32歳の転職を成功させる方法まとめ:今からでも遅くない!

32歳の転職を成功させる方法まとめ:今からでも遅くない!

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

32歳というと、一般的には仕事にも慣れて、権限を持って仕事をさせてもらえる時期でしょう。

特に転職を考えた時には、20代に比べて転職のリスクが高いとされがちです。なので、転職はしない方が身のためなのでは、と考えることもあるでしょう。

せっかく築いてきた仕事のノウハウも手放して、成功するかも分からない新しい仕事に踏み込むのは不安もあるはずです。

しかし、しっかりと現状の把握と対策をする事が出来れば、転職が成功をすることも忘れてはいけません。

そこで、今回は32歳という年齢で転職を成功させる方法をまとめてみました。

また、32歳で転職を検討した際は、リクルートエージェントというサイトがおすすめです。無料登録すれば、業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、相談に乗ってくれたり、面接対策まで徹底的にサポートしてくれます。

転職経験のない人も安心して転職活動を行うことができるでしょう。

登録は簡単なのでぜひこの機会にチェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

32歳で転職を考えるきっかけ

転職を考える動機というのは人それぞれ違うものですよね。例えばどのような理由があるのでしょうか。

30歳~35歳の転職動機については、以下のような理由が多くなっています。

賃金が低かったから

今の日本の企業は給与が上がりにくいです。新卒時は給与額に不満を感じていなかったとしても、その頃から比べるとライフステージが進むに連れて出費が増えているのにもかかわらず、給与はそれほど伸びていないとなると、生活が苦しくなっていきます。

30代となると、家庭を持っている人も多いでしょう。そうなると、家庭にかかる費用を賄うため、少しでも多くのお金を稼ぐ必要があります。

そういった背景から賃金を理由に転職する人が多いです。

労働条件(賃金以外)が悪かったから

労働条件の悪さも転職動機として多いです。

友人などと集まった際にも自然と自分の会社や仕事の話題になり、自分の会社の待遇や福利厚生などが周りと比べて低いことに気づいて転職を希望する人も多いです。

満足のいく仕事内容ではなかったから

30代は、右も左もわからなかった新人時代とは違って、仕事に慣れているでしょう。

そうすると日々の業務がルーティーンになってしまったり、自分の数年後の姿が予想できる様になってしまったりします。

これを楽だと考える人はそのまま仕事を続けられますが、刺激が足りないと感じる人にとっては同じ職場で働き続けることは苦痛になります。

そんな中で、今続けている仕事にやりがいを感じられなくなったり、他にやりたい仕事が見つかったりすると、仕事内容に満足できず転職を考える人も出てきます。

現在の32歳の転職事情

さて、転職をしたい気持ちが高まってきたら、まずやるべきことは、32歳での転職が一般的にはどのような意味合いを持つのかを知るということです。

転職市場における32歳の人材の評価について知ることで、その後の転職活動における戦略が明確になるでしょう。

以下で詳細をご紹介します。

32歳の転職は不利ではない

32歳という年齢で転職を考えた人に大手就職情報サイトのリクナビネクストがアンケートを取ってみると、実に6割の人が「転職は不利」と答えています。

しかし、実際の転職後に同じアンケートを取ってみると、3割の人のみが不利と答えたのです。この数字から、多くの人が自分で自分の限界を決めてしまっているということがわかります。

求職者としてはどうしても30歳という節目の年齢を超えているという自意識にプレッシャーを感じがちですが、企業としては28歳~33歳の範囲の人はほとんど同じ基準で評価しているので、年齢が原因で転職市場での評価が極端に悪くなることはありません。

まずは32歳での転職は不利だと決めつけないことが大切です。

異業種・未経験職への転職はほぼ不可能

ただし、異業種や未経験職については例外です。

企業は中途採用枠で獲得しようとしている人材にはスキルや経験を求めます。32歳の人が新卒や第二新卒として見なされることはないので、必ず中途採用枠の基準で評価をされるでしょう。

この時、未経験職への転職ではスキルも経験もないために獲得できるポイントはゼロになってしまいます。ほぼ確実に書類審査の段階で弾かれてしまうので、異業種転職を目指す場合は正面突破はできないものと諦めましょう。

32歳の転職を成功させる方法

32歳での転職は不利ではないということがわかったうえで、転職を成功させるために必要なことをまとめました。以下で紹介します。

周りの人を頼る

32歳となれば、仕事関係である程度人脈も広いでしょう。

まずは、周りの人に転職先を探していることをアピールしましょう。周りにアピールすることで、自然と情報が集まってきたり、知人が勤め先を紹介してくれるなんてこともあるでしょう。

また、集まってくる情報も、実際に働いている人などから集まってくるため、ネットなどでは得られない生の情報を得ることができます。

転職の経歴について説明できるようにする

転職は過去に何回くらい転職していると、新しい会社に対して印象が悪くなるのでしょうか。

32歳での転職については、大体2~3回位の過去の転職回数くらいでは相手企業にあまり悪いイメージはないのだそうです。

ただ、安心をしていてはいけません。間違いなく、面接官などにとって、転職の回数が気になるはずです。

そんなときは、過去に転職をした理由を具体的に思い出して、面接官などに聞かれてもいいように準備をしておいた方がいいでしょう。

将来設計をしっかり立てる

一般的に32歳という年齢は、ある程度仕事においての経験を積んできた頃で、会社からも必要とされている時期とされています。

また、仕事も落ち着いてきて、プライベートも充実している場合もあるでしょう。結婚や子どもを持つなど、プライベートに変化が生じてくるのもこの時期です。

この時期に子どもができると、転職はリスキーな選択しであると、なかなか踏み切ることができないでしょう。

そんな時期に、転職を決意するのは生半可な気持ちではないはずです。

しかし、将来の計画をしっかりと立てることで不安も無くなり転職を前向きに考えることができるでしょう。

まとめ

32歳社会人の転職は、多くの人の人生にとって、リスクを伴う一大決心の一つでしょう。

大切なのは、しっかりと自分自身の目標を持って日頃の仕事を真面目にこなし、転職の際には前職のスキルを持って、新しい仕事でもしっかりと活かすことです。

それができれば、32歳になってからの転職も全く怖くないでしょう。

とはいっても、今の仕事を続けながら転職先を探すのは決して簡単なことではない場合が多いのです。

そこで、大手転職サイト『リクルートエージェント』をオススメします。

このサイトに無料登録すれば、働きながらでも安心して次の職場を探すことができます。

業界や、企業についての詳しい情報にアクセスできるだけでなく、各業界に精通した専任のコンサルタントが、自分の強みの分析から自分に合った求人の紹介、書類の添削や面接対策、待遇や給与交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

無料で簡単に登録できるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

29歳の転職を成功させる方法:未経験業種にチャレンジするならラストチャンス

一般的に29歳というと、新人のころと比べて、できる...

2019年07月29日, 転職

やりたい仕事わからないときの対処法。本当につらくて逃げ出したいときは逃げてもいい

厚生労働省の就活・転職調査によると、やりたいことが...

2019年07月29日, 転職

38歳の転職を成功させる方法。スキル・経験を過信しすぎてハードルを上げすぎるのは危険

「35歳転職限界説」といった定説が、転職業界にはあ...

2019年07月29日, 転職