職場の音楽がうるさいときの対処法。頭を使って考える仕事にはBGMは向いていない

記事の著者:菅野杏子

ビルディンググループが20〜50代の男女におこなった調査によると、職場で音楽流している企業は約2割程度となっています。また職場で音楽を流すことには、約6割の人が賛成と答えています。

「リラックスできる」「気分転換になる」と答える人がいる一方、「電話対応時にはふさわしくないと思う」「集中できない」と答える人もいます。

職場で音楽が流れていてメリットがあるのであればいいですが、ストレスを感じてしまっているのであれば、それは問題かもしれません。そこで今回は職場の音楽がうるさいときの対処法を紹介します。

仕事の妨げになるBGMとは?

巷には「作業用BGM」と謳われるオムニバスCDが販売されていますが、東京大学薬学部教授である池谷氏によると、脳は複数のことを意識するのが苦手である、企画書を書いたり、メール作成をするような考える仕事にはBGMは向いていないそうです。

しかし単純作業の場合は、多少雑音があったほうが学習は進むそう。流す音楽も雨音・波音・川のせせらぎ・鳥の声などの自然音がベストと言われています。

とはいえ、音楽には好みがあります。聴いていて、嫌悪感を感じてしまうジャンルもあるかもしれません。またJ-Pop・Rockは知っていて気が散ってしまう人が多いかもしれません。

自然音もヒーリング効果が高すぎて集中できないという事例もあるようです。

そのため仕事内容や音楽の好みによっては、職場の音楽がうるさく感じてしまうこともあるかもしれません。そのようなとき、どう対処すればいいのでしょうか?

職場の音楽がうるさいときの対処法

上記でも紹介をしたように、多少音楽をかけるのであれば問題ないようですが、それでもBGMに嫌悪感を抱いてしまう場合もあるでしょう。

下記では具体的な対処法を見ていきます。

他者に音楽がうるさいと感じているか聞いてみる

先輩や同僚など、同じ職場にいる他者もあなたと同じようにうるさく感じているか聞いてみましょう。他者もうるさいと感じているのか、自分だけがそう感じているのかがわかります。

もしみんながうるさいと感じてしまっているのであれば、何かしらの次アクションをおこしてもいいかもしれません。

軽めの耳栓をする

最もすぐに対応できる解決策は、耳栓をすることです。これであれば、明日から対応ができるでしょう。

しかしあまりにも効果が高すぎる耳栓をしてしまうと、呼びかけに応じることができなくなってしまうため、軽く付けたり、片耳にだけ付けたりすることがおすすめです。

また音を出していないイヤフォンを耳に入れておくだけでも、それなりに防音効果があります。

上司に相談してみる

他者もあなたと同じように、職場の音楽がうるさいと感じていたら、それは職場環境の問題です。上司に音楽について相談するということも、一社員としては必要になってきます。どのような意図があって音楽をかけているのか、ほかの社員もうるさいと感じている現実を伝えるなどです。

または音楽のボリュームやジャンルについて、提案してみるのも有効です。

ひとりで抱え込まないことが大切

職場である以上、ストレスを自己処理できない時には、ひとりで抱え込まずに、他者に聞いたり上司に相談するなどして、職場の問題を共有することが大切です。

そのためにも、あなた自身が冷静に判断できるような、心の状態を保つことが先決と言えます。何に対してもそうですが、自分だけの思いを通すのではなく、冷静に他者や上司の言葉を聞くことで、お互いに快適な職場環境の中で働けるようにすることが必要です。

こうすることで、職場の仲間みんなが気づかなかったことや慣れてしまっていることに、一緒に疑問を抱き、考えていくことができます。それが職場における相互成長にもなるのです。

仕事環境が改善されない場合は、転職の検討を

職場環境が改善されない場合は、転職も視野にいれていいでしょう。より良い環境で仕事したいという人には、転職エージェントがおすすめ。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)

マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。