仕事を休むための方法を紹介!風邪を理由にした仮病は避けるべき

記事の著者:shuta

朝起きた時に、何かやる気が出ない、仮病で会社を休みたい…などと思ったことが、誰でも一度はあるでしょう。

しかし、仮病を使い仕事を休んだことがバレてしまうと、上司からは叱責され、同僚からは冷ややかな目で見られます。

そんなリスクがあるとわかっていても休みたくなるものです。人はどんなときに仕事を休みたくなるのでしょうか?今回は仕事を休みたい理由と、仕事を休みたいときの上手な言い訳を紹介します。

もし、休みたくなる時が多い場合は、思い切って職場を変えることで解決できるかもしれません。大手転職サイト『リクルートエージェント』を利用してみてはいかがでしょうか。

登録も無料でできますので、ぜひ無料で情報を手に入れてみてください。
リクルートエージェントに登録する(無料)

仕事を上手にズル休みする方法

仮病で会社を休むさいは、理由や言い訳だけでなく、その先のリスクまで考えて行動する必要があります。

一目見ただけでは症状がわからないような病気を選び、理由や言い訳を選択するのが最良の方法です。また、一日休むだけで回復するような病名を選びましょう。

腹痛を理由に休む

腹痛は誰にでも日常的に起こるものであり、「明け方から急に激しい腹痛が起きました。下痢の症状も出ているので、これから病院へ行ってきます」などと、リアリティのある説明がしやすいものです。

腹痛は1日で容態が改善しても不自然ではありません。外見からはその症状がわからない病気なので、翌日出勤した時に演技の必要がないのもメリットです。

仮病で会社を休むとき、もっとも理由に使いやすいのは腹痛だといえます。

ただし頻繁に引き起こるものではないので、多用しないように注意しましょう。

頭痛を理由に休む

頭痛の症状は、本人にしかわかりません。

頭痛がひどくて動けないなどといったことは、自然な欠勤理由の1つです。

電話で欠勤連絡するさいも、頭痛であればそれほど演技をしなくても症状を伝えられるので、仮病に向いています。普段から頭痛持ちをアピールしておくと、より使いやすくなるでしょう。

ただし男性が頭痛を理由にすると、上司から頭痛ぐらいで休むなと思われてしまう危険性があり、注意が必要です。

吐き気を理由に休む

仕事を休むときに、一番使われるベタな理由です。風邪と一言で伝えるよりも状況を連絡するのがポイント。

風邪は漠然としていますが、吐き気はリアリティがあります。

吐き気となると、感染症などの場合もあるので、容易に出勤をさせることができません。

病欠を理由にするときも、より辛い状況を伝えることで仮病だということがバレにくいんだとか。

インフルエンザを理由に休む

病欠の中でも別格の理由です。しばらくリフレッシュ休暇したいときに3日程度休むことができます。

とくに接客業の仕事は人数も少なく忙しい為、休みにくいです。

接客業の仕事はインフルエンザに特に敏感です。インフルエンザが周囲に感染したら大変なことです。

インフルエンザを理由にすると、完璧に治るまで休めるので、しばらく職場に行きたくない休む理由に最適です。

また、自分ではなく子どもがインフルエンザという手もあります。会社も鬼ではないので、さすがに子供を放って置いて来なさいということはないでしょう。

胃腸炎を理由に休む

胃腸炎になってしまい通勤がむずかしいと言うのもオススメです。

診断書が必要と言われても、病院に行き「お腹が痛い、嘔吐もした」というと大体は胃腸炎と診断してくれます。

ただ、翌日出社した時には、お昼などは消化のいいものを食べていないと怪しまれてしまうので、注意しましょう。

仮病などを使った場合、あとの対応も気をつけなければなりません。抜かりなく、対応できるようにしてください。

身体が動かなくて外に出られません

ぎっくり腰など、激しい腰痛で行けないという理由もあるようです。

最初は我慢できる痛みだったので、2~3日頑張ってみたものの、やっぱり身体が動かなくなったという人も多いんだとか。

トイレに行くのがやっとで、服も着替えられず、とても玄関までたどりつけない場合、もう休むしかないですよね。

親戚の不幸を理由に休む

親や家族の不幸を理由にするとバレたときに大変です。

親の不幸を理由にして休んでしまったら場合、今後一切親の話はできなくなります。もし職場に親からの電話がかかってきた場合には一発でバレます。

また、職場によっては香典を用意されたりすることもあります。

会社に行きたくない理由で休むなら、親戚にしておきましょう。

親戚が職場の方と会うことはありませんし、電話をすることもないですし、叔父さん、叔母さんなどは親戚付き合いで必ず数人いるものです。

とくに第三者としては叔父さん、叔母さんを知るわけもありません。

急遽、不幸で会社を休んでも責められることはありません。絶対バレない相手を選ぶことが大事です。

家族の病気を理由に休む

家族が病気で面倒みないと行けない、という理由もバレません。例えば「主人の頭痛がひどくて今から病院に連れて行きます」

「子供が熱をだしてしまっていますので・・」家族が病気と言われたら、休むな!とは本人以上に言えませんよね。

少し心が痛みますが、職場にバレにくいことはたしかです。忙しいときに休んでも「仕方ないか、子供なら」と言われる理由です。

ただ、休んだ翌日に必ず状態を聞かれることは覚悟です。そのときに大きな病名を適当に言ってしまうと大変なことになります。ある適度、サラッと流せるウソを考えておかないといけません。

生理痛を理由に休む

これは女性だから通せる仕事を休める理由です。生理痛は今の世の中で「生理休暇」という言葉があるように認められる休みです。

2日程度は休んでもバレることはありません。ただ古い会社であれば「そんなことを理由で休むな」と言われることもあります。

また、相手が男性の上司であれば少し言いにくい理由でもあります。逆手にとってしまえば、男性的に状況を追究できません。

生理痛は人によって個人差があります。周期も違うこともあり、比較的にバレないで会社を休むことができます。

仕事を休むときの注意点

仕事を本当に休むとなったときには、いくつか注意点があります。

風邪を理由に休むのはNG

仮病で会社を休むというと、おそらく多くの人が風邪をイメージするのではないでしょうか。

たしかに定番という感じがしますが、実は風邪はNGな欠勤理由なのです。風邪は咳や鼻水などを伴うことが多く、どちらも1日で治るはずがありません。

次の日以降の振舞いが難しいので、仮病の理由として風邪を使うのは避けた方が無難です。

休んだ次の日の行動も大事

仮病は会社を休む口実として使いやすい分、上司は聞き飽きており、嘘かどうか見分ける能力は高いでしょう。

しかし、欠勤の理由に信ぴょう性がなく上司が怪しんでいたとしても、翌日の朝に自分から上司のところへ行き、「ご迷惑おかけして申し訳ありません」と直接謝るだけで、印象がよくなります。

仮病と薄々察知していても、信じてあげようという気持ちになるはずです。

ストレスのコントロールがポイント

仕事を休みたい理由や上手な休みかたについて紹介してきましたが、それでもなかなか休めないのが社会人の大変なところです。仕事で感じるストレスは、仕事で発散することが難しいため、仕事以外で上手に息抜きすることが求められます。

ストレスを溜めないように、家族や友人と楽しく過ごす時間をつくったり、自分にご褒美をあげたりするのがいいでしょう。

どうしても仕事を休みたいときには、職場の理解を得たうえで、思い切って休むのもいいかもしれません。

ストレスがあまりにも多くて辛いという人は、職場を変えてみるのも1つの手です。リクルートエージェントに登録して、自分が働きやすい環境を探してみてはいかがでしょうか。

登録も無料なので、ぜひ無料で情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。