3月の転職をするメリットとは?転職が活発になる時期のなかでは、ライバルが少ない

3月の転職をするメリットとは?転職が活発になる時期のなかでは、ライバルが少ない

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

年度末を迎え、担当していた企画やプロジェクトが落ち着き、肩の荷が落ち着いた時期。

人事入れ替えや転勤などの話題が上るのも3月が多いでしょう。また査定面談の結果、給与が上がらず、転職を考える人もいるかもしれません。

3月に転職することのメリット・注意点は何があるのでしょうか?

3月の転職市場はどうなっている?

多くの企業が1,2月で、必要な人数を採用し終えていますが、3月でも企業の採用意欲が損なわれるわけではありません。むしろ採用に向けてラストスパートをかけている企業も少なくありません。

厚労省のデータによると、3月の新規求人倍率は、2.41倍。新規求人倍率というのは、ハローワークに申し込まれた求職者と、求人数を元に出されたデータのことを言います。2019年3月には1人当たり、平均して2.41件の求人数があるということです。

1月~3月は1年の中で最も中途採用が活発になる時期でもあります。転職を考えているなら、チャンスが多いこの時期に情報収集・時間の確保をおこない、転職活動に集中しましょう。

次転職時期が増え始めるのは、ゴールデンウィーク後です。早く転職をしたいのであれば、今動き出すのがいいでしょう。

3月に転職するメリットは?

4月入社に向けてラストスパートがかかっている3月。上手くいけば1ヶ月以内に内定をもらえてしまえる可能性もあるこの時期ですが、具体的にメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

ライバルが少ない

3月が転職におすすめな理由は、ライバルが少ないことにあります。年末年始の休暇を経て、自分のキャリアやライフプラン、やりたかったことを考え直した人の中には、すでに転職活動を終えている人もいます。

1年の中で転職が活発になり、求人数が増えている時期のなかでも、比較的ライバルが少ないため、転職活動がしやすいと言えるでしょう。

企業としても、採用予算を使い切りたかったり、社員の人数を充足させたいと考え、採用意欲はとどまっていないことが多く、むしろラストスパートをかけている状態とも言えます。

研修などの合理性を考え、年度始めの4月に入社してほしいと考える企業も多いため、事が運べばあっという間に就職できる可能性も高いです。

年度末で退職しやすい

また今いる職場の企画などが落ち着き、退職がしやすいといのもメリット。担当タスクが残っている状態では、退職もしにくいですが、一段落ついているこの時期であれば、周囲もすんなり納得してくれるでしょう。

また4月入職できれば、ボーナスを満額貰える可能性も高いです。

3月に転職するときの注意点

3月に転職をするときのデメリット・注意点もあります。ボーナスや仕事のスケジュールを逆算して、いつ新しい会社に入りたいかを決めた上で、転職活動を始めるのがベストでしょう。

なるべく早めに動くこと

3月の後半に差し掛かると人事が多忙になり、面接などのスケジュールが組みにくくなることが予測されます。働きながら転職活動をする人は注意が必要でしょう。確実に転職をしたいという人は、少しでも早めに行動することをおすすめします。

人事が多忙というだけあって、扱いが粗雑に感じてしまうこともあるかもしれません。先方も忙しいのだということを理解し、モチベーションを下げないようにしましょう。

また退職する会社にも早めに辞める意志を伝えておかないと、新チームに配属される可能性もあります。辞める決心がついているのであれば、3月半ばには上司に話をしておきましょう。

4月入社が難しい可能性もある

エン・ジャパン株式会社が2018年におこなった調査によると、30代~50代のミドル層が転職をおこなった活動期間は、1ヶ月以内:8%、1~2ヶ月程度:17%、3ヶ月程度:27%、半年程度:31%となっています。

そのためスムーズに話が進めば、4月に入社することができるかもしれません。

とはいえ、転職は半年近くかかるのが一般的。6月・7月の入社になってしまう可能性があることも視野にいれて転職活動を進めていくようにしましょう。

転職するならプロのエージェントに相談するのがおすすめ

個人での転職活動は、自由に動くことができる反面、失敗しやすいということもあります。

確実に転職を成功させたいという場合は転職エージェントを活用するのも1つの手です。転職エージェントとは、人材紹介サービスのことです。給料面での交渉を行ってくれたり、面接や見学の日程調整を行ってくれたり、中には就職お祝い金を出してくれるところもあります。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

36歳の転職を成功させる方法:失敗しない転職方法を紹介!

一般的に、36歳になると責任のある仕事を任されたり...

2019年07月29日, 転職

55歳の転職を成功させる方法:男性も女性も失敗を避けるコツとは

高齢社会となった現代では、55歳はまだまだキャリア...

2019年07月29日, 転職

飲食業から転職する前に知っておくべきこと。専門的知識が豊富で他業種への転職は難しい?

厚生労働省が平成28年度におこなった雇用動向調査に...

2019年07月29日, 転職