ビジネスの場における「尽力」の言葉の意味・使い方:注意点は?

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場では「尽力」という言葉が頻繁に使われます。「尽力させていただきます」など、誰でも聞いたことがあるはずです。しかし、ビジネスの場における尽力の正しい使い方について知っているという人はあまり多くありません。

この記事では、ビジネスの場における尽力という言葉の意味・使い方・注意点について紹介していきます。

「尽力」の意味

尽力とは、「あるひとつのことを成し遂げるため、力を尽くす」といった意味がある言葉です。尽という漢字には「ことごとく」という読み方もあるように、全てを出し切るという意味があります。

そのため、尽力するという言葉は、全てを出し切ってある一つのことを成し遂げるという意味があります。とくに、ビジネスの場において尽力という言葉を使うときには、「できる限り努力する」、「継続して取り組む」というニュアンスも含まれます。

ビジネスの場においては、努力する機会がたくさんあります。しかし、努力という言葉はカジュアルな場でも使うので、ビジネスの場では相手に対する敬意も表現できる、尽力という言葉がふさわしいでしょう。

「尽力」の使い方

尽力という言葉は、大きく分けると自分に対して使う場合と相手に対して使う場合があります。2つの異なる対象に対して使われる言葉なので、その対象によって少しニュアンスが異なります。そのため、きちんとその点を理解した上で尽力という言葉を使うようにすることが大切です。

相手に対して「尽力」を使う場合

相手に対して尽力を使う際には、相手に対する感謝の気持ちを伝える場合が多いです。例えば、ご尽力いただきましてという際には、相手の努力に対して感謝を述べているということになります。

ビジネスの場では、取引先の会社とのやりとりの中で、物事がうまく運ぶように努力してくれたことに対する感謝の気持ちを伝えたいときによく使われる言葉です。

さらに、相手を褒め称えるときにも使われます。例えば、「Aさんは、営業部門の責任者としてご尽力され、数々の実績を残しました」などのように使います。

自分に対して「尽力」を使う場合

自分に対して使う場合、尽力という言葉は、自分の努力を意味しています。そのため、相手に対して自分が努力するという決意を示す言葉です。自分が力を出し切る、努力するということを伝えるために使われる言葉ですから、「ご尽力」というように「ご」はつけません。

相手に対して尽力という言葉を使う場合には、「ご」をつけて使用する場合が多いですが、自分の努力を示す場合には「尽力していく所存です」といった表現のほうが自然です。

尽力を使う際に気をつけること

お願いする際には使えない

尽力という言葉は、「ご尽力いただけませんか」「ご尽力お願いします」などと相手にお願いする場合には使えません。

尽力は努力するという意味なので、お願いの形で使用すると「私のために努力してくれませんか」といった意味合いになってしまい、非常に失礼で厚かましい表現になってしまいます。

間違った表現で使用しない

尽力という言葉そのものが、力を尽くすという言葉となります。そのため、尽力を尽くすという表現は意味が重複するため誤った使い方です。

間違ったビジネス用語を使うことによって、相手からの評価が下がることも十分にありえます。このような間違った表現をしないよう、注意しましょう。

文章でも口頭でも使える言葉

尽力という言葉は文章で使うこともできますし、口頭でも使うことができる言葉です。しかし、口語だとうまくでてこない、使えないことも多いでしょう。そのため、以下のような言い換え表現についても知っておくと便利です。

・全力で取りくませていただきます。

・精一杯ご支援させていただきます。

・頑張らせていただきます。

誠心誠意取りくむといったニュアンスをつけるような言葉を伝え、相手に安心感をあたえられるようにするというのがポイントです。

「尽力」と似た「お力添え」との違い

「尽力」の中心的な意味が力を尽くすという意味があり、「力添え」の中心的な意味は、援助・手助けすることを意味しています。そのため、尽力には、「努力する」という意味合いがある一方で、「力添え」にはそのような意味はありません。

そのため、尽力とお力添えには微妙な言葉のニュアンスの違いがあるため注意が必要です。

「お力添え」の使用例

尽力とた表現で「お力添え」という表現がありますが、この2つの言葉は別物です。「お力添え」は自身が誰かに助けを依頼する際や助けてもらった際に使う言葉で、「尽力」という言葉とはベクトルが違います。

相手に助けを依頼する際には「お力添えの程、よろしくお願いいたします」、相手の手助けに感謝する際には「お力添えいただきありがとうございました」と使うのが一般的です。混同して使わないように気をつけましょう。

関連した記事

ビジネスの場における「ひいては」の言葉の意味・使い方・注意点

「ひいては」という言葉は、普段生活している中ではほ...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「プロパー」の言葉の意味と使い方:注意点は?

プロパーとは、直訳すると「正規のもの」「本来のもの...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「お目通し」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

ビジネス用語は一流のビジネスマンにとって最も重要な...

2019年07月29日, ビジネス用語