46歳の転職を成功させる方法まとめ

記事の著者:toganoyuka

一般的に46歳というと職場ではある程度重要な役割を任せられたり、部下を持ったり、私生活においても家庭をもっていたりと、公私共に安定してきている時期でしょう。

そういった中で、転職を検討する人は多いです。

転職に関しては、若いうち、20代の転職は成功する可能性は非常に高く、希望どおりの会社から採用を受ける可能性も高いでしょう。早いうちの転職の場合、大いにメリットがあります。

ただし、46歳で転職というとそうはいきません。特に、35歳を超えて中途採用されるにはかなりハードルが高いとされています。では、46歳での転職を成功させるにはどのような方法で転職活動を進めるとよいのでしょうか。

以下ではそんな46歳が転職に成功する方法を紹介します。

また、転職を成功させるために、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントの中でもおすすめなのが、リクルートエージェントです。

業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントに無料登録すると、専任のキャリアアドバイザーから徹底的にサポートしてもらえます。

ぜひこの機会に登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

46歳の転職事情

企業には46歳の人材を「育てる」余裕はなく、求職者は「会社にどれくらい貢献できるのか」を厳しく評価されます。

つまり、未経験職種へのキャリアチェンジは難しく、「高い専門性」と「管理職経験」がない限り、キャリアアップは望めません。

特別なスキルを要求されない求人もありますが、その場合には、若い世代と比較されると選考で不利になることや、重労働・低賃金の仕事であることを覚悟する必要があります。

46歳の転職で注意しておくべきポイント

まず、46歳の人が転職活動をする際に注意しておくべきポイントを紹介します。

転職動機を明確に把握する

46歳となると、体力も気力もだんだん減退していく年代といえます。また家族の介護、育児など、色々とプライベートでも変化を迎える時期でもあります。そんな微妙な時期に、転職をするのは高いリスクを背負わなければならないかもしれません。

そんなときは、転職を本当に今する必要があるのか、自分に問うてみることが重要となってきます。転職は人生において一大イベントです。環境も、仕事も、人間関係すらも職場で変わってきます。46歳の転職は、それなりに気力や体力がないと、乗り切れないでしょう。

そして独身の場合はまた別ですが、扶養家族がいる場合などは、やはり慎重に取り組むべき問題です。転職をしたことで年収が一気に下がり、死活問題になることもおおいにあり得ます。収入の面なども考えなくてはいけません。

ぼんやりと転職活動をしていても、転職先がなかなか見つからないでしょう。運よく採用されたとしても、同じ問題を抱えて転職を考えることになりかねません。50代に突入すると、定年まで10年もないため、雇ってくれる企業はほとんどないでしょう。

そうならないためにも、自分の転職動機をできるだけはっきりさせて、それを自身で把握しておくことをおすすめします。また、そういったことをしっかり把握しておくことで、企業にもアピールしやすくなり、転職活動がスムーズに進むでしょう。

大企業への転職はほとんど不可能

大企業への転職はほとんど不可能ということも留意しておきましょう。いくら売り手市場と言われている現代でも、定年まで残り15年を切っている46歳を中途採用で雇う大企業はまずないと思っておいた方がいいです。

理由は46歳に時間や労力をかけて育てるよりも、若い人材にコストをかけて育てる方が将来性があるからです。

また、多くの大企業は中途採用は35歳までという規定を設けており、応募しても書類で落とされてしまいます。大企業への転職は、ある程度諦めましょう。

転職先での出世が厳しくなる

46歳で転職した場合、転職先で出世することがほとんど不可能となります。46歳で入社すると、周りより遥かに入社時期が遅くなるからです。

よっぽど突出したスキルや能力がないと、出世は望めないことになります。熾烈な出世レースから無理に仕事にのめり込んで日常生活に支障をきたしてしまうより、自分のペースで無理なく働く方がいいと、割り切ってしまいましょう。

46歳の転職希望者がつまずく原因3つ

46歳になってからの転職希望者がつまずく原因には、いくつかがあります。それらを見ていきましょう。

自分はまだ若いと信じ込んでしまう

まず1つ目は、自分はまだ若いと過信し過ぎて、つまづくケースです。確かに今の日本において、46歳という年齢は、まだ若いと呼べるかもしれません。高齢化が日々進む日本においては、40代などまだ若い、そういう認識すらあり得ます。

しかし、自分を若いと過信し過ぎるのは、つまづく要素にもなりかねません。若いと言っても20代とは違います。上でも述べましたが、46歳となると定年まで残り15年を切っています。自分の年齢を客観視して進む必要はあるでしょう。

自分の力を過信しすぎてしまう

2つ目は、自分の力や能力を過信しすぎてしまうことです。46歳となると、会社でもある程度の年数勤め上げてきて、その経験を誇りに思っている人も多いでしょう。その結果、役職や地位にこだわってしまってつまずいてしまうのです。

確かに自分の経験に誇りを持つことは悪いことではありません。自分の力を過小評価するのもよくないです。

しかし、そのまた逆も然りです。自分の理想と現実のバランスを見て転職先を探すようにしましょう。

年収にこだわりすぎてしまう

3つ目は、年収にこだわりすぎるケースです。勿論年収は高い方がいいですし、扶養家族がいる場合には収入はあるに越したことはないでしょう。

でも高年収ばかりにとらわれすぎると、他の大事な点を見逃してしまう可能性もあります。また、年収だけ見て転職先を決めると、転職後に後悔してしまうことにもなりかねません。

年収以外にも、自分の希望と合っている職場なのかを精査することが大切です。

46歳の転職を成功させる方法

企業に直接応募してみる

ほとんどの企業は転職サイトやリクルートサイトに求人を預けています。それは、企業が公式サイトに採用情報を掲載していても、見られることが少ないからです。

そういった背景を利用して、企業に直接問い合わせてみることで、アピールすることができます。サイト経由で大量に送られてくる応募に比べ、直接応募することで、書類にじっくり目を通してもらえるでしょう。

また、求人を行っていない企業に直接問い合わせてみることで、選考の場を設けてくれるかもしれません。

きになる企業があれば、まずはコンタクトを取ってみましょう。

周りを頼ってみる

46歳となれば、ある程度人脈も広がっているでしょう。まずは、周りの人に、自分が転職先を探していることをアピールしましょう。そうすることで、いろいろな情報が集まってきます。

中には知人から勤め先を紹介してもらったというケースもあるようです。

求人ちらしをチェックする

初歩ではありますが、日曜に入ってくる求人ちらしを利用する手もあります。意外と求人ちらしには地元の良いい企業も載っていたりしますので、しっかりチェックしましょう。

求人ちらしで転職を決め、成功にまでたどり着いた話も、決して少なくはありません。プライドは捨てて、求人ちらしの隅々まで探してみることもおすすめの方法です。

ハローワークを使う

ハローワークは、40代向けの求人も多いので、46歳にもあった転職が望めます。

退職者を対象にしていると思われがちですが、在職中でも利用可能です。

圧倒的な求人数を誇り、求職者の経歴やスキルに関わらず、キャリア相談・職務経歴書の添削・面接対策など、さまざまなサービスを受けることも可能です。

転職エージェントを利用する

一度社会人を経験している場合、ほとんどの人が転職エージェントに登録して転職活動を行います。転職エージェントは、なかなか時間が取れない社会人にとって、詳しい求人情報にアクセスできるというメリットがあります。

転職エージェントでおすすめなのが、リクルートエージェントです。リクルートエージェントに無料登録すると、業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが数ある求人から自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

また、書類の添削や面接対策まで徹底してサポートしてくれるため、転職活動を経験したことがない人でも安心して転職活動を行うことができます。

登録はかんたんですので、ぜひ一度チェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る