ビジネスの場における「畏まりました」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場においてよく「畏(かしこ)まりました」という言葉を使うことも多くあります。読み方が難しく、初めて見た人は読めないことがほとんどです。

よく使う言葉の1つですが、他にも「承知しました」や「分かりました」など似たような言葉も多くあり、使い分けがあやふやな人も多いのではないでしょうか。

以下では、畏まりましたという言葉の意味を改めて確認するとともに、どのように使えばいいのか、またどのような点に注意すべきなのかについて紹介します。

「畏まりました」は謙譲語

「畏まりました」は「かしこまりました」と読み、謙譲語になります。謙譲語は自身をへりくだることで相手を立てるために表現です。

基本的なことですが、混同して使う方も散見されるためこの点はしっかり押さえてください。

「畏まりました」は「分かりました」と同意

「畏まりました」は「分かりました」という表現をより丁寧な言い回しにした表現です。ホテルやレストランなどで「分かりました」というときに使われるという点からも、より丁寧な表現であることがわかります。

「畏まりました」は口語体の表現

畏まりましたという表現は、メールなど文面で使うと、少し重々しくなることがあります。メールの文章は全体として、少し重い印象になりがちです。そのなかで「畏まりました」という表現を使ってしまうと、余計に重たい印象を与えてしまいます。

「畏まりました」は話し言葉に向いている表現であるといえます。

畏まりましたの言い換え表現を知っておこう

「畏まりました」と表現には色々言い換え表現があります。この「畏まりました」という表現自体、丁寧ではありますが、少し固い言い回しなので、状況により伝え方を変えないことには打ち解けられない、敬遠されるというケースも想定されます。

ではどんな言い回しがあるのでしょうか。

  • 分かりました
  • 承知しました
  • 承りました
  • 了解しました

シチュエーションや、相手との関係性によって、うまく使い分けられるといいでしょう。

「畏まりました」を英訳すると

英語の表現も押さえておきたいと思います。意味だけ言えば「Yes sir」や「OK」です。ただ、「畏まりました」は丁寧な表現なので、もっともしっくりくる表現は「Noted with thanks」です。必要な方は覚えておくと良いです。

「畏まりました」を使うときの注意点

「畏まりました」はよく使う言葉ではありますが、間違った使い方をしている人も少なくありません。

ビジネスマンとして、正しい日本語が使えるよう、「畏まりました」の注意点を押さえておきましょう。

直属の上司より役員やVIPに使う

畏まりましたは上述の通り固い表現です。直属の上司に使うには丁寧すぎます。

どちらかといえば、役員やVIPクラスの気位の高い人に使いましょう。

直属の上司、仲の良い顧客等には「承知しました」のほうが適切

直属の上司や仲の良い顧客など、目上ではあるものの、割とフランクな間柄であれば、「畏まりました」では上述の通り固すぎます。それより、同じ謙譲語ではありますが「承知しました」のほうがしっくりきます。

敬語は相手との関係性をよくするために使うというのが本来の目的です。相手との関係性を良くしない敬語は使うべきではないといえます。

同僚に使うことは厳禁

逆に言えば、同僚に「畏まりました」という表現は使ってはいけません。言語感覚に難のある人だとみなされ、業務上不都合を発生させる可能性もあります。

おおげさに思うかもしれませんが、共通認識というのはビジネスにおいて非常に重要で、その認識が欠ける人物というのは良い扱いをうけなくなります。連携の多い仕事では特に注意をしましょう。

文章表記する場合はひらがなで書く

ここまで「畏まる」と漢字表記で記載していましたが、読み方は「かしこまる」です。読み方としては少し難しい部類です。

最近はパソコンやスマホの変換機能が充実しているため、ついつい漢字で記載しがちですが単純に「かしこまりました」とひらがな表記にするほうが丁寧であるといえます。

関連した記事

ビジネスの場における「お目通し」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

ビジネス用語は一流のビジネスマンにとって最も重要な...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「ご愁傷様」の言葉の意味・使い方・注意点など

相手に何か不幸があった際、相手を思いやるために使わ...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「了解いたしました」の意味・使い方・注意点

「了解」は普段よく使われる言葉です。「了解」単体で...

2019年08月19日, ビジネス用語