家でできる仕事8選:営業職でも在宅勤務が可能!

記事の著者:菅野杏子

毎日の満員電車が億劫で、通勤が嫌だと思ったことのある人は多いでしょう。

介護や子育てなど、さまざまな事情で通勤が難しく、自宅で仕事ができればいいのに、と考える人も多いと思います。

そんな人たちが自分のライフスタイルに合わせて働くには、どんな仕事はあるのでしょうか。今回は、家でできる仕事をご紹介します。

また、家でもできる仕事に転職したいと考えている人は、ぜひ転職サービスを利用してみてください。自分の力で探すよりもはるかに効率よく、確実に次の仕事を見つけることができます。

特におすすめが『リクルートエージェント』です。無料で利用できるので、ぜひ一度登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

顧客サポート

電話やメールを使って、問い合わせをしてきた顧客の対応をする仕事です。

某大手人気通販サイトでも在宅での働き方を取り入れています。

勤務時間はシフト制の場合が多く、自分のライフスタイルに合わせて仕事がしやすいでしょう。

パソコンのソフトや会社貸与の電話を利用して勤務します。

仕事をするにあたってネット環境は必須になってきますが、会社が手配してくれることが多いようです。

また、電話での顧客応対をするので、完全に自分だけの部屋を作るなど生活音が入らないような工夫が必要です。

アプリ開発

スマートフォンの普及が進んでいる今の時代では、アプリ開発を在宅で行っている会社もあります。

アプリ開発とは、アプリのシステム設計やプログラミング、完成したアプリのシステム管理や運営を行っていくエンジニアのような仕事です。

会社によって異なりますが、具体的な仕事内容は新たなアプリ案の企画から開発、実施テストや完成後の管理や運営と幅広くあるため、プログラミングの専門的な知識はもちろん、長期的な視野を持って働く力が求められるでしょう。

未経験の場合は、まず会社に勤めてアプリ開発を学び、経験を積んでから在宅の働き方を選択する、といったやり方になります。

経験者の場合は、初めから在宅勤務が可能の場合もあるので、自分のスキルを振り返って会社に相談しても良いかもしれませんね。

事務

オンライン上で事務の仕事ができる求人が増えています。また、ある程度会社で勤めてから、出産や介護などを機に在宅勤務に変更することもあるようです。

業務内容にもよりますが、メール対応や書類作成、伝票整理などパソコンでできる業務なら出社せずとも勤務が可能です。

貴重な人材を逃さないために、柔軟な働き方を取り入れている会社も多いのでまずは自分で会社に相談してみるのも一つの手でしょう。

今まで会社に貢献してきた社員の意見は、聞き入れてくれる可能性が高いです。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、ポスターのような印刷物や商品のパッケージといった、様々な媒体のデザインを工夫していく仕事です。

技術職であるデザイナーも、在宅で勤務が可能です。

クライアントや社員ときちんとコミュニケーションが取れるのであれば、在宅でも問題ないでしょう。

フリーランスで活躍している人もたくさんいるので、こちらは在宅でもできる仕事としては有名です。

ライター

パソコン一つで勤務できるライターは、在宅で勤務するにはぴったりです。

ライターといっても、どういったジャンルの記事を担当するのかによって、取材が必要になる場合もあります。在宅にこだわるのであれば、担当するジャンルを絞っておきましょう。

未経験の場合、経験もスキルもない状態ですから、まず入社して経験を積み、書き方やスキルを習得してから在宅に切り替えるやり方になります。

こちらの場合も経験者は、会社の条件次第ではそのまま在宅勤務で勤めることも可能でしょう。

経理・会計

在宅の経理や会計の場合、経理業務や給与計算や労務手続き書類作成など経理業務全般をこなします。その他にも、お客様からのメール対応をすることもあります。

企業勤めでの経理経験があると採用の場でも有利になってくるでしょう。

未経験の場合は、いきなり在宅での勤務が難しいようです。まずはオフィスで経験を積んでから、という形になることが多いです。

経験の有無のほかに、簿記や税理士、公認会計士といった経理会計関係の資格を持っていると採用の場で重宝されやすくなります

営業

意外かもしれませんが、営業職の場合も在宅勤務が可能です。

基本的には電話での営業になりますが、たまに外出して顧客とのアポイントに出向くこともあるようです。

また、相手と直接やり取りをするわけではないため、通常の営業業務よりも丁寧な対応が求められます。

営業職の場合は在宅でも頑張れば頑張るほどお給料も上がっていくので、自分の裁量で働けるのが魅力です。

WEBデザイナー

WEBデザイナーも在宅でできる仕事としては有名でしょう。

基本的にはパソコンでの業務になるので、作業環境が整っていれば自宅で勤務することも可能です。

ミーティングを行う際もチャットやスカイプを利用する企業が多いので、出社の必要がほぼありません。

まとめ

基本的にはパソコンとネット環境は必須で、特に技術職が多いように感じますが、顧客サポートや事務職、営業など未経験からでもチャレンジできる仕事もあります。

ご自分の状況に合わせて、今回紹介した職業を参考にしてみると良いでしょう。

また、家でもできる仕事をやってみたいという人は、在宅勤務可能の求人は多くなってきているので、ぜひ転職を考えてみてください。

とはいっても、自分の力だけで家でもできる仕事の求人情報を集めることは、決して簡単なことではありません。そこでおすすめなのが転職サービスです。

特に転職エージェントは、専門のプロがあなたの条件に合う求人を探してきてくれるだけでなく、職務経歴書の書き方や面接対策といったサポートをしてくれます。

『リクルートエージェント』は大手企業のリクルートが運営しているサービスで、専門のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

無料で利用できるので、この機会にぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る