44歳の転職を成功させる方法まとめ:管理職をしていると有利!

44歳の転職を成功させる方法まとめ:管理職をしていると有利!

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

一般的に44歳というと、部下も増え、会社の中でも重要な役職を任せられるなど、一定の地位を手にしている人も多いでしょう。

ただ、その中でも転職を考えている人も多いはずです。

今回は44歳の転職でつまずきやすいポイントや、転職を成功させるためにはどのようなことに気をつけなければいけないのかということを紹介していきます。

また、44歳で転職活動を失敗しないために、転職サイトを活用することをおすすめします。転職サイトの中でも特におすすめなのが、リクルートエージェントです。

無料登録すると、一般では公開されていない非公開求人にアクセスできるほか、専任のキャリアアドバイザーからの徹底したサポートを受けられるので、転職初心者でも安心して転職を探すことができます。

ぜひ一度、チェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

44歳の転職事情

まずは44歳の人が転職する前に知っておくべき基本情報を押さえておきましょう。

実績の有無で待遇が異なる

44歳の人材がポテンシャルを評価されることはありません。44歳の場合は完全に能力で評価されるので、過去の実績がそのまま人材の評価に直結します。

よって、現在勤めている会社で十分な成果を出していたり、希少性の高い資格を持っていたりすると、転職によってさらなるキャリアアップを望めます。

逆に過去のビジネスパーソンとしての実績が少ない場合には、若い人と比べて選考で不利になるか、あまり条件のよくない仕事に就かなくてはならないことを覚悟しなくてはなりません。

リスクとメリットがある

44歳の転職では、転職に伴うリスクとメリットがあります。

まず真っ先に考えられるリスクとしては、そもそも転職ができずに転職活動が無駄に終わることです。

先述したように、44歳の転職活動では過去の実績が評価項目として重要になりますが、十分に大きな成果を上げている人材のもとには自ら転職活動をしなくても転職のオファーが届くので、そうでない人が転職によってキャリアアップをするのは難しいでしょう。

この構造に気づかずに転職活動をすると、条件のよい転職先を見つけることができず、条件のよくない転職をする意味もないため、結局転職活動が無駄になってしまいます。

一方で、44歳で転職をすることにはメリットもあります。それはこれまでと違った環境に身をおくことによる成長や、望んだ仕事をできるという喜びを得られるということです。

会社員人生が残り20年程度と考えた時に、望んだ仕事をできずに後悔する事態を起こさないために転身をするとしたら、40代中盤というタイミングはラストチャンスに近いでしょう。その意味では、すぐにでも転職活動を始めたほうがいいと言えます。

44歳の転職希望者がつまずく原因

44歳の転職は、決して不可能な訳ではありません。ただ、つまずいてしまう原因があります。

では44歳の転職希望者がつまずくのにはどういった原因があるのでしょうか。以下で具体的に紹介します。

1.上司や部下への相談が遅れてタイミングを逃す

よくありがちな失敗例として、直属の上司や部下へ退職の話をなかなか切り出せず、転職しやすいシーズンを逃してしまうパターンです。

年度や半期決算を迎える春や秋、夏と冬のボーナス時期など、年に数回、中途採用の求人が増えるタイミングがあります。

優良企業の非公開求人も増えるため、転職を考えるなら絶対に逃したくない時期です。

できるだけ上司を納得させるためにはしっかりと説明をすることが大切です。そのためにはまず、なぜ転職したいのかを自分自身ではっきりと把握しておくことがポイントとなるでしょう。

2.転職活動が長引くことを想定していない

ハローワークで失業手当を申請しても、自己都合退職の場合、お金が振り込まれるのは手続きをしてから約3ヶ月後となってしまいます。

また、もらえるといっても最低限の生活ができる程度の金額です。40代で養うべき家族がいる人にとっては死活問題です。

長引くことを想定しておいて、仕事を続けながら転職活動をしましょう。

また、早めに情報を集めておくなど、事前の準備も必要です。

3.安易な考えで企業を選んでしまいがち

転職活動では書類選考を突破できるかどうかが最初の壁になります。きちんと考えながら進めていかないと、面接に進むことすらできなくなってしまいます。

運よく内定をもらえたとしても、思っていた仕事と全然ちがった…と、すぐに転職活動を再開することになる場合もあります。

給与や雰囲気だけで転職先を選ばないように、広い視野を持つことが大切です。

せっかく転職活動をするなら失敗しないために、しっかりと自分が転職したい理由と就きたい仕事を検討しましょう。

4.面接で突っ込んだ質問をされて答えられない

「あなたの強みや長所を弊社でどのように発揮できますか?」「あなたを採用することのメリットは何ですか?」などの少々ひねくれた質問が飛んできたときも適切に回答することができるかどうかも採用のポイントです。

面接で一番やってはいけないのは、突っ込んだ質問をされてフリーズをしてしまうこと。どれだけ素晴らしい経歴を持っていたとしても、グダグダの面接で終わってしまえば内定を勝ち取ることはできません。

予め聞かれることを予測したり、練習したりしておくといいでしょう。

5.職務経歴書の書き方がわからず落とされる

あなたの経歴やスキルを適切な形で落とし込めているかどうかで採用が決まります。

職務経歴書の書き方で悩んでしまう人は、転職エージェントをうまく活用しましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、仕事柄たくさんの職務経歴書に目を通しています。

どういった職務経歴書は落とされて、どんな書き方をすれば通りやすいのか、貴重なノウハウをたくさん持っているので、利用しない手はありません。

転職エージェントでおすすめなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントに無料登録すると、専任のアドバイザーが自分の希望に合った求人から書類の添削、面接対策まで徹底的にサポートしてくれます。

ぜひ登録して活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

44歳の転職が成功する理由

上記の通り、44歳の人は必ずしも転職ができないわけではありませんが、困難はあるようです。ただ、44歳に限っては、転職成功の確率は必ずしも低いとは言えません。

それではなぜ成功率が高いのでしょうか。その理由を以下で紹介します。

1.長期的な視点から見ても雇いやすい

新卒で雇っても数年間で辞めてしまう人に比べて44歳の転職希望者は、採用して企業に成果を残せる可能性がはるかに高いと言えます。

44歳であれば、定年退職まで少なくとも16年あり、長く働いてくれると考える企業が多いのです。

2.管理職や上の立場の経験がある

44歳は、20代・30代の社員を率いるのには最も適した年代と言えます。

管理職の経験があるとさらに有利となるようです。

3.新規部署やプロジェクトの立ち上げを任せられる

管理職としてもプレイヤーとしても働ける44歳というのは、新たな事業の立ち上げにはもってこいの人材です。

また、今まで他社で働いていた人材ですから、会社に新しい風を吹かせてくれると期待されるでしょう。

4.50代よりも吸収力が高く使いやすい

44歳は50代に比べると、物事を柔軟に考え、吸収力も高いと考えられており、新しい環境でも順応できやすい年代といえるのです。

50代になるとほとんどが自分より年下になるため、自分が転職してきた新人にもかかわらず、多少のプライドがあり態度が大きくなる人が多いそうです。自分より年下の人でも先輩だということを忘れずに接することが大切です。

まとめ

以上見てきたように、40代半ばとなる44歳の転職は、厳しいようでしっかりと準備すれば、失敗することはありません。

転職を本格的に検討しだした時点で、上司に相談しておきましょう。善は急げです。タイミングを逃すして後悔するより少し勇気を出して相談すれば、自分が輝ける職業に移ることも可能なのです。

また、自分の転職動機もはっきりと把握して、人に伝えられるようにておくことも大切です。

さらに、転職エージェントも転職活動において大いに役に立つでしょう。

転職エージェントでおすすめなのが、リクルートエージェントです。

無料登録すれば、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、自分の強みを分析してくれます。また、各業界の詳しい情報を教えてくれるだけでなく、相談に乗ってくれます。

ぜひこの機会に登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

社会人2年目の転職事情。第二新卒で需要はあるが、軽はずみに転職すると失敗する

世間一般に3年間はそこで働くようにと「3年ルール」...

2019年07月29日, 転職

2月の転職市場をするメリットとは?1年のなかで、転職市場が最も活発になる時期

2月は年度末が近づき、手がけているプロジェクトや企...

2019年07月29日, 転職

自分にあった職業を見つける方法

巷にあふれた就活サイトや転職コンサルやアドバイスサ...

2019年07月29日, 転職