憧れる!仕事ができる女性の特徴を紹介

記事の著者:shuta

仕事ができる女性は、同性から見てもかっこいいですよね。

出世できる女性は何が他の人と違うのでしょうか?そして、仕事ができるというのはどういった女性のことをいうのでしょうか?

仕事ができる女性の特徴を紹介していきます。

1.周りへの配慮ができる

周りの事を配慮をし、気配りが出来る女性です。

気配りが出来る女性は素敵ですよね。仕事においての気配り、配慮が出来るというのは細かい点までチェックできており、相手がしてほしいと思っている以上に出来ていることです。

女性だからこそここまで細かくしてほしいと言う要求があることでしょう。女性だからと何かを求める事は現代社会通用しない部分がありますが、この要求に対しても敏感に反応し、そして対応・結果を出すことができます。

こういった周りへの配慮、気配りが出来る気の利く女性をいいます。

2.相手を立てる

自分の意見を主張し過ぎず、相手の立場を理解し立てることのできる女性です。

ここでのポイントは、立てるだけではなく立てつつも、自分の行いたい仕事を上手に進めていくことができます。

社会の中では、上下関係やねたみなど様々なものが邪魔をしてスムーズに物事を進めて行けない事もあるでしょう。しかしそんな場合、できる女性は面と向かって対抗するのではなく、どうしたら目の前の仕事が円滑に進むのかを理解し、対応していきます。

できる女性は状況判断も瞬時に出来ますので、どんな物事が起こったとしても動じず相手を立てながら進めていくことが出来ます。

3.上手に時間を使う

時間を有効に使い、無駄な時間を費やしません。

女性は、噂や仕事の愚痴など集まって話すことがよくありますよね。しかし、そのような事に時間を費やす事はしません。愚痴とは自分自身話していても、聞いていてもいい気持ちにはなりませんよね。むしろネガティブな思考を生み出す原因となり、仕事の効率を妨げる結果になる可能性があります。

それを仕事ができる女性は知っているので、話題に入ることはないでしょう。そして、仕事に没頭するので結果を出すこともできます。もちろん、結果を出すので評価も上がります。

仕事ができる女性は集中して仕事に取り組み無駄な時間を費やしません。

4.媚びない

男性に媚びることなく、自分の実力で勝負する事ができます。

自分の思った仕事をスムーズにするには、自分の実力以外にも周囲とのトラブルを起こさないこともとても重要なポイントになってきます。一人ですべて進めていく仕事ばかりではないからです。

ここで、やはり異性からだけでなく同性からも好かれることがとても大切です。いい環境で仕事を進めていくことが、いい結果を生む条件の一つになりますから、異性に媚びていたりすると異性からの受けはよくても同性からの評価は最悪です。

男女平等の社会ですから、相手によって対応を変えることをしません。

5.仕事をスムーズにする

与えられた仕事だけをするのではありません。

もちろん、その仕事にプラスにすることでその仕事自体が円滑に進んでいきます。余計な事をするのではありません。

ある程度仕事の状況を把握してくると、どのようにしたらスムーズにいくのかを計算する事ができますから、それを積極的に取り入れ仕事を進めていきます。

様々な状況を考えつつ、時間短縮するにはどうしたらいいのかなど仕事を進めながら同時に考えられることができる女性の特徴でもあるでしょう。

6.時間がきたら帰る

仕事をダラダラせず、終わったらすぐに自宅に帰ります。

仕事は毎日の事ですから身体的にも精神的にも疲れてしまいます。やはり、女性ですからある程度外見もきれいにしておきたいものです。そのためには、仕事が終わったらさっと帰り、美味しいものを食べてしっかり睡眠をとり、プライベートも充実させることが大切です。

そうすれば、仕事も切り替えて集中してできる状況に自分をおくことが出来ます。

7.向上心が強い

向上心が強い女性は仕事が出来ますよね。

与えられたもの以上に仕事をして結果を出します。また、その結果を出す為に目標を立て、達成するにはどうしたらいいのか、という解決策を模索するような努力をしています。

そして、その目標は常に変化していきます。つまり、一つ達成できれば、新たに目標を立てそれに向かって努力をする繰り返しです。

目標を立てて仕事を行い、自分に厳しく課題を与えています。

他者においては、自分に求めるものを押し付けることはしません。なぜなら、周囲の協力があって仕事がスムーズにいくので相手のサポートが大切だからです。

8. 言い訳をしない

仕事ができない女性にありがちな言葉遣いに「でも」や「だって」といった否定語から入る言い訳があります。

物事を考える時に否定から入るということは、仕事においてはポジティブな進展がなく、現状維持以上の成果を残せないということを意味するので、仕事ができるはずはありません。

「でも」や「だって」はネガティブなイメージを与える言葉なので、話している相手に悪い印象を与えることになってしまいます。

9. 分からないことについて自分から調べる

少し難しいことを言われると「分からない」の一言で片づけてしまう人も多いですが、仕事ができる女性はたとえ分からないことであっても簡単には「分からない」と言いません。

これは知ったかぶりをするというわけではなく、自分がわからない物事について理解しようとする向上心があるということを意味します。

理解ができなかった事柄について、自分で調べたり、他の人に教えを乞うたりして、次回までには理解を深めて戻ってきます。

10. 事実と意見を区別できている

仕事ができる女性は「〜かもしれません」、「たぶん大丈夫です」などの、曖昧な言葉を使うことを避けています。

相手の質問に対しても答えが曖昧だと、質問をしている相手がさらに分からなくなってしまったり、無駄な期待を持たせてしまったりします。

そうすると、「この人に聞いても、ハッキリとした答えが返ってこないので聞くだけ無駄」と思われてしまいます。

答えが分からないことについては、「手元にデータがない」「現時点ではハッキリとは分からない」など、事実に基づいた回答をして、その後で必要があれば自分の意見や推測を、そのように分かるように明言した上で提示します。

11. 安易に人に同調しない

人が言ったことに対して、すぐに同調するようなことを言うのは、自分の意見がない人と思われ、なかなか認められなくなります。

何を聞いても「そうですね」とか「いいと思います」といったことを言っていると、何を聞いても同じ答えしか返ってこないと相手に思われてしまうからです。そうすると、この人に聞いても意味がないという印象を与えてしまいます。

仕事ができる女性は、相手が誰であっても自分のポジションを明確にした上で、その後から歩み寄るための議論を始めます。

12. ハキハキとしゃべる

仕事ができる女性は、自分に自信を持っているので、ハキハキとしゃべります。

何を聞いても、小さな声でぐずぐずと答えていては、聞いてる相手も「何が言いたいのか分からない」と感じてしまうでしょう。

スムーズなコミュニケーションを実現するためにも、相手に聞こえるだけの適切な声量で話すことは重要です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。