ビジネスの場における「英気を養う」の意味と使い方・注意点など

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネスマナー

毎日働く社会人の中には、日々プレッシャーを感じながら仕事をしているという人もたくさんいます。そのため、時には心身ともにリフレッシュすることが重要です。

疲れを癒やすことやリフレッシュすることを「英気を養う」ということがあります。あまり使わない人も多い表現ですが、ビジネスの場ではこうした言葉も知っておくといいでしょう。

以下では、「英気を養う」について、言葉の意味や使い方などを紹介してきます。間違った使い方をしないように、しっかり確認しておきましょう。

「英気を養う」の意味

読み方は「えいきをやしなう」です。「物事に取り組むための活力を蓄えること」「元気を取り戻すこと」を意味します。「英気」は自分の中にある気力や活力のことを表します。

「英気を養う」に似た言葉

「英気を養う」と似た言葉の代表的なものというと、疲れを癒す・生気を取り戻す・リフレッシュする・静養する・充電するなどが挙げられます。いずれも意味は同じなので、言い換えることが可能です。

「英気を養う」の使い方

使い方としては、休息後の何かに備えて、力を蓄えるという意味合いがありますので、休息後に仕事を頑張りたいと思っているときなどに適している言葉だといえます。

「養う」の意味

「英気を養う」の「養う」には、どのような意味合いがあるのでしょうか。「養う」には、食物などを与えて育てる、だんだんに作り上げる。という意味があります。

「英気を養う」には、気力や活力を休養や美味しい食事によって回復させるという意味があることから、「英気を養う」の「養う」は育成するということになります。

具体的な文例

「来週のプレゼンに備えて英気を養う」「戦いに備えて英気を養っている」といった形で使用するのが正しい使い方といえます。

「休養する」も休養後に心身の力を最大限出せるように、今の仕事をしばらく休むことを意味しますが、こちらはどちらかというと少し長く休む場合に使う表現です。

「英気を養う」を使う場合の注意点

何気なく使っていた言葉でも、漢字1つで大きく意味が違うものなってしまうので注意が必要です。

間違って、恥をかかないように本来の意味をしっかりと理解したうえで、使用するようにしましょう。

「英気」と「鋭気」の違い

同じ読み方の「鋭気を養う」という表記が、体力・活力を貯め込むといった意味で「英気を養う」と同じように使われることがあります。

しかし、「英気」が自らの気力や活力を意味していることに対し、「鋭気」は目標に対する意気込みを表しています。

そのため、「鋭気」は「英気」よりも強い意気込みを表し、相手の捉え方次第では誤解を招くことも。「えいきをやしなう」の正しい表記は「英気」を使ったほうとなるので、間違えないようにしましょう。

目上の人に使う場合

「英気を養う」を目上の人に使用する場合は、「英気を養われる」という表現が妥当です。

「十分に英気を養われてください」「保養先で英気を養われましたか?」というような使い方になります。

関連した記事

ビジネスの場における「リソース不足」の言葉の意味と使い方・例文

社会人になると様々なビジネス用語に触れ、これまで知...

2019年07月29日, ビジネスマナー

ビジネスの場における「インスピレーション」の意味と使い方。インスパイアとの違いは

よく「インスピレーションを受け取った」という使い方...

2019年07月29日, ビジネスマナー

上司に電話をかける際のマナー。勤務時間外の電話は非常識?事前に確認すべきこととは?

上司に電話を掛けるとき、どんなことに気を使っていま...

2019年07月29日, ビジネスマナー