職場で好かれる人の3つの特徴。常に相手の立場で考えることが大切

記事の著者:shuta

人生のうち1/3は仕事に費やす時間といわれてます。実際に現在働いている社会人であれば、年間2/3程度は仕事をしていることになります。

どうせ働くのであれば、毎日楽しく仕事をしたいもの。そして楽しく働くには、職場の人間関係は非常に重要といえます。

周りに好かれていれば、何かあったときに助けてもらえることもありますし、責任ある仕事を任せてもらえることもあります。そして何より存在意義や信頼されていることを感じながら働けるので、仕事にやりがいや責任感を持てます。

そこで今回は職場で好かれる人の特徴を紹介していきます。

職場で好かれる人の特徴とは?

職場にも、好かれている人、嫌われてしまっている人がいるはずです。なぜ好かれている人は、人気なのでしょうか?

それは自然と好かれる行動をその人がしているから。そんな「人に好かれる人がやっている行動」を紹介します。

礼儀正しいこと

まず人と一緒に何かをする際には、コミュニケーションが重要なのは言うまでもないでしょう。コミュニケーションの基本は挨拶です。たった一言かもしれませんが、職場で好かれる人は挨拶を疎かにしません。

また、好かれる人の感謝は相手に伝わる感謝です。動作に着目すれば「感謝の言葉を言う」だけですが、実際に感謝の念をもって「ありがとう」と言うため言葉の重みが異なります。伝わる言い方を知っているので、感謝の気持ちを相手に伝えられるのです。

これらのことを人の区別を付けず、誰にでも行えるという特徴も持っています。公平に挨拶をし、感謝を伝えられる人は謙虚であり、他人を立場というフィルターを付けて見ていません。

相手の立場に立って接している

怒ると叱るは違うとよく言います。この言葉が意味していることは、怒るのは自分のため、叱るのは相手のためということです。

この例は上司が部下への指導の際の教訓として言われることですが、部下の立場、ひいてはあらゆる立場でも同様のことが言えます。

例えば、上記のケースでの部下について考えてみましょう。好まれる部下は上司の言いたいこと、したいことを理解し行動します。叱られている際にも、相手の事を理解しようとする姿勢を見せるのです。

結果的に自分から上司の言いたいことや叱る動機などをキャッチしにいくため、上司も短く叱るだけで済み、同じような指摘を受けることも少なくなります。

仕事に主体的であること

職場は仕事をする場である以上、普段の人柄だけでなく仕事で成果を出すことができる人が好かれるのは自然なことでしょう。しかし、仕事の成果以上に主体性を持った人であることが好まれる人の特徴です。

仮に成果は芳しくなくても、期日を守る、報連相を確実に行うなど誠実な態度で主体的に仕事をしている人は好まれるでしょう。

職場で好かれるために、真似すべきポイント

まず一度、礼儀をわきまえた行動ができているか再確認しましょう。挨拶、返事、感謝などは基本的なことですが、惰性でやりがちです。

また職場に良い見本がいるのであれば、その人を真似することが良い方法でしょう。その人の周囲との接し方や、仕事への取り組み方を参考にしてみてください。

win-winの関係を築く

自己犠牲に徹することが好かれる人に必要だと思っている人もいるでしょう。

しかし、相手に尽くし自分が我慢すれば良いという考えは、短期的な応急処置になったとしても、好かれる人になるという本質的な変化を引き出すことはありません。我慢は長くは続かないからです。

相手の利益だけでなく、自分の利益を考えること、お互いの利益になるような振る舞いをすることが大切になります。自分という核は大切に、物事への対処方法などを少し見つめ直せば、好かれる人に近づくでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。