36歳の転職を成功させる方法:失敗しない転職方法を紹介!

36歳の転職を成功させる方法:失敗しない転職方法を紹介!

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

一般的に、36歳になると責任のある仕事を任されたり、部下ができたりと会社の中での立ち位置が変わってきます。

そんな中で、より高いキャリアを目指して転職活動をする人もいるでしょう。

36歳という年齢を考えると、この年齢での転職は失敗することはできません。

ここではそんな36歳の転職を成功させる方法を紹介します。

また、失敗しない転職におすすめな転職サイトが「リクルートエージェント」です。大手企業であるリクルートが運営しているため、安心して登録することができます。

また、業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントは、一般では公開されていない非公開求人の数も充実しています。

登録は無料ですので、ぜひ一度チェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

現在の36歳の転職事情

まずは、36歳の人を取り巻く一般的な転職事情を確認していきましょう。

35歳転職限界説はウソ

36歳で転職を考えた場合、まず気になるのがいわゆる「35歳転職限界説」ではないでしょうか。一般的に転職市場では35歳が転職できる最後の年齢とされているという言説があるからです。

すでに35歳を超えてしまっており、今から転職するのは受け入れてくれる転職先がなく、無謀なのではないかと心配することでしょう。たしかに年齢が上がるごとに転職をする人は少なくなるという傾向はありますが、35歳以降に転職をする人がゼロになることは企業側の需要から考えてもありえないので、36歳でも転職することは十分可能です。

特に、今までと同じ職種での転職は難しくありません。転職前の職場と同じ職種だと、これまでの経験を活かすことができるため、転職先でマネージャーなどのポジションに就くことも可能です。

未経験職への転職はほぼ不可能

一方で未経験の職種へのキャリアチェンジは厳しいのが現状です。

36歳の人が転職市場で評価される要素は主に経験やスキルですが、業界・業種が変わるとその点が評価されなくなってしまいます。

その上、素直さや伸びしろという点では若い人に劣ると考えられがちで、企業としてはより若い新入社員を採用して育てたいと考えるため、未経験職種への転職は容易ではありません。

どうしても異業種に転職したいという場合は、まず丁稚奉公のようなかたちで給与を抑えて働かせてもらう代わりにそこで仕事を覚えさせてもらい、その後に再び転職活動をすることで経験者として中途枠で採用してもらえるようにするなど、キャリアの見せ方を工夫する必要があります。

36歳の転職で気をつけるべきポイント

まずは、36歳が転職活動をする際に気をつけておくべき点を紹介します。

転職先での出世は遅れる

転職すると、当然転職先での入社時期が、他の社員に比べて遅くなってしまいます。

中途採用者でも出世自体は可能ですが、出世するためにはまず重要な仕事を任せてもらって、さらにそこで成果を上げることが求められます。

重要な仕事を任せてもらうためには信頼を得なければいけません。しかし中途採用者はもとからいる職員と比べると共に過ごした時間が短い分だけ、信頼が薄いので、まずはそこの人間関係の構築にも注力する必要があります。

このように、新たな環境に馴染むための時間が必要になるため、転職先での出生には時間がかかることを覚えておきましょう。

一方で、逆にどうせ難しいならと出世を諦めて、熾烈な出世レースのプレッシャーから開放されて自分のペースで無理なく働こうと割り切ってしまう人もいます。このような転職の使い方も悪くはないかもしれません。

大企業への転職は厳しい

大企業への転職は厳しいということにも留意しておきましょう。大手企業の中には中途採用を35歳までと決めている企業もあります。

ただし、すべての大手企業が中途採用は35歳までという規定を設けているわけではなく、業界によっては35歳以上の中途採用を行っているところもあります。

特に人脈や技術を重視する業界では、若い新入社員よりもメリットが大きい方を優先して採用する場合も多いです。

36歳が転職でつまずく理由

次に36歳が転職でつまずく理由を紹介します。36歳の転職事情は年齢的に多少不利ではありますが、まったく転職ができないわけではありません。

それでもつまずいてしまうのは、以下のような理由があるからです。

プライドが高い

まず、36歳が転職でつまずいてしまう理由として、プライドが高いということがあります。今までの10年以上の社会人経験に高いプライドを持っていて、転職先ではマネージャーなどの役職に就きたいということに固辞してしまう場合です。

上でも述べた通り、入社した時期が他の社員より遅いため、出世はどうしても遅くなってしまいます。今までの経験に、プライドを持つのは決して悪いことではありません。

しかし、そういった経験を、うまく発揮して転職先の会社に貢献できるように地道に努力していると、その評価が認められるかもしれません。

謙虚に努力を重ねるようにしましょう。

転職先を年収で決める

年収アップを理由に転職をする人は、年収が下がることを嫌がり、それが原因でつまずいてしまう人もいます。36歳となれば、家庭を持っている人も多いでしょう。そういった背景から、年収が下がることを嫌がるのです。

しかし、36歳の転職では、ある程度給与などの条件面で折り合いをつけることが大切です。もちろん自分の能力を過小評価する必要はありませんが、その逆も然りです。

バランスを見て折り合いをつけるようにしましょう。

36歳が自分の希望に合う転職先を見つける方法

上記の通り、必ずしも転職ができないわけではありませんが、36歳の転職は厳しいものです。

それでは36歳の人はどのようにしたら転職を成功させられるのでしょうか。以下で紹介します。

転職の動機を自分自身ではっきり把握しておく

なんとなく今の仕事が不満だから転職するのでは、転職先でも同じ問題を抱えて、また転職を検討せざるを得なくなります。自分がなぜ転職したいのか、どういった仕事をしたいのかをはっきりと把握しておくことが大切です。

特に36歳の転職では、転職先が限られてしまうなど、20代の転職よりハードルが高くなってしまいます。そのため、自分の意思を把握しておいて、それをうまくアピールするとスムーズに転職することができるでしょう。

周りの人に相談する

36歳の転職が成功するかどうか情報収集にかかっていると言っても過言ではありません。ネットなどで検索すれば、ある程度ヒットします。ただ、中には不確かな情報が載っていたり、詳しい情報が記載されていないこともあります。

そのため、周りの人に相談して、情報をもらうことをおすすめします。自分が仕事をしたいと思う業界で実際に働いている人などに聞いてみると、ネットなどでは仕入れられない情報を得られます。

36歳となると、人脈もある程度広がっているでしょう。そういった仕事から広がった人脈を活用することもおすすめです。

また、周りに相談することで、その人が勤めている会社に雇用を相談してくれたり、他の勤め先を紹介してくれたりする場合もあるので、まずは転職先を探しているということを周りにアピールしましょう。

転職エージェントに登録する

転職活動をしていると、35歳までなどと年齢の条件を設定している募集要項を見たことがあるでしょう。

そのような条件がある場合、応募者数が多いと35歳以上の応募者は無条件に書類選考で落とされる場合があります。

応募先企業が求める人材とどんなに一致していても、足切りされてしまえば、土俵に立つことさえできず自分をアピールすることができません。

しかし、ほとんどの企業が35歳までという条件を設定している、そういった条件が設定されていないところは自分の希望とは合わないという人もいるでしょう。そのため、応募先自体がなかなか見つからないという場合も多いです。

そういった場合、希望に合う求人が見つからない理由は、一般に公開されている求人にしかアクセスできないからということが考えられます。

しかし、さまざまな理由で公開されていない非公開求人というものも存在するのです。

非公開求人にアクセスしたい、情報は少しでも多く仕入れておきたいという人は、転職エージェントを活用することがお勧めです。

転職エージェントの中でもおすすめなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、一般的に公開していない非公開求人が約100,000件と業界トップクラスを誇ります。無料登録することで、非公開求人情報にアクセスできるだけでなく、専任のキャリアアドバイザーが自分の強みを分析した上で、自分に合う求人を紹介してくれます。

加えて、書類の添削や面接対策、直接交渉しにくい待遇や給与の交渉なども行ってくれるため、徹底したサポートを受けられます。

登録は簡単で無料となっています。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

55歳の転職を成功させる方法:男性も女性も失敗を避けるコツとは

高齢社会となった現代では、55歳はまだまだキャリア...

2019年07月29日, 転職

飲食業から転職する前に知っておくべきこと。専門的知識が豊富で他業種への転職は難しい?

厚生労働省が平成28年度におこなった雇用動向調査に...

2019年07月29日, 転職

やりたい仕事わからないときの対処法。本当につらくて逃げ出したいときは逃げてもいい

厚生労働省の就活・転職調査によると、やりたいことが...

2019年07月29日, 転職