているとは言えません。家族に協力してもらって自分が笑顔でいられるようにすることが、ママ自身のためにも、子どものためにもなるのです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。