ビジネスの場における「お大事に」の言葉の意味・使い方・注意点など

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

相手の体調を気遣う際に、「お大事に」という言葉を使う人は多くいるでしょう。この言葉は病院などでも使用され、ビジネスシーンでも見かけられます。

しかし「お大事に」という表現は省略語であり、目上の人に使う際には正しい敬語表現にする必要があります。

以下では、「お大事に」の言葉の意味や使い方、注意点などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「お大事に」の意味

「お大事に」は短い言葉ですが、以下のような意味があります。

  • 病気が悪くならないように
  • 早く回復するように
  • 体を大切に

相手の体調が良くなることを願い、相手を気遣う言葉です。挨拶のように使われることもあります。とくに病院や薬局で使われることが多く、耳に馴染んだフレーズです。

「お大事に」の使い方

「お大事に」という言葉だけでも意味は伝わりますが、これはあとに続く部分が省略された形であるため完全な文ではありません。

正確には「お大事になさってください」となります。「お大事に」だけで伝わるといっても、相手や状況に合わせてきちんと省略しない形を使うことも必要になります。

「お大事に」の敬語表現

「お大事に」といった言葉は目上の人にも使うことができます。しかし、その場合には正しい敬語表現で使わなければなりません。

「お大事に」の敬語表現は「お大事になさってください」です。「お大事にしてください」と表記していることもありますが、これは誤りになります。

「お大事にしてください」は動詞の「する」に丁寧語の「ください」が合わさった表現であり、「してください」は命令表現なので目上の人に使える正しい敬語とはいえません。

正しくは、「する」の尊敬語である「なさる」を使った「お大事になさってください」です。目上の人に使う場合にはこうした点に注意しましょう。

「お大事になさってください」の例文

  • ご無理をなさらず、どうかお大事になさってください。
  • 1日も早い回復をお祈りいたします。くれぐれもお大事になさってください。

伝える当人以外の人にも使える

「お大事になさってください」という表現は、その当人の家族、知人などに対しても伝える表現です。上司や知り合いのが家族が体調不良となった場合にも、この表現は使えます。

「お大事に」という省略表現も間違いではない

病院などでは「お大事になさってください」より「お大事に」と省略して伝えられることが多いですが、それは「お大事になさってください」という表現はとても長くて言いずらいためです。

そのため省略して、「お大事に」と伝えることも問題ないというのがビジネス上での考え方。しかし一般的には「お大事になさってください」と伝えるのが無難でしょう。

口語で使う

「お大事に」や「お大事になさってください」という表現は、一般的には会話で使われる表現となります。文章で表現するとき、とくに目上の人に対しては、「ご自愛ください」と表現するのが良いでしょう。

しかし、「ご自愛ください」はすでに病気・怪我をしている人や入院している人には使うことができないので注意が必要です。

「お大事に」以上のことは伝えない

相手の体調が悪い時に「お大事になさってください」という言葉以外に、「早く仕事に戻ってきてください」などといった言葉を伝える方もいますが、これはあまりよくありません。

なぜなら、相手へのプレッシャーになるからです。相手が体調が悪いときは、ゆっくり休んでくださいという気遣いを込めて、「お大事に」とだけ伝えましょう。

「お大事に」の言い換え

「お大事に」の類似表現には「ご自愛ください」や「お体に気をつけてください」などがあります。どちらも意味としてはほとんど同じなので、多くの場合言い換え可能です。

どうか・くれぐれもといった言葉を付け足して、より丁寧に気持ちを込めて表現されることも多くあります。また、「ご自愛くださいませ」と表現することで柔らかい印象にすることもできます。

ご自愛ください

上記でも紹介しましたが、「お大事に」は「ご自愛ください」と表現することも可能です。メールなど文章の結びの言葉として使われます。

体を大切にしてくださいといった意味が込められているため、「お大事に」と同じように使用可能です。しかし使う際には気をつけなければならない点が2つあります。

1つは「お体をご自愛ください」と使わないことです。ご自愛にはすでに「体を」という意味も入っているので意味が重複してしまいます。

そして2つ目は体調を崩している人に使わないことです。「体調を崩さないよう今の健康状態を維持してください」といった意味を含むため、すでに体調を崩している人には適しません。

相手がすでに体調を崩しているといった場合は、「お大事になさってください」や「ご回復をお祈りいたします」のほうが良いでしょう。

お体に気をつけてください

「体に気をつけて」はその言葉通り、体に気をつけてほしい・健康でいてほしいという意味を持つ表現です。敬語表現としては「お体に気をつけてください」と使います。

「体」ではなく「身体」や「体調」に変えて使うこともできるので、状況に合わせて使用してください。「お体に気をつけてお過ごしください」と表現することも多く、文章表現ではこちらのほうがより丁寧に感じる場合もあります。

「お大事に」と言われたら

「お大事に」と言われた場合には、単純に「ありがとうございます」と返せば問題ありません。もっと丁寧に伝えたいときは「お気遣いありがとうございます」と伝えたら良いでしょう。

「お大事に」や「お大事になさってください」、その他同類の言葉をかけられた場合には、相手の気遣いに対する感謝を述べることが必要です。

関連した記事

ビジネスの場における「お手数おかけします」の言葉の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において取引先や目上の人などに、時間や...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「よろしくお伝えください」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

ビジネスの場でお客様にお話をして最後につける「よろ...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「了解いたしました」の意味・使い方・注意点

「了解」は普段よく使われる言葉です。「了解」単体で...

2019年08月19日, ビジネス用語