ビジネスの場における「ご足労」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場において、「ご足労」というのはよく使われる言葉です。聞き慣れていると、ついついなんとなくのニュアンスで使用してしまう人がいますが、きちんと理解せずに使っていると恥ずかしい思いをすることも。

そもそも「ご足労」という言葉はどんなときに、どんな相手に対して使うものなのでしょうか。よく使われる言葉であるからこそ、きちんと言葉の意味や使い方を理解しておくことが大切です。

以下では、ビジネスの場における「ご足労」の言葉の意味・使い方などについて紹介していきます。

「ご足労」の意味

ご足労は「労」という語がついているように、相手に対する労(ねぎら)いの気持ちが込められた言葉です。

本来であれば自分から赴くべきところを、相手がわざわざ来てくれた労を労うという意味が込められています。相手の足を労うことが本来の語義であることをきちんと理解しておくことが大切です。

「ご足労」の使い方

上記の説明のように、「ご足労」という言葉は「相手に足を運んでもらったことを労(ねぎ)らう」という意味がある言葉です。

「足労」とは、足を使って移動する労力のことを意味しています。そのため、相手が自分のところに足を運んでくれたときに使う言葉です。この言葉には、本来は自分から出向かなければならなかったにもかかわらず、わざわざ足を運んでくださって申し訳ないというニュアンスが込められています。

このように「ご足労」という言葉は、相手を敬うために使う言葉であるため、目上の人や取引先などに使う言葉として非常に適した言葉です。

「ご足労」の例文

ご足労という言葉は、相手が来てくれる前と相手が来てくれた後、どちらのタイミングであっても使うことができます。それぞれの場合の使い方を確認しておきましょう。

来てくれる前の例文については以下のとおりです。

  • 大変お忙しい中ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします。
  • ご足労おかけし恐縮ですが、◯時に弊社までよろしくお願い申し上げます。

来てくれた後の例文については以下のとおりです。

  • 本日はお足元が悪い中ご足労いただき、誠にありがとうございます。
  • 遠いところからわざわざご足労おかけして、申し訳ございません。

このように、状況に合わせて自然と使えるようにしておきましょう。会話や文書の中で何度も使うのではなく、適切な場所に1回程度で使うように

してください。

書き言葉でも話し言葉でも使える

ご足労という言葉は、書き言葉でも話し言葉でも使うことができる言葉です。

そのため、普通に話すときにも使うことができますし、メールや手紙などで文章を書くことにも使うことができます。書き言葉と話し言葉で変わることはないので、非常に便利な言葉です。

ご足労はクッション言葉の1つ

ご足労という言葉は、ビジネスの世界ではすでにかなり浸透した言葉です。

そのため、適切な言葉が見当たらない場合に、とりあえず足を運んでくれたことに謝意を表すために、ご足労という言葉を用いることがあります。

「ご足労」を使うときの注意点

相手にお願いするようには使わない

ご足労という言葉は、基本的に「ご足労いただく」、「ご足労おかけする」というように使います。そのため、「ご足労お願いします」や「ご足労下さい」というように使ってはいけません。

ご足労という言葉は、来ていただく相手にそれを強要するように使うことは間違いであり失礼にあたるので、十分注意が必要です。

類義語に注意

ご足労という言葉の類語に、お手数をおかけするや手間を取らせるといった言葉があります。しかしこれらの言葉とご足労という言葉には、微妙なニュアンスの違いがあるため注意が必要です。

ご足労という言葉は、「足」という漢字が入っているように、実際に足を運んでもらったときにだけ使う言葉なので、お手数や手間のように、手を使って何か作業をする場合とは異なるので使い分けなければなりません。

目上でも社内の人には使わない言葉

基本的に、「ご足労」という言葉は、目上の人を敬うためにある言葉です。相手を敬う言葉ですから、ご足労という言葉を自分の上司に使ったとしても問題はありません。

ただし、上司は目上の人とはいっても、ビジネスの場においては一応身内であるため、わざわざご足労という言葉を選ぶよりも、お疲れ様ですというカジュアルに使える表現の方が適切です。

むやみにかしこまった表現は逆に失礼となる場合もあることをきちんと理解し、状況と相手に応じて使い分けましょう。

目上の人以外にも使える

ご足労という言葉は、目下の人には使わないと勘違いしてはいけません。ビジネスの場においては、相手に敬意を表すことが重要なので、基本的に会社の外部の人には「ご足労」という言葉を使うことができます。

ご足労という言葉は、基本的に相手に敬意を表すための言葉です。そのため、社会的に地位があるなしにかかわらず、相手に敬意を表現したい場合に使える言葉です。

自分が足を運んだことに対しては使わない

「この度はご足労させていただきました」のように、自分に対してご足労を使うことはありません。

ご足労という言葉は、基本的に相手の行動に対して使う言葉であるため、自分の行動に対して使うのは間違いです。このような間違った使い方は相手に失礼となるため、注意しなければなりません。

関連した記事

ビジネスでの「ちなみに」の意味や正しい使い方

ちなみにという言葉はビジネス以外でも、普段の日常会...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「さしあたって」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において「さしあたって」という表現をす...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「理詰め」の意味と使い方・注意点など

「理詰め」という言葉を聞いたことがある人は多いです...

2019年08月09日, ビジネス用語