29歳の転職を成功させる方法:未経験業種にチャレンジするならラストチャンス

29歳の転職を成功させる方法:未経験業種にチャレンジするならラストチャンス

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

一般的に29歳というと、新人のころと比べて、できる仕事の幅も広がり、仕事にも慣れてきたころでしょう。

そのような時期に差し掛かると、今の仕事を続けていていいのかといった葛藤が生まれてきます。同時に結婚・出産などのライフイベントが発生する時期でもあり、どのような選択がベストなのかを考えることが非常に難しいタイミングです。

そこで、今回は30代目前、29歳での転職を成功させる方法について紹介します。

29歳の転職で気をつけるべきポイント

29歳は、30代と比べてキャリアが問われることもなく、求人の数や種類も多いです。

ただ、転職するからには自分の希望に合う企業に就職したいものです。では、29歳の転職は、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。以下で紹介します。

未経験業種にチャレンジするならラストチャンス

未経験業種にチャレンジしてみたいという人も多いでしょう。未経験の業種にチャレンジしようと思うと、29歳がラストチャンスとなります。

30歳から未経験業種へ転職しようと思っても、定年まで残りの時間が少なく、0から専門知識やスキルを習得しなければなりません。こういった背景から、30歳を超えると、未経験というだけで応募不可能となってしまいます。

そのため、未経験業種にチャレンジするなら29歳がラストチャンスとなるのです。

転職先での出世の可能性が低くなる

29歳から転職を考えている人の中には、転職先での出世を期待している人も多いでしょう。もちろん出世できる可能性はありますが、中途採用で入社すると、他の人間に比べて入社時期で出遅れているため、出世の可能性は低くなります。

そのため、転職先での出世の可能性は低くなることに留意しておきましょう。

働きながら転職活動を行うことになる

29歳で、応募可能な求人が多いといえども、勤めている会社を辞めて、無職で転職活動を行うのはリスクが高すぎます。29歳となると、家庭を持っている人もいるでしょう。

その中で、無職、無収入のまま転職活動を行うと、余裕が持てず、焦って転職先を決めてしまうことにもなりかねません。

時間は限られてきますが、有給などをうまく利用して働きながら転職活動を行うようにしましょう。

29歳の転職を成功させる方法

では、どのような方法を取れば29歳での転職を成功させられるのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

転職動機を明確に把握する

29歳の転職は求人数も多く、なんとなくで転職先を決めてしまいがちです。ただ、なんとなくで転職先を決めると、採用後に今と同じような悩みを抱えて再び転職を検討することにもなりかねません。

そうならないために、自分はなぜ転職したいのか、どのような会社でどのような職に就きたいのか、といったように、できるだけ詳しい転職動機を自分自身で把握しておくことが大切です。

そうすることで、企業にアピールしやすくなります。転職活動もスムーズに進められるでしょう。

転職エージェントを活用する

転職活動を行う際には転職エージェントを利用することをおすすめします。多数の求人情報に一気にアクセスできるのが、メリットです。

また、数ある転職エージェントの中でも特におすすめなのが、リクルートエージェントです。このサイトに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが、業界トップクラスを誇る大量の求人の中から自分の希望に合う求人を紹介してくれます。

それだけでなく、企業への提出書類の添削、面接対策、自分ではなかなかしづらい待遇や給与面の交渉まで行ってくれます。徹底したサポートが受けられるので、転職活動を経験したことがない人も、安心して進められるでしょう。

登録は無料ですのでぜひこの機会にチェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

周りに相談してみる

29歳であれば、学生時代の友人ともまだ交流があるという人も多いでしょう。そういった人脈を活用するのもひとつの手です。まずは、周りに自分が転職先を探していることをアピールしましょう。

そうすることで、自然と転職に関する情報が入ってくるようになります。また、そういった情報は、実際に働いたことのある人から寄せられるため、他では得られない生きた情報を得ることができます。

友人経由の転職方法をリファラル転職といいますが、友人の気質を知っていれば風土・労働環境面でのミスマッチが少なくなる上に、面接までの選考ハードルが低く、気軽に話を聞く機会を得ることができるできるので、是非利用を検討したい転職方法となっています。

また、最近はソーシャルメディアを利用した転職も活発になっており、フェイスブックやツイッター、リンクトインなどのサービスに転職意向があることを記載しておくと声がかけられることもあります。

関連した記事

2月の転職市場をするメリットとは?1年のなかで、転職市場が最も活発になる時期

2月は年度末が近づき、手がけているプロジェクトや企...

2019年07月29日, 転職

アパレル店員はきつい・転職したい。憧れと現実とのギャップが大きい。

最新の流行を笑顔でお客さんに提案するアパレル業界で...

2019年07月29日, 転職

39歳で転職を成功させる方法:信頼できる転職エージェントも紹介

39歳は自分の人生を見つめなおす時期でもあり、40...

2019年07月30日, 転職