いくらがベスト??バイトで扶養外で働く時に損をしない条件とは

記事の著者:菅野杏子

「アルバイトで一生懸命働いて気づいたら給料が増えてた」、「働くことが楽しくなってどんどん働けちゃう」こんな気持ちになれたら、働きがいがありますよね。

やりがいをもって働けることは素晴らしいことです。しかし、アルバイトやパートであってもたくさん働きすぎて一定以上の金額を稼いでしまうと、課税対象になって労働時間に対して損をしてしまうこともあります。

それでは、具体的にはいくら以上を稼ぐと、どのような問題が発生してくるのでしょうか。

金額別に課税の壁が存在するので、以下ではその詳細を紹介していきます。きちんと稼ぐ額を計算して、扶養控除・税金・保険で損をしないための計画を立てましょう。

保育料の壁

まず最初にやってくるのは保育料の壁です。

子どもがいる方が、バイトやパートの時間を伸ばすことは、出費につながってしまう可能性があります。

自分が働いている時間は、誰かが子どもの面倒をみなくてはいけません。もちろん親戚の方が協力してくれる場合はいいですが、もしも保育園や託児所などに預ける場合、給料分がそのまま保育料になってしまうということにもなりかねません。

収入と支出のバランスは事前に考えておきましょう。

103万の壁

学生のアルバイトが年収が103万円を1円でも超えると扶養から外れるので、あなたではなく親の所得税が増えてしまいます。

主夫(婦)のパートも同様で、控除額が減る、つまり配偶者の所得税額が増えるので注意したいものです。所得税が増える額は夫の収入によって違いますが、夫の年収が多ければ多いほど、夫の所得税の増加が大きくなります。

130万円の壁

次に考えるべきことは、社会保険料の控除についてです。130万円を超えると健康保険や年金(配偶者の場合)も扶養から外れるので、あなた自身の負担は一気に増加します。

つまり給与から引かれる金額が増えてしまいます。主婦パートもフリーターも学生バイトも、全員が該当しますので気をつけなければなりません。

141万の壁

年収103万円を超えて配偶者控除が外れても、「配偶者特別控除」という名目で配偶者にはまだ若干の優遇があります。

しかし、141万円以上になるとその配偶者特別控除も外れ、夫の控除額は0になり、夫の所得税がより増えてしまうことになります。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。