保健師になるには?患者のことを第一に考え行動できる、責任感が強い人に向いてる職業

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

保健師は、性別や年代関わらず、さまざまな人の健康を支えるの職業。

看護師は、病気になった人の回復を支えるのが仕事になります。それに対して保健師は、病院・学校・企業に勤務し、病気になる人が1人でも少なくなるよう「対策」をおこなうのがメイン業務です。

そのため保健師として働くためには、保健師免許はもちろん、看護師免許の資格が必要になります。看護師の上位資格になるため、人々の健康を守る、予防治療のエキスパートといえるでしょう。

今回はそんな、保健師になる方法を紹介します。

保健師の仕事内容とは

保健師は病気の人だけでなく、子どもから高齢者までさまざまな年代の人の健康をサポートする仕事です。

保健所や保健センターなど地域での活動だけでなく、企業や学校、医療機関など活躍の場は幅広く、ストレス社会である現代においてやりがいのある仕事であるといえます。

保健師は全体の約7割程度が、都道府県・市町村等の地方自治体で働いています。所属部署でいちばん多いのは、保健所や保健センターで、その地域住民の健康を守る専門職として活躍しているのです。

保健師になるためには

保健師になるには、保健師の国家試験に合格することが必須です。この保健師国家試験を受けるためには、看護師資格の取得が必要になります。

看護師の資格を取得したあとに、課せられる条件をクリアした人のみ、保健師国家資格の受験資格が与えられます。

その後、保健所・保健センター・企業・病院・学校に務めることで、保健師として活躍していくことができます。

保健師課程に進み、試験を受ける

看護師免許を取得後、保健師の受験資格を得るには、下記3つのいずれかを満たす必要があります。

  • 文部科学大臣の指定した学校で6ヶ月以上、保健師になるのに必要な学科を修める
  • 厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業する
  • 外国の保健師学校を卒業、または外国の保健師免許を持った方は、受験資格をもと能力があると判断される

看護系の短期大学や専門学校は大体3年間で看護師国家試験に臨むことができます。保健師になりたい場合は、看護師国家試験に合格した後さらに1年間の保健師養成過程に進むか、大学の保健師養成過程などへ編入することになります。

看護師免許取得後、保健師養成過程を修了すると保健師国家試験に臨むことができます。保健師養成過程は、学習やレポートが非常に難しいといわれています。学校の講義にしっかりとついていくことできれば、合格を手にできるでしょう。

現時点で、看護師免許がない場合はダブル取得を目指そう

現時点で看護師資格を取得していない場合は、保健師・看護師免許のダブル取得が可能な4年制の大学・専門学校への入学をおすすめします。学校を選ぶさいは、看護師養成だけでなく保健師に必要な学科も取得できるかどうかを調べて入学しましょう。

東京医療保健大学・つくば国際大学・杏林大学・東邦大学・川崎医療福祉大学などの、保健看護学科や看護学科では、保健師・看護師免許のダブル取得に向けた勉強ができます。

ただし、2つの国家試験とも合格しなければ保健師の資格は得られません。ダブル受験をする場合は、どちらの試験対策にも時間を確保することが求められます。

保健師の国家試験の内容・時期

国家試験の科目は、公衆衛生看護学・疫学・保健統計学・保健医療福祉行政論の4つです。試験概要は、毎年8月初めに厚生労働省より発表され、試験本番は2月になります。

試験科目は、公衆衛生看護学、疫学、保健統計学および保健医療福祉行政論から出題されます。一般問題と状況設定問題から構成され、一般問題が75問、状況設定問題が35問、全部で110問出題されます。

一般問題が1問1点、状況設定問題が1問2点の配点ですが、年度によって多少変動があります。60%以上得点できれば合格となります。

過去5年の合格率は80%後半~90%となっていますが、決してレベルが低いということはありません。保健師国家試験を受けるためには看護師国家試験にも合格する必要があるため、保健師国家試験を受験する段階では、すでに一定の知識を身につけているということで合格する人が多いですが、試験は年に1度しか実施されないので、不合格になると1年待つことになってしまいます。そのため試験対策はしっかりおこないましょう。

厚生労働省のHPから過去問を見ることできるので、定番の問題や社会情勢を踏まえた直近の問題を把握して、出題率の高い問題は確実に解答できるようになるとよいです。

勉強するときのポイントは、参考書を徹底的に暗記すること。そのうえで、ネットで体験談を読んだり、先輩に話を聞いたりすることで、保健師の仕事をしっかりイメージしておきましょう。

また、インターメディカルが年3回実施している保健師国家試験全国統一模擬試験である「ほけもし」が役立ったという声は、非常に多くありました。本番の試験前に一度、模擬試験を受けておくのもいいでしょう。

保健師の就職先

保健師の主な就職先は、保健所・保健センター・企業・病院・学校です。

現在、日本に看護師は約82万人いるのに対し、保健師はおよそ4万人。そのためどの企業でも、保健師の需要は高く、資格さえ持っていれば採用されやすい傾向にあります。

保健師の種類にも大きく4つあり、行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師に分けることができます。自分にあっている働き方・企業を見つけていきましょう。

行政保健師

保健師の60%を占める行政保健師は、公務員として働きます。行政保健師はさらに都道府県保健師と市区町村保健師に分かれます。

都道府県保健師は、都道府県庁や指定の保健所に勤務し、市区町村保健師への研修を行ったり、保健医療システムの整備をします。広範囲に影響を及ぼす仕事が多いのが特徴です。

市区町村保健師は、市区町村の役所や、管轄する保健センターに勤務し、健康診断や予防接種のお手伝いなどをします。赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い世代の地域住民と接することができるのが特徴です。

病院保健師

病院保健師は行政保健師に次いで多い業種です。総合病院やクリニックなどの病院施設に勤務します。病院保健師の主な仕事は、病院に訪れる患者の健康指導です。

たとえば、小児科では予防接種の手伝いやアドバイスを行ったり、精神科では精神疾患を患った人への生活指導を行っています。

産業保健師

産業保健師は、企業や健康保険組合に所属して勤務します。主な仕事は、企業の社員や組合の職員に対する保健指導です。具体的には、定期健康診断の実施や、成人病、精神病のケアなどを行います。

学校保健師

学校保健師は、大学や専門学校、一部の小学校、中学校、高校に勤務します。勤務先の学校の先生や職員の健康指導を行ったり、けがや急病人の応急処置をします。

保険室の先生のように思えますが、保健室の先生になるには養護教諭の教員免許が必要になるので、学校保健師とは別のものになります。

保健師として活躍するために必要な資格は?

保健師に必要な資格は、国家資格である保健師資格です。この資格だけを持っていれば、基本的に保健師として就業可能です。

そのほか持っていると有利、または便利な資格を紹介します。

産業カウンセラー資格

産業カウンセラー資格は、社会で働く人とその家族の心のケアをスキルを表すものです。

快適な職場環境にするため、おもにカウンセリングなどをおこないます。企業への就職を考えている場合は、持っておくとかなり有利な資格といえるでしょう。

臨床心理士資格

臨床心理士は、心の問題をサポートする、心理専門職。保健師も、いろいろな人と接する仕事のため、心理学の勉強をしておくのは効果的といえるでしょう。

患者の心に寄り添う力を身につけることができるでしょう。

保健師として、活躍するために必要な能力

保健師として活躍するために必要な能力は、忍耐力・コミュニティー能力・責任感です。

治療を受ける患者は成果が見えないことで落ち込んでしまうこともあります。そのようなとき、焦らず根気強く仕事に向き合う忍耐力が求められます。

また乳幼児の発達相談を受ける機会も多く、小さな子どもとのコミュニティー能力も必須。そして不安を抱えた保護者の緊張をほぐすため、保護者のメンタルケアも必要になります。

患者のことを第一に考えられ、責任感が強く、優しい人に向いている職業です。

関連した記事

国際公務員になるには?募集ポスト分野での博士号取得が必須

国際公務員とは、国際連合やその専門機関など、国際機...

2019年08月19日, 職業別、なり方・就職の方法

議員になるには?税理士資格を持った人が多い

議員は国や地方公共団体に設置されている議会などの議...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

映画スタッフになるには?部門別の役割となり方・就職方法

映画スタッフとは、映画製作に関する専門性を駆使して...

2019年07月30日, 職業別、なり方・就職の方法