手取り16万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

記事の著者:菅野杏子

手取り16万円とは大卒の初任給としては普通かもしれませんが、そうでなければ一般的に低い給与とされており、貯金が難しく、節約が必要とされる場合があります。一人で生活していくのであれば、なんとかなるかもしれません。しかし、将来結婚や子育てをする場合、手取り16万円でやっていけるでしょうか。

どうすれば手取り16万円の収入を上げることができるのか、具体的に紹介していきたいと思います。

手取りの意味

まず、確認しておきたいのは手取り額の意味です。

手取り額というのは、会社から支払われる給与から、所得税や住民税などの税金と健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料といった社会保険料を差し引いて、本人に渡される(ほとんどは口座振り込みですが)額のことです。

組合のある会社では、組合費も差し引かれます。

差し引かれる額は給与額によって変わりますが、手取り16万円といえば、差し引かれるのは4~5万円といったところでしょう。したがって、給与総額はだいたい20万円から21万円といったところになります。

手取り16万円の収入は平均的に低い

手取り16万円と聞くと、ちょうど新卒で勤めて最初のお給料でもらえる額くらいになっており、年間の手取りで約192万円程になります。

社会保険やボーナスなどを含めると、総支給額で年収240万円~280万円くらいでしょう。

全ての会社員の平均年収が440万円になるので、年齢にもよりますが月収手取り16万円は相場で見ても低めとなっています。

年齢によっても評価は変わってきますが、家庭を持つには心もとない収入でしょう。

都心部ではなく、住む場所を選べば無理なく暮らせるかもしれません。

手取り16万円の収入の人が多い職種

手取り16万円の人が多い職種や業界は、どんなものがあるのでしょうか。

勤めている勤務地でも月収は大きく変わってきますが、職種で言うと事務職や工場、歯科助手、地方の販売職などがあります。

比較的残業が少なくかつ体力的にも精神的にも負担が軽いものが多いようです。

もちろんノルマもついて精神的にも体力的にも負担が多いという場合もあります。

手取り16万円の収入のライフスタイル

世間一般では一人暮らしをするにおいて手取り収入の1/3ほどの家賃が妥当といわれています。

16万円の1/3ですから、約53,000円程の家賃になります。

東京都でも都心部駅チカなどでなければ、53,000円で一人暮らしの物件を探すことは可能でしょう。

主な一ヶ月の支出

他の必要な費用も含めて一ヶ月の支出を見てみると、以下の通りになります。

・家賃 53,000円

・食費 20,000円

・通信費 8,000円

・水道光熱費 12,000円

・医療費 3,000円

・日用品、雑費 20,000円

・交際費 20,000円

・貯金 20,000円

合計で156,000円

手元に残るのは約4000円です。

交際費や医療費などは、特に前触れも無くいきなり多く必要になることもあるため、もう少し余裕がほしいところです。

手取り16万円収入の人が給料を上げるための方法

手取り16万円では貯金をすることが困難で日々、節約を考えなければならないので大変なのではないでしょうか。手取り16万円を上げる方法としては資格の取得、会社での出世、転職の3つが大きく挙げられます。それぞれ具体的に紹介していきます。

資格の取得

収入を上げるものとして、資格の取得があります。資格は手に入れるために時間と労力がかかるものの、自らの実力やスキルを証明するものとなります。

自分が目指す目的に合わせた資格の取得が効率的であり、年収アップにつなげられる可能性が高まります。

会社での出世

今、働いている会社で出世して給与を上げていくのも一つの手です。時間はかかりますが今の会社で上のポジションを目指すことで、確実に収入は上がります。

しかし、ただがむしゃらに働いていては、出世することはできません。仕事を円滑に進めていくために信頼づくりを大切にし、着実に実績をを上げていきましょう。

転職を考える

給料を上げるのに最も簡単な方法は転職することです。待遇面の人事評価のリセットをすることもできる点もおすすめです。

また、今よりも自分の能力を生かせる職場や、これからやりたいことを実現できる職場に転職すれば、将来に希望を見出すことが出来るので挑戦してみてはいかがでしょうか。

転職をする際の注意点

転職を考える場合、転職先として選択するべきではない職種、業界、会社が多く存在します。せっかく転職したのに手取りが少ない会社だったでは転職した意味がないので注意してください。いくつか紹介するので転職の参考にしてみてください。

手取りが少ない会社の特徴

手取りが上がらない会社の特徴として挙げられるのが、「人件費=コスト」という考え方を持っている会社です。いくらでも代わりがいるという考え方が染み付いているため、給料は当然上がらず、また扱いもぞんざいです。

次に挙げられるのが「変化を嫌う古参役員がいる会社」です。変化を嫌うため最新設備の導入や新しい制度改革などを行うことがないため給与が上がることは期待できません。

しかし、これらの会社の事情は入社してからでないと、知ることができません。そんなとき、転職のエキスパートである転職エージェントが力になってくれます。

入社後でしかわからない情報や給与の高い会社など、自分に合った会社を紹介してくれます。

転職するならリクルートエージェント

今の職場の給与に納得がいかない場合は、思い切って転職を考えるのも一つの手でしょう。大手転職サイト『リクルートエージェント』では、専門のコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

入社してからでしかわからない会社の事情のことでも、プロのコンサルタントが職場の情報を集めてきてアドバイスしてくれます。今の職場で働きながら転職の準備が進められるのでおすすめです。

無料で登録できるので、まずは一度登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る