女の職場あるある10選。女の子が多いと面白いことも、大変なこともある

記事の著者:shuta

総務省統計局の調査によると、2018年の労働力人口は6,830万人となっており、うち女性は3,014万人と全体の44%を占めています。また労働力人口は前年に比べ110万人の増加しており、男性が33万人増えたのに対し、女性は77万人も増加しています。

今後社内に女性がいる割合がどんどん増えていくかもしれません。そして、女性がいる職場では、女性ならではの問題や面白さがあるかもしれません。そこで今回は女の職場あるあるを紹介します。

男性社員が入った時のチェック

女性ばかりの職場に突然入った新入社員が男性だと、彼女のありなしから身だしなみまでチェックがやみません。

その男性がイケメンだとちょっとした話題もみんなで共有して楽しむこともあるとか。職場の和を乱さないためにも、業務以外で男性社員と2人だけで話すのは避けましょう。

いつの間にか派閥が出来ている

女性は群れやすい生き物。いつの間にかAグループ、Bグループと派閥ができています。

派閥内では守られてるけれど、別のグループの人と仲良くしようとすると反感を買うこともあり面倒ですよね。

もし、あなたが新しいメンバーとして配属された部署が女性の多い部署だったら、まずは誰が女性社員の中でのボスなのか、派閥はあるのか、しっかり見極めることが大切です。

電話を切った時の声のトーンの差

電話の際の声のトーンというのは、少し上がってしまいます。しかしこれは顔が見えない相手だからこそ、聞き取りやすいようにとの配慮があるのですが、そのトーンの差が激しいのが女ばかりの職場です。

電話に出ている時は柔らかい物腰でトーンも高いのに、電話を置いた瞬間の変身っぷりはハリウッドもびっくり。

引き出しにはお菓子がある

内勤の女性の引き出しには、必ずといっていいほどお菓子が入れてあります。3時のおやつと言わず、午前中からでもついついつまんでしまうのは女性ならではの特性です。

そして、旅行に行ったら必ずお土産は買ってきましょう。女性ばかりの職場で配るお土産は、量より質です。ケチらず美味しいお土産を選んでください。

服装チェック

いい意味でも悪い意味でも、服装チェックがあります。同性だからこそファッションチェックは厳しく、流行から外れた服装は着ていけません。

ですが、流行を追いかけすぎていたり、高価なブランドの服ばかり着ていくと、周囲から妬まれるので注意が必要です。定番の服をうまく着まわして、周囲から浮かないようにしましょう。

そして、かが新しい服を着てきたときは、さりげなく褒めることも大切です。

情報番組の話で盛り上がる

朝の情報番組は必見です。少しの休憩時間でも何かしら話そうとするのが女の性。情報番組で仕入れた話で大盛り上がり。

もし忙しくて朝の情報番組を見逃したときは、通勤途中にスマホでネット上のニュースをチェックしましょう。車通勤の場合はラジオでも確認できます。

ナプキンの貸し合い

男性には絶対にわからない毎月の女性の悩み。急な生理時、ナプキンを忘れてしまった時でも助け合えるのが同性です。いますぐ必要という時に相談できるのが女の職場の良いところと言えます。

薄化粧でもOK

外からのお客様が少ない職場では、化粧に力を入れている女性が少ないです。化粧はなんといっても朝の時間がとてもかかってしまいます。

女同士ならば薄化粧でも気にしない!薄化粧なら、化粧品代も節約できて時間短縮プラス経費短縮で一石二鳥ですが、通勤途中での出会いを期待しているのなら、それなりに化粧に気合を入れたほうがいいでしょう。

ボスをおだてる

女ボスには絶対逆らわないのがルール。女の職場で生きていくためには、ボスの言うことは絶対です。ボスから可愛がられているうちは職場で困ることがありませんので、ボスの機嫌取りはもう大変。

おしゃべりに花が咲く

昨日あったこと、さっきの話。とにかくなんでも話したがるのが女性です。ちょっとしたことでも言いたい!と話し出すと止まらなくなってしまいます。おしゃべりのしすぎで上司から注意を受けてしまうこともしばしば。

その際、注意しなくてはいけないのは、悪口を言わないことです。ついつい盛り上がってしまう女性同士のおしゃべりタイム。一度口から出た言葉を取り戻すことはできません。広まってほしくない話ほど早く広まります。勢いで口から出ないように気を付けましょう。

人間関係のいざこざ

女性同士で特定の人の悪口を言うことはよくあるでしょう。そういった悪口や陰口が原因で人間関係にいざこざが生じることもよくあります。いざこざが発展すると、特定の人を無視したり派閥を作ってわざと仲間外れにしたりといったことも起きるケースがあるようです。

本当に女性同士の湿っぽい人間関係がつらくなってきたいう方は、「リクナビNEXT」などに登録して、転職を考え始めてもいいでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。