職場でいじめられやすい人の特徴8つ。会社でいじめを受けないようにする対処法とは?

記事の著者:菅野杏子

株式会社マイナビによると、職場でいじめを受けたことがある人は56%。いじめ行為をした相手の41%は、職場の上司という結果があります。

社会人のいじめは、学生の頃とは異なり、加害者との全く関わりを無くすことはできません。同じチームや直属の上司であれば、常に一緒にいなくてはいけないこともあるでしょう。

そのためまずは職場でいじめられないように対策をしておくべきでしょう。そこで今回は、職場でいじめられやすい人の特徴と、会社でいじめを受けないようにする対処法を紹介していきます。

もし仕事に支障が出るほどのいじめを受けているのであれば、転職を検討するべきです。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。キャリアアドバイザーがあなたにあった職場を、丁寧に紹介してくれます。

一切費用はかからないため、まずは気軽に相談してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

職場でいじめられやすい人の特徴

職場でいじめられやすい人には特徴があります。基本的には、周囲から浮いてしまうような言動が、いじめられやすいターゲットになりやすいです。

なるべく周りとの対立は避け、目立ちすぎないようにすることが、いじめを受けにくくする1つの方法でしょう。

協調性のない人

職場では、上司や同僚とコミュニケーションをとって仕事を進めていきます。そのため個人プレイでどんどん仕事を進めるような人は、周囲からすれば一緒に働きにくい存在になるといえます。

とくに女性は複数人のグループで群れて行動し、共感を求める傾向にあるため、1人でいるといじめのターゲットになる可能性があります。

飲み会のお誘いも、毎回断っていると付き合いの悪い奴とレッテルを張られ、孤立するので、気を付けましょう。仕事をスムーズに進めるためにも、必要最低限のコミュニケーションは取ることを心がけましょう。

空気を読めない人

自分が働いている部署の人間関係や雰囲気を無視して意見したり、相談する相手を間違えて主張したりしていませんか?自分の考えを相手に伝えることも大切ですが、相手の立場を考えずに自分の考えばかりを押し通すのはよくありません。

仕事は決して1人でおこなうものではありません。みんなで協力して進めていくものです。自己主張が激しすぎる、傾聴力が乏しいような、空気を読めない人は嫌われてしまうでしょう。

NOと言えない、イエスマン

主張が強い人とは逆に、何も断れない人もいじめのターゲットになりやすい存在です。

何を言っても断ったりしないため、何でも言うことを聞くだろうと下に見られやすく、その要求がどんどんエスカレートし、いじめへと変わっていきます。

このような人はストレスのはけ口としていじめられる場合も多いです。決して自分が悪いわけではありませんが、無理なものは断ることもビジネルマンには必要な能力です。要求が激化する前に、対処しましょう。

常識のない人

育ってきた環境が異なれば常識や価値観も変わってきますが、ある程度共通した一般常識はあります。

挨拶をしっかりする、お礼は誰に対してもきちんとする、周りに迷惑をかけたらすぐに謝る、上司には敬語を使う、TPOをわきまえた服装で出社するなど、当たり前のように思われることでも、できていない新卒などは少なくありません。

このように一般常識や基本的なビジネススキルを兼ね備えていない人は、どんどん孤立していきます。新卒であれば、上司が教えてくれるかもしれませんが、中途になればもう教えてもらうことはできません。

常識が兼ね備わっているか不安な場合は、本を買ったり、友人に相談したりして、一般常識を身につけていきましょう。

優秀すぎる人

特別に仕事ができる人は、嫉妬の対象になってしまいます。男性は相手をライバルと捉え、嫉妬心が向上心に変わるのに対し、女性は嫉妬がいじめに繋がるケースが多くなります。

決して自分が優秀であってもそれを誇示せず、常に低姿勢でいることが、嫉妬をされないようにするためのポイントです。

謙虚な姿勢、上を目指す志は忘れないようにしましょう。

異性の社員と仲が良すぎる人

仕事上、異性とコミュニケーションを取らなければなりません。しかしそれを不愉快に思いながら見ている社員も存在します。

毎日一緒に帰ったり、定期的にいろいろな異性社員とランチに行ったり、あからさまに距離が近かったり、休憩のタイミングを合わせてしまったりしていませんか?コミュニケーションを取るのは決して悪いことではありません。

異性とのほうが仲良くしやすいという人もいるでしょう。しかしやりすぎは要注意です。職場はあくまでも仕事をする場です。標的にならない程度に、異性社員とは適度な距離を保ちましょう。

全く仕事ができない人

仕事ができすぎでいじめられるのとは逆に、全く仕事ができないのも、いじめのターゲットになります。

仕事が遅かったり、ミスが多かったりすると、はじめはフォローしていた社員も不満を隠せなくなります。自分に被害が及ばないよう、距離を取り、社員同士の輪から排除したりしようとするでしょう。

なるべく仕事のミスを減らせるように、何かしらの対策を考えることが必要です。どうしてもスピードが上がらなかったり、ミスを連発してしまったりする場合は、上司に相談をしてみてもいいでしょう。

職場でいじめられないようにする対処法

目立ちすぎないこと

外言・容姿や仕事のスキル、言動など、なるべく目立ちすぎないようにすることがいじめられないようにするためには大切なことです。

あくまでもみんなの中立で、平均点にいる人は加害者にも被害者にもなりにくいでしょう。

役職をあげること

役職が高い人をいじめるような人はほとんどいません。裏で陰口を言われてしまうことは出てくるかもしれませんが、上司であるため仕事では言うこと聞いてくれるでしょう。

なるべく早く役職をあげ、チームリーダーや部長ポジションに就けば、いじめられることはないはずです。

みんなにとって、いい人でいること

社内の愛されキャラであれば、いじめを受けることはありません。常に笑顔で礼儀正しく、仕事を頑張ろうとする意欲も高く、謙虚で低姿勢な人はいじめられることはありません。

常に周りのことを考えながらも、自分の成績を上げていくことができれば、社内の人気者になれるはずです。愛されキャラのポジションに付くことは簡単なことではありませんが、いじめられることはないでしょう。

いじめが辛すぎたら、職場を変えてみよう

職場のいじめにより、仕事が手につかなかったり、眠れない、体調不良が続くなどの身体的ダメージがある場合は、転職を考えてもいいかもしれません。いくら自分を変えても、相手がいじめをやめようと思ってくれない限り、この状況は続きます。

身体がおかしくなってしまう前に、自分に合った会社へ移ったほうが、楽しく働いていくことができるでしょう。転職をするなら転職エージェントがおすすめ。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)

マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。