配管工をやめたい・転職したい。体力の衰えを感じ始めた。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

配管工は配管の管理や施工をする職業です。職人気質の強い仕事なので上下関係が厳しいという特徴があり、体もかなり使う職業なので体を鍛えておく必要もあります。

配管工の仕事は重労働なだけでなく、いくつかの危険も伴っています。薬品漏れや一酸化炭素中毒、火事といった配管作業中の事故で怪我をしたり、最悪の場合命を落とすことも。

2019年2月8日には北海道留萌市の公務員宿舎の屋内で、配管作業をしていた男性3人が一酸化炭素中毒によって意識不明の重体で見つかりました。

このようなことは珍しいことではなく、安全には十分注意していても油断はできない仕事です。今回は配管工をやめたい・転職したいと思ったきっかけや、おすすめの転職先について紹介します。

配管工をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

体力の衰え

配管工から転職を考える理由の1つは体力の低下です。配管工はかなり体を使う職業です。そのため、体が丈夫でなくてはなりません。重たいものを扱うこともあるので、体への負担はかなり大きいものになります。

年齢が若いうちは不安を感じることなく毎日の仕事に打ち込めていても、体力に不安を感じ始める年齢になると仕事を続けていくことにも不安を感じ始めるようです。

また、体を壊して離職せざるを得なくなるケースも多いでしょう。転職や再就職をするならなるべく若いうちの方が良いのではと考え、早くから転職を検討する人も少なくありません。

配管工におすすめの転職先

トラックの運転手

トラックの運転手は積み込み・輸送・荷降ろしが主な業務で、個人宅への配達をおこなう人もいます。体力は必要になりますが、荷物の大きさはトラックによっても異なるのでそこまで大きくないものもあります。

トラックの運転手の中でも、長距離の運転手は時間外手当などが多くつくので収入アップが見込めるでしょう。

水道関連の会社

配管工として働いていたという経験は、やはり同じ種類のものを扱う会社で発揮しやすいです。水道関連の会社なら、持っている知識・スキルが活かせるので転職しても活躍が期待できます。

営業職や事務職などがあり、力仕事はほとんど無くなるので年齢を重ねても働きやすい職種です。大きい会社であれば収入面も改善できる可能性があるので、転職先として非常におすすめできます。

配管工からの転職ならマイナビエージェント

配管工からの転職を考えているなら、マイナビエージェントがおすすめ。大手転職サイトのマイナビエージェントは、転職活動をする人の多くが登録する定番転職サイトです。

転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくとよいでしょう。求人の約8割は非公開求人で、そのほとんどが登録をしないと確認できないものばかりとなっています。

マイナビエージェントは営業職の求人も多く揃えているので、そうした職種に少しでも興味を持っている人は登録してみても損はありません。専任のアドバイザーと転職活動を有利に進めましょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

配管工をやめる・転職する前に考えておくこと

転職する前に考えておきたいことは、配管工として働いて培った経験やスキルを最大限生かす必要があるということです。

配管工で身につけた体力、地道に努力する力、根性はどんな職業でも有効です。あとはどんな事柄に興味があるのかをしっかり見極めましょう。

配管工は職人気質が強いので転職は厳しいかもと諦める人が多いのですが、配管工として培ってきたスキルを活かす舞台はいたるところにあります。

収入を上げたいのか、体を使わない仕事がしたいのか目的を明確にした上で転職先を慎重に検討しましょう。

関連した記事

マニピュレーターをやめたい・転職したい。技術についていけなくなる。

あまり聞きなれないマニピュレーターという職業。マニ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

リポーターをやめたい・転職したい。言動や行動を批判され、精神的につらいことも。

自分で取材した情報を、報告をする職業であるリポータ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

モデルをやめたい・転職したい。いつまでも活躍できるわけではない

新しいものを素敵に見せたい・ファッションショーにで...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?