40代が転職するには?広い視野で、仕事と家庭の両立を考えて

記事の著者:菅野杏子

40代で転職を考える女性は少なくありません。しかし、40代になると求人情報に年齢制限がある場合があり、転職するのもなかなか難しくなっています。

転職を考える主な理由は、職場の人間関係がうまくいっておらずストレスを抱えていたり、トラブルに巻き込まれていたり、また仕事の内容が自分のスキルに合っていないと感じやりがいを見出せないなどです。他にも子育てや介護など家庭の事情や、体力的にきつくなってきたことも考えられます。

今までキャリアを積んできて40代で転職を考えるとなれば、安定した年収を望む人も多いでしょう。今回は40代の未経験職への転職を成功させるために大切なことを紹介していきます。

また40代にもなるとベテランと呼ばれる立場になっており、収入も安定してきているでしょう。転職しても収入が低いとモチベーションも上がらず、前の職場でそのまま働けばよかったと後悔することになるかもしれません。

そこでおすすめなのが、JACリクルートメントという転職サイトです。高収入の求人が多く、未経験職への転職を成功させた方も多数。コンサルタントが適性を見出してくれ、るあらゆる業界や職種の中から活躍できる会社を紹介してくれます。サービスは無料なので、まずは登録してみましょう。

JACリクルートメントに登録する(無料)

40代女性の転職事情

女性には、出産や育児などで働くことができない期間があるので、アルバイトやパート、派遣社員の割合が高いです。

40代女性正社員の平均年収と、40代女性派遣社員の平均年収には、約300万円とかなりの差があります。

一人暮らしをしている女性は、特に経済的に厳しい生活になり、転職を考える人も多いです。正社員として働いている女性でも、転職を考えている人は少なくありません。

職場の人間関係でのトラブルやストレス、今の仕事にやりがいを見出せない、自分のスキルと合っていない、などの理由が挙げられます。

しかし、40代になると、求人情報の年齢制限が障害となる場合が多く、なかなか転職するのが難しいのが現状です。

40代女性が転職を成功させるためには

40代からの転職が難しい中で、どうすれば転職を成功させることが出来るのでしょうか?

40代女性に求められていることを理解する

企業が正規雇用者に求めるレベルは年代が上がるにつれ抽象的なものから具体的なものに変わっていきます。

20代であれば若さや、元気、勢いで採用に至ることもあるかもしれません。一方、40代の正規雇用者には、経験、成果や実績、資格など、根をはった形のあるものが求められています。

人柄なども含めて、仕事としてどのような成果を挙げられる人物なのか、企業側に伝えられることが重要です。

40代女性におすすめの資格を取る

資格がないよりは、資格を持っている方が少し有利になります。就職先に合った資格を取ることが一番大切でしょう。

第二種運転免許は、40代でも就職率の高い、タクシー運転手への転職に必要な資格です。

事務関係の仕事も、40代の女性が多く働いています。文書情報管理士2級、医療事務などがおすすめです。

マンション管理士/管理業務主任者、介護福祉関係の資格(介護事務、ケアマネジャー、社会福祉士、介護福祉士など)は50~60代になっても役に立ちます。

完全な未経験職を選ばない

正規雇用を望むのであれば、厳しい現状があることは間違いありません。しかし、今まで培ってきた経験を上手く活かすことができれば自分が望む待遇などを手にすることは可能です。

そこで、転職先には完全な未経験の環境ではなく、自分の経験を活かせる企業が適しているでしょう。具体的には、同業他社と異業同職種の2つです。

同業他社への転職はノウハウの蓄積があるため最も自然な方法と言えます。しかし、いままでの経験に頼りすぎ、転職先の企業文化に馴染めないなどの弊害もあるため注意が必要です。

業界は異なるものの同職種であれば経験に基づいた業務ができる期待が持てます。また新しい風を取り込みたい企業には喜ばれる選択となるでしょう。

さらにベンチャーや中小企業、大手などのフェーズによって、40代の女性に求める能力は異なってきます。企業のフェーズから転職先を探すことも有効です。

40代女性におすすめの転職サイト

転職するためのツールの1つとして、転職サイトを見てみましょう。自分に合った職業が見つかるかもしれません。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはより良い年収や条件の会社を探している方におすすめの転職サービス。サービスは無料で受けられます。

利用者は35歳以上の管理職や専門職が多く、紹介している求人も800万円以上のところが多いので40代女性にぴったり。年間6万7000人が利用しています。

応募企業に合わせた面接対策も充実しており、忙しい方でも効率よく転職活動ができます。

JACリクルートメントに登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートグループが運営する、転職エージェントサービスです。転職サイトとは違い、専任のキャリアアドバイザーとの面談を通して、あなたの強みや特性を分析して、最適な転職先を紹介してくれます。

それぞれの業界を知るキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるので、知らない業界の情報も、わかりやすく得ることができます。

自分だけで転職先を探すよりも、より正確で効率よく探せるうえに、円満に退職できるようなサポートも充実しているのもリクルートエージェントの強い所です。

退職をする前から、自分のペースで転職先を探せるのはありがたいのではないでしょうか。登録は無料でできるので、今のうちから登録をしておきましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

リクナビNEXT

リクナビNEXTは大手企業から中小企業まで幅広い求人を扱っている総合求人サイトです。

リクナビNEXTの特徴はスカウトサービス。匿名のレジュメを登録すると、企業やエージェントからのスカウトの連絡がもらえます。リクナビNEXTの利用者の半数はスカウトを利用しており、新たなキャリアを模索できます。

また、グッドポイント診断という機能では、自分の強みを診断することができ、自己分析にも便利です。

面談の対策や自己PRの仕方など、転職に必要なノウハウを指導してくれるなど、サポート体制が充実しています。初めて転職するという方にぴったりの転職サイトです。

リクナビNEXTに登録する(無料)

日経WOMANキャリア

日経WOMANキャリアは女性向け求人情報を集めた総合転職サイトです。

大手転職サイト・人材紹介会社の情報をひとつに集約しているため一気に多くの情報を調べることができます。その情報の中には非公開求人も含まれており通常のサイトでは見られない情報が含まれている点もポイントです。

さらに日経WOMANキャリアに登録すれば提携している複数のサイトに自動で登録してくれます。忙しい40代の女性に適した転職サイトです。

日経WOMANキャリアをチェック

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは世界No.1の総合人財サービス企業グループの転職エージェントサービスです。

そんなSpring転職エージェントの特徴は質の高いコンサルタントが揃っているということ。金融、営業、工業、医療など職種ごとの専門分野を持ったコンサルタントの支援をうけることができます。

Spring転職エージェントをチェック

Woman Career(ウーマン・キャリア)

女性専用サイトであるのが特徴で、女性向けの求人のみ扱っていて、求人情報が見やすく探しやすい、転職支援サイトです。

Woman Careerをチェック

マイナビミドルシニア

40~60代の転職に特化した、転職支援サイトです。

未経験者歓迎の求人も多く扱っているので、未経験職への転職を考えている、40代の女性におすすめできるサイトです。

マイナビミドルキャリアをチェックする

ビズリーチウーマン

ビズリーチウーマンは「キャリア女性のための転活サイト」というキャッチコピーのもと、管理職、もしくは管理職を目指している女性の転職サポートをしています。

そんなビズリーチウーマンの特徴はヘッドハンティング型ということです。企業から登録者へ直接連絡をとるシステムを取っているため、スピードが早く、ミスマッチも少ないと言えます。

自分のキャリアに自信をもっている人、管理職に挑戦したい人におすすめの転職サイトです。

ビズリーチウーマンをチェック

40代女性が転職で失敗してしまう理由

若い頃から男性に負けずに頑張って働いてきた女性が、経験を積んだ40代になって転職を考える人は多いです。

しかし、悩み迷った末に勇気を出して転職活動を始めても、失敗してしまった経験のある女性は多くいます。

40代の転職が失敗した原因は年齢のせいと考えられがちですが、決して年齢だけが理由ではありません。今回は、なぜ失敗したのか?その転職失敗の理由と対策を紹介していきます。

あなたが転職活動するとき、失敗をしないよう、自分が当てはまっていないか、確認しておきましょう。

基本中の基本ができていない

企業に応募するさい、履歴書・職務経歴書・志望動機・自己PRなどの文書をきちんと書けないのは、転職がうまくいかない理由の1つでしょう。

誤字脱字や敬語に気を付けて、採用担当者に「会って話を聞きたい」と思われなければいけません。

職務経歴書は、応募先企業で活かせる経験や実績を強調するような内容、志望動機や自己PRには「なぜ転職を希望するのか」「どのように役に立つのか」を明確に書く方がいいでしょう。面接のさい、必ず聞かれる質問です。曖昧な表現を使うと悪い印象を持たれてしまいます。

また40代になると、面接時のマナーを経験や記憶だけを頼りにする人が多いです。経験や記憶に頼らず、就職活動用の面接対策の本を買い、もう一度面接のマナーや言葉遣いなどを確認するといいでしょう。

実は間違えて使っているマナーや言葉遣いに気づくかもしれません。年齢を重ねた落ち着きのある良い印象を持たれるように心がけましょう。

いくつもの企業に応募していると、文章や面接が適当になってしまいがちです。転職の動機、自己アピールの確認、応募先企業の給与や待遇の確認、事前準備をぬかりなくおこなうことが大切です。面接のさいは、緊張して思うように話せないかもしれません。緊張しても曖昧な答えにならないよう心の準備もおこなうといいですね。

正社員しか目指していない

40代女性正社員と40代女性派遣社員の平均年収には、約200~300万円と大きな年収差があります。40代女性派遣社員の平均年収は、約300万円です。

派遣社員やパートよりも正社員になりたいと考える女性は多いです。しかし、40代になると求人情報の年齢制限が障害となることが少なくありません。

長期間の安定した雇用が見込め、高額な給与がもらえることに魅力がありますが、家庭との両立が難しかったり・体力面での限界もみえてくる年代です。

正社員として働いていた場合は、経験やスキルから即戦力と認められると正社員として採用される可能性もありますが、中卒や未経験職の場合はとくに厳しく、正社員としての雇用は狭き門と考えるほうがいいでしょう。

大企業にばかり応募している

転職するなら、今よりも自分に合った企業を探したい、今よりも収入が多くなりたい、待遇や環境の良い企業に入りたいと考えるでしょう。

福利厚生が充実していて社会的信用もあるは、大企業に転職したいと望む気持ちはよく分かります。しかし大企業への就職は、新卒で教養のある人でも難しいのが現状です。

また企業は新卒の若い人材を重視している会社が多いため、中途採用される可能性は低い可能性もあります。

中小企業は、社員の人間関係が良好であったり、40代を即戦力と考え中途採用を募集していることも多いです。また、幅広い仕事に関わることで自分のスキルを活かせるかもしれません。大企業ばかりに目を向けず、中小企業にも応募してみることをおすすめします。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。