職場の上下関係が面倒と思う瞬間。行き過ぎると、いじめやパワハラに発展することも

記事の著者:菅野杏子

エン・ジャパン株式会社がおこなった調査によると、仕事でのストレスを感じている人のうち、約半数近くが、上司・同僚・後輩との人間関係に悩みを抱えています。

仕事はイレギュラーなことが発生したり、自分と合わない人と一緒にプロジェクトを周りたりしなくてはいけないため、ストレスを感じることもあるでしょう。

また学生までの上下関係とは異なり、一緒に仕事をしていく仲間にもなるため、どれだけ円滑なコミュニケーションを取れるかによって、自己成長や昇進などに影響を与える可能性もあります。

そんな職場の上下関係を、より良くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

職場の上下関係が面倒と思う瞬間

日本は基本的に縦社会になっており、年功序列制の考え方が根強いため、入社が早い人が先輩であり、浅い人は後輩の関係です。また年齢・勤続年数に関係なく、職務上の地位が上の人が上司であり、下の人は部下に当たります。

とはいえ年齢を重んじる文化もあるため、上司であっても年上の部下がいれば、敬語を使うのが一般的です。

そんな職場の人間関係が、面倒くさいと思う瞬間は、どのようなときでしょうか?

1.上司の長い説教に耐えているとき

成績が悪いと、長々と説教をしてくる上司。聞いている側は次こそ頑張ろうと思うどころか、どんどんやる気が削がれてしまいます。

上司は良かれと思って説教しているのかもしれませんが、長いだけの説教は部下にとってただ辛いだけです。

2.先輩が過去の武勇伝を語っているとき

過去の栄光をまるで昨日のことのように語りだす先輩。こういった人たちは、なぜか何度も同じ話を聞かせたがります。

本心では「もう聞き飽きたよ」とうんざりしていても、表向きは「へー!凄いですね、さすが先輩!」と太鼓を持たなければならないのが後輩の務めです。

つまらない話に相槌を打ったり、上司を持ち上げたりすることが部下の役目と考えて日々耐えている人も多いでしょう。

3.先輩に飲みニケーションを強要されたとき

飲み会への参加は当たり前。先輩に誘われたら断るべきではないと考えている上司は非常に多いです。

毎週のように強制的に、飲みに連れて行かれるのは、体力的にも精神的にもしんどいものがあるかもしれません。

4.何かにつけて年功序列を気にする

軍隊のように年功序列を重んじて、上司に対しての敬語や態度にとにかく厳しい上司も珍しくありません。

上下関係に厳格な体育会系の部活に所属していた人に多く見られるタイプです。直属の上司は、常に一緒にいる相手でもあるため、あまりもガチガチな上下関係にしてしまうと、部下も働きにくくなってしまうでしょう。

職場に上下関係があるメリット・デメリット

職場に上下関係がないと、命令系統が機能しないことになります。大きな組織になればなるほど、ある程度、役職を設けないと、うまく仕事が回らなくなってしまうのです。

またいつも頼れる上司がいるというのは、部下にとってもメリットです。常に1人で行動しなければならず、悩みがあっても相談できる相手が決まっていないというのは、やりにくさを感じることでもあるでしょう。

一方で上下関係が行き過ぎてしまうと、部下は動きにくくなってしまいます。常に上司の顔色を伺い働くことになるため、精神的にダメージを受けてしまうこともあるかもしれません。さらにいじめやパワハラにも発展しやすいといったデメリットがあります。

職場の上下関係は面倒くさいこともありますが、決してデメリットだけではないのです。

職場の上下関係を円滑にする方法

それでは職場での上下関係を円滑にする方法を見ていきましょう。

常に明るく笑顔でいることを心がけよう

上司も部下も、人間です。常に明るくて笑顔でいる子と仕事したいものでしょう。とくに職場は長時間いるため、ネガティブな人とは一緒にいたくありません。

プライベートでなにかあったとしてもまずは、職場では明るく元気な人でいるようにしましょう。私情でイライラしたり、感情的に仕事をする人は嫌われます。

何事にもまずは肯定する

もし否定や反対意見を話したいと思ってもまずは、肯定することが大切です。

「〇〇に関しては、△△だと思うので、私も賛成です。ただし××に関しては、※※のほうがいいと思います」と話すようにしましょう。

頭ごなしに何でも否定をする人は、誰でも嫌悪感を抱くものです。

感謝と謝罪は忘れずに

社会人になると、学生時代以上にお礼を言ったり、謝ったりすることが増えます。

新卒の頃は、なにか教えてもらうことや、ミスをフォローしてもらうことがあるでしょう。そのとき、きちんと感謝と謝罪を言えることが大切です。

当たり前のことかもしれませんが、つい忙しかったり、仕事にテンパっていたりすると、忘れがちになるもの。たとえ自分が上の立場でも、人間として感謝と謝罪は言うようにしましょう。

職場の上下関係に耐えられない人は、転職サイトで求人探しを

会社の上下関係があまりにもストレスフルでつらくなってきたという方には、早めに転職サイトに登録しておくことをおすすめします。人間はストレスを受け続けると、感覚が麻痺しておかしな上下関係も受け入れるようになってしまいがち。

自分の感情が死んでしまう前に転職サイトに登録して、今の職場以外も働ける場所があるということを意識できるような環境をつくっておくと、心に余裕が生まれてストレスを軽減できるでしょう。

転職をするなら転職エージェントがおすすめ。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)

マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。