ビジネスの場における「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の言葉の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの上では、相手と上手くコミュニケーションを取ることがとても大事です。挨拶ももちろん大事ですが、会話内での何気ない敬語の使い方は、その人の人柄を表すといっても過言ではありません。

また、ビジネスのシーンでは謝罪をしなくてはならない場面も多々あります。そんな時によく聞くフレーズとして挙げられる、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」という表現。

今回は、このフレーズについて意味や使い方、使用する際の注意点を紹介していきます。間違った使い方で信用を落とさないよう、しっかりと確認しておきましょう。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の意味

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は、相手の方に不利益を与えたり、不快な思いをさせてしまったときに用いられる謝罪の言葉です。

また「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、」と文頭につけることで、相手の方に迷惑がかかる、負担になるといったことを自覚したうえで、物事を頼んだり依頼するときにも用いられます。

謝罪や物事を依頼するときに、申し訳ないという気持ちを伴なうことから「迷惑」を丁寧に置き換え「ご迷惑」と表現します。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の使い方

相手の方に不利益を与えたり、不快な思いをさせてしまったりしたときなど、こちらに非があった際に使うフレーズになります。

ビジネスでよく用いられるフレーズになりますので、聞き慣れている方も多いでしょう。多用すべき言葉ではありませんが、言い慣れてしまっている人が多く、乱用されてしまっている言葉でもあります。

「ご迷惑」を使った謝罪の例文

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のように、ご迷惑は謝罪の際によく使われます。例文は以下のとおりです。

  • ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
  • この度は、ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます
  • ご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
  • 私が至らず、〇〇様には大変ご迷惑をおかけしました。

ご迷惑を使って謝罪をする際には、相手に失礼のないような文章を心がけ、また迷惑をかけてしまっていることをきちんと理解して謝罪を伝えましょう。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の注意点

「お願いします」と併用すべきではない

「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」と使う人がいますが、このフレーズは相手に失礼な印象を与えてしまうこともあります。

相手の方に不利益を与えたり、不快な思いをさせてしまっていることを本人は自覚したうえで、「お願いします」といっているのですから簡単にいってしまえば、「不利益をお願いします」といっているようなものです。

さらに言い慣れてくるともっと危険です。「不利益をよろしく」と軽々しくいっているようなものです。「ご迷惑をおかけします」でも構いませんが、「申し訳ございません」と組み合わせることでより丁寧な印象を受けます。

「ご迷惑」の前に言葉を入れることも

本当にご迷惑を相手にかけてしまったことに対する精一杯の謝罪とするときは、ご迷惑の前に「大変」というフレーズを用いたりします。並々ならない気持ちのあらわれといえます。

また、ビジネスにおいて相手とメールでやりとりをする際は、「このたびは」というクッション言葉を用いることも多いです。

「おかけする」と「お掛けする」の使い分け

ビジネスのうえでは、メールでやりとりすることも多いです。ご迷惑をおかけするとご迷惑をお掛けするとするのかは文章のバランスをみて把握する必要があります。

全体的な文章がやわらかい印象のものであれば、ひらがなでも構いませんが、例えば、「拝啓」から始まるかしこまった文章のときは、ひらがなで表記するよりも漢字で「お掛けする」と表記したほうが、引きしまった文章の印象を受けます。

「ご迷惑」を頻繁に用いない

ご迷惑は相手の方に不利益や不快な思いをさせる言葉になりますので、あまり頻繁に用いられると相手の方の気持ちも自然とネガティブな傾向にしてしまいます。

本当に謝罪の気持ちがあるのであれば、相手の方にお詫びをし、あとの信頼につながるようにミスを繰り返さない工夫が必要といえます。

きちんと謝罪する気持ちを持つ

「ご迷惑をおけして申し訳ございません」はビジネス上、用いやすい表現です。しかし言い慣れてくると謝罪する気持ちが薄れてくる危険性があります。初心にもどってきちんと謝罪する気持ちを持ちましょう。

本当に申し訳なかったという気持ちがあれば、次のミスを防ぐきっかけにもなります。謝罪の際に用いる「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は、使わなくてすむ方が良いということを忘れずに。

「ご迷惑」の言い換え

「ご不便」

「不便」は文字通り、不都合なことですが、相手側に不都合が生じてしまうこととは少しニュアンスが異なります。あくまでも自分側に不都合が生じ、相手に不利益を与えてしまう場合に用いる言葉です。

「こちらの不手際により、ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。」

「◯時から△時までサービスを一時休止させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。」

上記のように使うことで、こちらのミスや不都合で相手に生じた不利益について謝罪することができます。

「お手数」

「ご迷惑をおかけしますが」は前置きとしてすぐに出てくるフレーズのひとつですが、あとに続く言葉に注意しなければいけません。

相手に協力などを依頼する際には、動作・作業の数をあらわす「手数」を使った「お手数をおかけしますが」という表現の方が「よろしくお願いします」が後に続いても、違和感なく使えます。

「ご面倒」

「面倒」は「迷惑」と同じような意味で用いられることが多いです。

謝罪の気持ちや依頼の気持ちが大きいのが「迷惑」として用いられます。したがって、ビジネスのうえでは「迷惑」を用い、同僚のようにより親しい関係では「面倒」を用いましょう。

関連した記事

ビジネスの場における「レスポンス」の言葉の意味と使い方・注意点など

英語が得意な人なら「レスポンス」と聞いてすぐにパッ...

2019年09月13日, ビジネス用語

ビジネスの場における「ですので」の意味・使い方・注意点

前の文章と後の文章をつなげる役目を持つ言葉はたくさ...

2019年08月26日, ビジネス用語

ビジネスの場における「忍びない」の言葉の意味・使い方・注意点など

「忍びない」という言葉は日常生活ではあまり使われま...

2019年08月08日, ビジネス用語