未経験から営業職へ異動することになったらどうしたらいい?転職方法も紹介

未経験から営業職へ異動することになったらどうしたらいい?転職方法も紹介

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

社会人になれば、異動を命じられることもあります。会社の業績や戦略によっては、経理から営業職などに異動になることも珍しくはありません。

未経験の職種でも依頼を受けることがあるかもしれません。もしいきなり営業職へ異動になった場合、どうしたらいいのでしょうか?

未経験から営業職へ異動することになったらどうしたらいい?

基本的には、会社からの異動命令に背くことはできません。そのため営業職に異動になったら、たとえ未経験でも挑戦をしなくてはいけないことになります。

会社としてビジネスを成り立たせるためには、お金は必要不可欠なものになります。営業はお金を稼ぐメインチームです。

もしあなたが会社全体を見通すことができるゼネラリストを目指すのであれば、たとえ未経験でも営業を経験しておくことに損はありません。

ただし一本の道のみ極めるスペシャリストを目指すのであれば、異動を断って転職するのも1つの方法です。

営業に異動するメリット

営業に異動するメリット・デメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。以下ではまず、メリットから紹介します。

稼ぎ方を知ることができる

ビジネスとして成り立たせるためには、収益化させることが大前提になります。

なにかに特化したスペシャリストになる場合を除き、営業職のスキル・経験を身に着けておくことは非常に重要なことです。

商売というものを間近で感じることができるため、お客さんのニーズヒアリングなどにも役立てることができます。どんな業務をおこなうにしても営業スキルは生かすことができるため、最近では新卒1年目は必ず営業体験をさせる企業も増えています。

コミュニケーション能力が上がる

事務から営業に転職するメリットとして挙げられるのは、会社の外の人と頻繁に合う機会が増えるので、コミュニティーを広げ、人とうまく付き合っていく術を身につけることができます。

人との付き合い方やうまくコミュニケーションを取るノウハウは一生使えるものです。営業の仕事を経験することで、見えてくる世界も広がるでしょう。

やりがいを感じられる

営業の仕事は会社の売上と直結しているので、実際に会社の役に立っているというやりがいを感じられます。また、自分が売り上げたサービスや製品で人の生活が改善したり、問題が解決したりすると喜びを感じられます。

このようなやりがいは営業職ならではのものと言えるでしょう。

商品に関する知識が増える

営業の仕事は実際にお客様と接することが多いので、会社の製品についてよく知っていなければならず、商品に関する知識も増えやすいというメリットがあります。

営業で得た知識は実際の社会に直結していることが多いので、生活でも役立てることができるでしょう。

営業に異動するデメリット

では、次に営業に異動するデメリットを紹介します。

ノルマに追われる

営業はノルマを課されることがほとんどです。ノルマがそのまま仕事の評価に繋がっているため、ほとんどの営業職の方が必死にノルマ達成を目指して仕事をします。

ノルマを達成するために、時間外に業務をすることも珍しくありません。

残業が長くなる

事務から営業に転職するデメリットとして挙げられるのは、残業が長くなる可能性があるということです。

事務職にももちろん残業はありますが、営業の場合はお客様対応のために突然残業になってしまう場合が多いと言われています。

また、その日の売り上げがノルマに達していないと残業して売り上げをノルマまでもっていくこともあります。

休日が潰れてしまうことも

土日が接待になってしまう可能性もあるため、その場合には休日が潰れてしまうという点がデメリットです。

取引先やお得意様との接待は仕事に大きく影響するため、よっぽどのことがない限り断れないでしょう。

営業職に向いている人

では、どのような人が営業職にむいているのでしょうか。以下では営業職に向いている人を紹介します。

サービスを直接お客様に提供するのが好きな人

営業職に向いているのは、サービスを直接お客様に提供するのが好きな人です。事務職はどうしても会社内でのやり取りが多くなりますが、営業職では会社の外部の人とコミュニケーションをとる機会が多くなります。

その結果として、自分の会社のサービスをお客様に提供できたときに、喜びを感じることができる人は、事務から営業に転職するべき人材です。

仕事が好きな人

とにかく熱心に仕事がしたいという方や、会社の外で積極的に活躍したいという人は営業職に向いています。

仕事のためならある程度はプライベートを犠牲にしてもいいという人や、成果主義に向いている人は営業で活躍できるでしょう。

営業職への異動を辞めて、転職をするなら…

営業職への異動を辞めて、転職をするなら転職エージェントがおすすめ。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

10月転職をするメリットとは?人事サポートを受けやすい時期で、人間関係も構築しやすい

10月は下半期がスタートする時期。下半期のスタート...

2019年07月29日, 転職

社会人6年目の転職事情。同業種なら、キャリアアップが期待できる

社会人6年目は、23歳で新卒になっていれば29歳。...

2019年07月29日, 転職

パイロットに就職するためには・なるには?社会人は自費で免許を取る必要あり

パイロットはいつの時代も男の子の憧れの職業です。ず...

2019年07月29日, 転職