航空機関士をやめたい・転職したい。事実上なくなってしまった職業

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

航空機関士は操縦装置を除く発動機や機体の取扱いをおこないます。常に機器の異常がないかチェックし、システムのチェックをしなければなりません。1つでも注意を怠れば、安全を確保できないので緊張感が必要です。さらに緊急時にはあらゆる機器から情報を読み取り、総合的に素早く冷静な判断を下さなければなりません。

このように責任の大きい仕事ですが、電子化が進んだ現在は航空機関士は民間での需要がまったくなく消滅した職業とされています。

今回は、そんな航空機関士をやめたいと思ったきっかけや、おすすめの転職先についてみていきます。

航空機関士をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

航空機関士は、エンジン、燃料、電気系統、空調、油圧系統のシステムの管理をおこないます。機器の大部分がアナログであるため、システムの管理は難しいです。

さらには燃料や重量、離陸や着陸の速度の計算までもおこなわなければならず、システムにトラブルが起きてしまった場合の緊急事態時には、早急に処置を施すなどの安全確保をしなければなりません。

航空機関士は複雑で責任重大な業務です。フライトの度にプレッシャーと戦わなければならず、精神的に辛いときがあり、やめたいと思ってしまうことがあるでしょう。

航空機関士におすすめの転職先

そんな航空機関士から仕事を変えるにあたって、おすすめの転職先があります。医師や看護師などの医療従事者、機械などのシステム管理者、警察や警備です。

医師や看護師は患者のあらゆる状態においても、救命や治療のため、常に冷静に患者の身体から情報を読み取り、判断決断をすることを迫られます。

システム管理者は、非常時の際には状況を素早く把握し、対応しなければなりません。警察や警備の仕事も同様で、どんな状態に置かれていても常に冷静でいることが求められます。

いずれも責任十代であらゆる事象から情報を読み取り、適切な判断を下さなければなりませんが、適性を考えるとぴったりといえるでしょう。

航空機関士をやめる・転職する前に考えておくこと

転職をしたいと考えても、航空機関士の資格は電子化が進んだ今では、もはや民間では需要がまったくありません。転職をするとなると知識も経験もない業界で1から仕事を覚えなくてはなりません。

現在航空機関士としての仕事をしているということは、自衛隊であるということです。仕事を変えるということは、苦労して取った資格を無駄にしてしまうということ。

航空機関士としての仕事ができるのは今やごく少数であり、十分誇りを持てる職業です。その事を念頭に置き、十分に仕事について考えましょう。

航空機関士からの転職なら

機関士をやめてほかの業種への転職を考えているなら、まずはマイナビエージェントに登録しましょう。

大手転職サイトのマイナビエージェントは、転職活動をする人の多くが登録する定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

キャリアアドバイザーが希望に沿って求人を紹介してくれるうえ、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートも無料でおこなっています。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

クレーン運転をやめたい・転職したい。クレーンの操作は細やかさと集中力が求められる

クレーン運転士は専用の免許が必要であり、大きなクレ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

カウンセラーをやめたい・転職したい。カウンセリングで精神的疲弊を感じてしまう

一般企業や学校、医療施設など多岐にわたる分野で活躍...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

運転代行をやめたい・転職したい。転職するならコミュニケーション力を活かそう

お酒を飲んだときに、運転手の代わりに車を運転する運...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?