ビジネスの場における「タイムマネジメント」の言葉の意味と注意点・メリット

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネスマナー

ビジネスの場では、個々の社員に「タイムマネジメント」が求められます。タイムマネジメントといえば、スケジュール管理と思いがちですが、意味合いは大きく異なります。

「タイムマネジメント」はこれから多く耳にすることになるビジネス用語ともいえるため、しっかりとその意味を理解しておきましょう。

企業や社員の両方にとって多くのメリットがある「タイムマネジメント」。以下では、「タイムマネジメント」の言葉の意味と注意点、メリットなどをまとめてみました。

「タイムマネジメント」の言葉の意味

「タイムマネジメント」とは、目標達成のために時間当たりの生産性を高める時間管理のことを指します。

近年、長時間労働の是正が企業に求められており、その解決には個々の「タイムマネジメント」が不可欠とされています。

「タイムマネジメント」が使われる背景

「タイムマネジメント」を直訳すると「時間管理」となります。これまで、ビジネスマンに求められていたものは「スケジュール管理」でした。

しかし近年では、限られた時間の中で作業効率を上げていくことが重要だという考え方が重要視されるようになり、「タイムマネジメント」という言葉が頻繁に使われるようになっています。

「タイムマネジメント」の同義語

「タイムマネジメント」と全く同じ意味の同義語は存在しません。似た意味を持つ言葉としては「スケジュール管理」があります。

ただし、スケジュール管理が会議やプレゼンといった時間が定められている仕事だけを管理するのに対し、タイムマネジメントは「全ての仕事に対して時間の使い方を管理すること」になるため、意味合いは大きく異なります。

「タイムマネジメント」の反対語

「タイムマネジメント」の反対は「時間を管理しない、放任する」といった意味になりますが、的確な反対語はありません。

ただし、「時間を管理する」のではなく「時間がかかっても成すべきことの優先順位を管理する方が、仕事に対するモチベーションが上がる」といった考え方もあります。

「タイムマネジメント」を使う際の注意点

「マネジメント」という言葉には「管理する」といった意味があるため、「タイムマネジメント」というと「誰かに時間を管理される」と勘違いしがちですが、「タイムマネジメント」の本質は自らが時間を管理して生産性を向上させることです。

すなわち「タイムマネジメント」は、「自らが実践するものである」という点に着目して使うことが重要です。

「タイムマネジメント」を使用した文例

タイムマネジメントは誰かに管理されるものではなく、自分自身が時間を管理することですから、文例としては次のようになります。

「タイムマネジメントを徹底して、今日は早く退社するぞ!」

「能率を上げるにはタイムマネジメントをしっかりとしなさい。」

「タイムマネジメントを実践すればストレスから解消されます。」

「タイムマネジメント」のメリット

仕事に取り組む中で、常に時間に追いかけられている状態では、「やらされている」という感覚が強くなりますが、タイムマネジメントを導入することで、自らが時間をコントロールし計画的かつ主体的に仕事に取り組むことができます。

したがって、作業効率が上がるだけでなく、充実感が増しストレスからも解放されるといったメリットがあります。

仕事が効率的になる

ビジネスの場で「タイムマネジメント」という言葉が頻繁に使われるようになった背景には、限られた時間の中で効率よく仕事をおこなうことが、企業にとっても個人にとっても有益だと考えられるようになったからです。

長い間、日本では長時間労働が美徳とされてきましたが、今ではタイムマネジメントが実践できるビジネスマンこそが評価される時代になってきました。

コストカットにつながる

タイムマネジメントによって効率的に仕事が進むことで、長時間労働から抜け出し残業時間が短くなります。これによって、余分な人件費がカットされ、企業にとってはメリットとなります。

また、残業がなくなり社員の帰宅が早まれば、その分の光熱費などもカットされるでしょう。タイムマネジメントはこうした企業にかかるコスト面でもメリットがあります。

ワークライフバランスが取れる

タイムマネジメントにより無駄な時間や残業時間がカットされれば、それだけ余裕を持って働くことができ、プライベートな時間も確保することができるようになります。

家族との時間を多く過ごせるようになったり、気持ちがリフレッシュすることで、仕事に対しても前向きに働くことができるようになるでしょう。

残業時間が減りワークライフバランスが整えば、離職率を下げることにも繋がるため、企業にとってもメリットといえます。

「タイムマネジメント」のコツ

タイムマネジメントを実践するには「スケジュール(=時間が決められた仕事)」「タスク(=時間が決まっていない仕事)」「リソース(=自分が使える時間)」の3つの要素を管理することが必要です。

つまり、自分が取り組むべき仕事に優先順位を定め、「どの時間帯にどの仕事に取り組むべきか」を計画・実践することによって、同じ24時間でも作業効率が向上し、その成果に大きな差が出るという考え方です。

関連した記事

ビジネスの場における「リソース不足」の言葉の意味と使い方・例文

社会人になると様々なビジネス用語に触れ、これまで知...

2019年07月29日, ビジネスマナー

退職届を郵送するのはOK?郵送するときに知っておくべき注意点5選

退職届けとは、会社との労働契約を終了したいときに提...

2019年07月29日, ビジネスマナー

ビジネスの場における「リスク ヘッジ」の意味と使い方。正しい使い方をしよう

リスクヘッジは予測できない危険を回避するいう意味が...

2019年07月29日, ビジネスマナー