45歳の転職を成功させる方法。転職は不可能ではない、マッチング度の高い企業を探そう

45歳の転職を成功させる方法。転職は不可能ではない、マッチング度の高い企業を探そう

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

リクナビNEXTの2017年発表によると、40代で転職を経験したことがある人は、62%にも及びます。そしてdodaの2018年調べを見てみると、40代以上の転職成功率はおよそ14%となっています。

一般的に45歳は、会社でも重要な役職を任されたり、部下がいたり、ある程度安定した地位に立っている人も多いでしょう。

そんな45歳は、決して転職をできないわけではありません。しかし働き方や価値観を今から変えることは難しいため、相性のいい企業を見極めて入社を決断することが大切になります。

45歳が転職を成功させる方法を見ていきましょう。

45歳の転職事情

45歳の転職事情は、明暗がくっきりしていると言われています。理由としては、管理職として即戦力採用されるパターンも多くなってきたからです。

ひと昔前は20代の転職がほとんどで、35歳が転職の頭打ちと言われていましたが、売り手市場と人材不足が相まって、企業側もスキルと実力があれば年齢は問わないという姿勢が当たり前になっています。

つまり45歳であっても、実力が伴い企業とマッチングすれば転職は可能な時代だということです。もちろん100社申し込んで1社も面接にたどり着けないということもあるため、相当の覚悟をもって転職に臨まなくてはいけません。

45歳の転職で注意するべきポイント

実力が伴って、企業とマッチすれば45歳でも転職は難しくないということを紹介しました。

ただ45歳は、転職で言えば高齢です。若手と違い簡単に転職できるわけでもありません。以下では、そんな45歳の転職で気をつけるべきポイントを紹介します。

大企業への転職は厳しいということを知っておく

多くの大手企業では、中途採用は35歳までという規定が設けられているため、45歳から大手企業への転職は厳しいでしょう。

また、もしそういった規定がない場合でも企業の募集に対して、応募が殺到します。中途採用の場は特に、将来性のある若手が優先的に採用されるでしょう。

転職に対するリスクを知っておく

転職がもし失敗した場合のことも考えておきましょう。

45歳となると、家庭を持っている場合も多いはずです。その際は、収入の面などしっかりとリスクを知ったうえで対策をとる必要があります。

基本的に現職に在籍しながら転職活動を進めていくことになりますが、万が一転職活動がばれた場合のリスクも考えて行動するようにしましょう。

また、退職してから転職活動をするという場合は、リスクへのさらなる対策を練る必要があるでしょう。

転職先での出世は難しいということを知っておく

45歳で転職する場合、転職先での出世は厳しくなることに留意しておきましょう。中途採用で入社することになるため、当然他の人間に比べて入社時期が遅れてしまいます。

相当突出したスキルや知識を持っていない限り、転職先での出世は難しいです。

転職動機を明確に把握しておく

何故自分が転職を考えるようになったか、今一度理由をはっきりさせてみましょう。

ぼんやり転職先を探していてもなかなかいい企業が見つからなかったり、採用されなかったりします。また、運よく採用されたとしても、以前と同じような悩みをかかえ、再び転職を検討するということにもなりかねません。

そうならないためにも、なぜ転職したいのか、自分はどんな仕事に就きたいのかをできるだけ明確に把握しておくことが大切です。

そうすることで、企業にもアピールしやすくなるため、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

転職に悩んだ時は、転職のプロを味方につけよう

転職に悩みはつきものです。もし転職で悩みが出てきてしまったら、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめ。

キャリアアドバイザーは転職のプロです。内定が出るまでしっかりサポートをしてもらうことができるでしょう。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

45歳の転職を成功させる方法

45歳での転職を成功させるには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。以下で紹介します。

転職動機を明確に把握しておく

ぼんやりと転職活動をしていても、自分に合った転職先はなかなか見つかりません。見つけられても選考で落とされたり、運よく採用されても、また同じような理由から転職を検討し始めるということにもなりかねません。

そうならないためにも、なぜ自分は転職したいのか、どういった企業、どういった仕事に就きたいのかをできるだけはっきり、自分自身で把握しておくことが大切です。

また、そうすることで、企業へアピールしやすくなり、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

周りを頼ってみる

45歳となると、若手の頃とは違ってある程度人脈は広がっているでしょう。そういった人脈を活用するというのも1つの方法です。

まずは、周りに対して転職先を探していることをアピールしてみましょう。そうすることで、自然と転職に関する情報が流れてきます。

また、そういった情報は実際に働いた経験のある人から流れてくるため、ネットなど、他では得られない生の情報を得ることができます。

企業に直接応募してみる

企業に直接応募してみるという方法もあります。ほとんどの企業は求人を転職サイトやリクルートサイトに預けています。企業側が公式サイトに採用情報を載せているにも関わらず、見られることが少ないからです。

そのため、企業に直接応募することで、アピールすることができます。大量に届く転職サイト経由の応募とは違い、直接応募すると書類にじっくり目を通してもらうということもあるでしょう。

また、45歳に対して求人を行っていない企業も多いですが、そういった企業に直接問い合わせてみることで、採用の場を設けてくれることがあるかもしれません。

気になる企業があれば、まずはコンタクトを取ってみましょう。

関連した記事

9月に転職をするメリットとは?転職市場のピークと言っても過言ではない

9月は年間を通して、最も中途活動が活発になる時期と...

2019年07月29日, 転職

やりたい仕事わからないときの対処法。本当につらくて逃げ出したいときは逃げてもいい

厚生労働省の就活・転職調査によると、やりたいことが...

2019年07月29日, 転職

シール貼りの内職を始める方法。上手な仕事の見つけ方とは?

内職と言ってすぐ思い浮かぶもののなかに「シール貼り...

2019年07月29日, 転職