ブランクのある看護師が復職するコツ4選:再就職のために使える研修制度も紹介!

記事の著者:shuta

看護師の資格は持っているし、実習などはこなしたけれど、今は別の仕事をしている。看護師として勤務した経験はあるけれど、今は主婦をしていて現場を離れてしまった。

以上のように看護師の経験はあれど、ずっと病院勤務から離れていた人で、また復職したいと思っている人の中には、ブランクを理由に二の足を踏んでいる方もいるでしょう。

今回は、ブランクを経験した看護師が復職を希望する際に利用できる研修制度と復職する際に気をつけたいことについてお伝えします。

NJBナース人材バンクに登録する

ブランクのあるナースの増加

実は今、看護師資格を持っている・看護経験があるけれども、現在は病院の現場を離れているという、いわゆる「潜在看護師」と呼ばれる人が多く居ます。その人数は70万人に及ぶと言われるほど。(厚生労働省調べ

現在、医療現場は常に人手不足なため、看護師資格を持っている人は、それだけで再就職はかなり有利になります。

また、看護師はそれなりの給料が約束されていて、そのキツさの中でも達成感や使命感は非常に大きな喜びになるでしょう。女性として手に職をつけるという意味でも、看護師というのはとても心強い仕事と言えます。

ブランクに悩む看護師のための制度

知識や技術を得られるセミナー

ブランクを経て現場に戻っても、その間に技術の進歩があり、現役看護師だった頃の知識がほとんど役に立たないというケースもあります。検査のやり方、医療用語さえまったく違っていることも。

そんな状態で現場に戻っても、仕事がこなせるか心配ですよね。研修やセミナーを受けて、知識も技術もある程度追いついてから働きたいところ。

近年は看護師不足解消のため、潜在看護師の復職を支援する体制が整ってきており、ブランクのある看護師のための研修を充実させている病院も多くあります。

お目当ての病院に研修制度がなければ、転職サイトからセミナーを申し込むのも一つの方法。研修で知識と技術を取り戻してから、自信を持って現場復帰を目指しましょう。

研修を受けてから現場へ

看護師として復職するにあたって、研修を受けるのはとても大切です。日々目まぐるしく進歩する医療の現場では、薬の処方や予防接種が変わっていたり、以前使っていた略語が通用しないことも。まずは研修を受けて、今の知識に追いつくことが重要です。

研修を受ける手段としては、ナースセンターやナースプラザで行われている講習に参加する方法・ブランクOKの看護師職業紹介サイトを利用する方法、全国の復職支援プログラムを整備してある病院に出向く方法がおすすめ。

看護師は引く手あまたでそれぞれの病院が人を欲しているため、ブランク明けの看護師を歓迎する準備がある病院も増えています。復帰するにあたって、希望の病院に適切なプログラムが設けてあるかを確認しましょう。

一方で、即戦力が欲しいのであまりブランクのある看護師は採用しない傾向があるという病院もあります。それぞれの病院がどういう求人を出しているか、転職サイトなどから確認して、必要であれば問い合わせなどをしてみましょう。

看護師への復職は意外に簡単?その理由と注意すべきポイント3つ

ブランク明けに看護師として復職するために

看護師として復職するためには、そのブランクの長さに応じてさらい直すべき知識や感覚を思い出さなければいけないスキルなどが増えますが、ナースセンターなどでは無料で受けられる研修も用意されていたり、相談に乗ってもらうこともできます。

復職が不安な理由がブランクであるなら、積極的に活用していくのがよいでしょう。

復職する前に

では、看護師として復職する前に考えたいことはどんな点でしょうか。まずは、勤務の時間や形態などを確認して、自分の生活と照らし合わせてみましょう。どんな仕事でも、ライフワークバランスはとても大切です。

そして、長いブランクになればなるほど業務内容の確認も重要。以前は無かった技術や法改正、そして以前はあったけれどもすでに忘れてしまった技術や知識など、キャッチアップすべきことは非常に多いです。

以前は採血も楽々できていたのに、ブランクを経て血が駄目になってしまったという人も。復帰して、できるだけ早く仕事を軌道に乗せるためにも、研修制度を使いこなし、謙虚な姿勢で学ぶことが大切です。

一から勉強するつもりで貪欲に

現役時代は第一線でバリバリ働いていた看護師でも、何年かぶりに採血をするとなれば当然ながら緊張もするでしょう。当時はうまくいっていたのに、感覚が取り戻せないこともあるはず。

知識の面でもそうですが、一から覚え直すつもりで貪欲に挑むのがカギ。覚え直していくと充実感もあり、実際に患者を目の前にしたらやりがいも湧いてくるでしょう。

新人看護師だった頃のように、何でも吸収するつもりで臨むのがいち早くブランクを埋める秘訣です。

転職支援サービスをうまく活用する

ブランクを経て復職したものの、「こんなつもりではなかった」となるのは避けたいところ。自分一人の問題ではなく、子供や家族をがっかりさせてしまう場合もあります。

子供優先で定時で帰宅したい、夜勤がない方がいい、といった希望の条件は、転職支援サービスに登録して相談するのが良いでしょう。希望に合ったあらゆる職場を紹介してもらえます。

履歴書の書き方や面接のポイントなどアドバイスをもらえることもあり、働くこと自体にブランクがあっても自信を持って復職へ動き出せるので要チェック。

特にNJBナース人材バンクはハローワークなどに載っていないレアな求人も出ているのでおすすめです。

NJBナース人材バンクに登録する

家族とも一度は相談する

看護師として復職するとなると、日勤やパートだったとしてもそれなりにハードです。ブランクもあるので、最初は仕事に追いつくだけで、精一杯になることも多いでしょう。

子供は下校後に留守番でも大丈夫か、家事に手が回らないことがあっても旦那さんや同居の家族は理解してくれるかなど、自分の意思だけで復職を決めるのではなく、一度話し合ってみましょう。

復職してから家族でケンカになると、仕事にも支障が出ることもあります。仕事の質が下がったり、短期間で辞めることになったりして再就職先に迷惑がかかるのは避けたいところ。

復職しやすい勤務形態

そして、研修制度の他にも押さえておきたいポイントが、その病院の勤務形態です。

たとえば、通常の三交代制で、いきなり夜勤に入っても大丈夫ですか。「子供が小さいから、保育園に預けている間だけ働きたい」「体力が衰えているので、日勤だけにしたい」など要望があると思います。

復帰の前に、勤務の規定や利用できる制度などについてよく調べ、自分に合った働き方・家族に負担をかけない働き方をパートナーや家族とも相談しながら選びましょう。

理解のある人や似たような立場の人が多ければ、それぞれ助け合って業務をこなしていける可能性が高くなり、有意義な意見交換にもつながるはず。転職支援サービスも活用して、安心して働けそうな雰囲気にまでこだわって探してください。

NJBナース人材バンクに登録する