社会人2年目の転職事情。第二新卒で需要はあるが、軽はずみに転職すると失敗する

社会人2年目の転職事情。第二新卒で需要はあるが、軽はずみに転職すると失敗する

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

世間一般に3年間はそこで働くようにと「3年ルール」のようなものが浸透している中、どうしても2年目で転職を考える人も少なくありません。

辞めるのには、さまざまな理由がありますが、2年目で転職するのは非常に早い決断です。こうした早い決断に至るにはどういった理由によるものなのか、またそのメリット・リスクはどういったものになるのでしょうか?

社会人2年目の転職事情

2年目という早い段階での転職を考える理由はいくつかあります。

転職を決意すると、止められることが多い時期ですが、必ずしも本人側のわがままだけではありません。

パワハラ、セクハラ問題・契約内容と実際の業務内容が異なるなどの会社側との問題。人間関係が上手くいかない・仕事が上手くいかないなどの本人の問題による、転職決断が大きいでしょう。

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる会社へと入った人なら、むしろ早くに転職の決断をするべき。過度な業務をさせられたり、またセクハラやパワハラを日常的に見てしまう方は精神的にも転職することを考えるべきです。

入社1~2年目の新卒の離職率は約3割にものぼる

厚生労働省が発表した離職率の調査では、入社1~2年目の新卒の離職率は約3割。20歳以上では最も高い割合となっており、このタイミングが最も転職を考えさせられる時期なのかもしれません。

また社会人2年目は、「吸収の時期」でもあります。キャリアを積んだ人よりも、会社としては使いやすいでしょう。とくに今は若手の売り手市場ですから、身の丈に合わないなどの場合を除いて転職はまず有利になっています。

社会人2年目で転職するべき?やめるべき?

うまく馴染めない、給与が上がらない、そんな不安を抱える人は多いでしょう。また同期が評価されているに、自分が昇進しないと、存在価値を見失ってしまう場合もあります。

さらに「社会人は、最初の3年でこの後が決まってくる」など、上司からの期待が重荷になってしまうことも。

社会人2年目での転職は悪ではありません。実際2年目で退職している人も多くいます。ただし、辞める理由を論理的な説明ができないまま退職してしまうと、転職時に躓く可能性があるため注意が必要です。

2年目で転職するメリット

会社に勤めて2年目というは、ベテランでも新人でもありません。転職には少々早い気もしますが、必ずしも悪いことだけではないのもまた事実。2年目の転職にもメリットというものがいくつか考えられ、場合によっては早めの決断が吉となることもあります。

そんな2年目転職のメリットは、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 第二新卒扱いになりまだ需要がある
  • それまでの会社に染まりきっていないので、新しい会社でも馴染みやすい
  • 前回の失敗を活かせる

学校卒業から1年~3年の新卒求人者を第二新卒と言います。第二新卒者はまだまだ世間的にも働き口が多く需要があります。また前回よりも良い環境の職場を探すこともでき、前回の失敗をバネに新しい活躍が期待できるでしょう。

2年目で転職するデメリット・リスク

上記でも紹介してきたように、2年目で転職するには、それなりのリスクがあります。

  • 「辞めた」という事実がレッテルとなる
  • 多少なりともキャリアアップに影響が出る
  • 良い環境の職場を見つけられるとは限らない

いかなる理由でも一度辞めたという事実が変わることはなく、会社によってはその事実がデメリットになってしまうこともあります。

まったくの新人というわけではありませんが、多少なりとも社会常識を身に着けていると判断され、ある程度の能力を要求されることもあるでしょう。また前回よりも良い場所を求めていたにも関わらず、結局同じ様な環境に再度務めてしまう可能性も0ではありません。

社会人2年目が転職活動を成功させるためのポイント

社会人2年目で転職をするのは悪ではありません。しかし採用時に「なぜ短期間で辞めることを選択したのか?」は絶対に聞かれます。返答によってはマイナス評価に繋がることもあるでしょう。

社会人2年目が転職活動を成功させるためにはどういった行動を取ることが大切なのでしょうか?

転職する理由は明確にしておくこと

希望していた仕事ができない・会社に不安を感じるなど、漠然な理由で転職することはおすすめしません。自分に合う企業を探すのも難しいですし、面接で「うちに入社しても、何かあったらすぐに辞めそうだな」と思われてしまうことが多くなります。

労働時間が毎月60時間以上だったなど、辞める理由を明確にしたうえで、転職を始めましょう。

ポテンシャル・第二新卒採用の選考を受けること

社会人2年目である23~24歳は、今後の成長を見越してポテンシャル採用されることが多くなります。また学校卒業後1年~3年の人しか受けることができない第二新卒採用は、選考を受ける母数が減ります。

ポテンシャル・第二新卒採用の選考を受けることで、新卒では内定をもらえなかった大手企業に入社できる可能性もあるでしょう。

たとえ学生中にインターン生として働いていた経験があっても、経験職採用を受けるのはおすすめしません。スキルよりも、今後の成長と若さで勝負するのが合理的です。

未経験業界にいくなら今のうち

社会人2年目が転職する場合、決して今までと同じ業界にいく必要はありません。20代であれば、未経験業界への挑戦も難しくはないでしょう。ある程度社会人経験がある社会人2年目は、企業からの需要が高い人材でもあります。

ただし30歳を超えると、未経験求人が一気に減ります。

もし今の業界に疑問を感じているのであれば、なるべく早いうちに異業種へ転職したほうが成功率が上がります。

社会人2年目が転職活動をするとき注意するべきこと

一度辞めるということは再び会社を探し応募するということ。既に就職活動の経験があるので大きく戸惑うことはありませんが、一般的な就職活動とは違い転職活動ならではの注意点というものが存在します。

入面接時に前職の愚痴は言わないように

面接時に前職を辞めた理由を問われる際、素直に理由を伝えようとしてもついつい不満や愚痴となってしまう人もいるでしょう。しかしいかにブラック企業だとしても、会社の悪口を口にするのはあまり良い印象ではありません。

嘘をつく必要はありませんが、前向きな意見を交えて前職のことを話してみましょう。

前職と同じ職種は難しい場合も

前職と同じ職種を探す人は非常に多いでしょう。しかし「それならもう少し経験を積んで転職すれば」とアドバイスを受けることになるかもしれません。

せっかく心機一転、転職を考えるのなら前職とは違った職種も検討してみましょう。第二新卒はまだまだ需要があるので難しくはないはずです。

条件を明確にしておこう

前職と同じ職種を選ぶ場合、会社の環境等、条件をよく調べておくことが必要です。環境の良いところを探しているのに何も変わらなかった、なんてことにもなり兼ねないうえ、転職すれば必ずしも良い環境の会社を見つけられるとも限りません。

改めて条件を確認し、明確に自分の求めるものを見つけておきましょう。

まずは転職サイトで可能性を

2年目で転職するのであれば、失敗しないためにも、転職エージェントを頼ったほうがいいでしょう。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

正社員から契約社員になるには?自分のライフスタイルに合わせて、働き方を考えよう

総務省の労働力調査によると、2017年の正規雇用者...

2019年07月29日, 転職

38歳の転職を成功させる方法。スキル・経験を過信しすぎてハードルを上げすぎるのは危険

「35歳転職限界説」といった定説が、転職業界にはあ...

2019年07月29日, 転職

36歳が転職を成功させるコツ。価値観が近しい企業を見つけるのがポイント

転職業界には、「35歳転職限界説」といった定説があ...

2019年07月29日, 転職