月収35万円の人は生活に余裕あり!さらに収入を増やすためにできることとは?

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

月収35万円というと皆さんはどのようなイメージを持たれますか?

収入が多いと感じる方もいれば少ないと感じる方もいるのではないでしょうか。一般的には高いと評価されているようですが月収35万円だと、それなりに困難な場合もあるようです。

今回は月収35万円の人のライフスタイルがどのようなものなのかと、そして、35万円という収入をさらに増やす方法を紹介していきたいと思います。

月収35万円は多い?少ない?

世間一般的には月収35万円といえば非常に高いとは言えませんが、なかなかいい給料といえるでしょう。月収35万円では、税金や住民税、雇用保険、社会保険料などが引かれて手取りで約30万円になります。

年収にすると大企業で約500万円、中小企業で約450万円(ボーナス有りの場合)です。日本の労働人口の平均年収が約420万円なので、これと比べても少し高くなっています。

月収35万円の生活

前述で述べたように月収35万円は一般的に高い給料とされています。しかし、月収35万円をもらっているからといっても、その他の条件によっては決して贅沢な生活ができるというわけではないようです。

月収35万円のライフスタイルを見ていきましょう。

月収35万円の収入のライフスタイル

月収35万円の人のライフスタイルの例を見てみましょう。

家賃  5万~12万

食費  3万~5万

光熱費 1万~3万

交際費 2万~3万

通信費 1万~3万

雑費  1万~2万

月の支出で一番大きな割合を占めるのは家賃でしょう。

他にも車を持っている人は車輌ローンや保険、ガソリン代なども加算されます。子供がいる家庭は教育費も加算されていくでしょう。

最低限の生活を心掛ければ貯蓄もそれなりにできますが、車を所有している家庭や結婚している家庭、子供がいる家庭などはそこからさらに出費がかさむので、決して余裕がある生活とまではいかなそうです。

交際費や光熱費、通信費などをなんとか節約している生活している家庭は多いです。

子供がいる場合

もし子供がいる場合、月収35万円ではかなり厳しい生活になってきます。0~6歳の子供の1人あたりの1年間の養育費はおよそ100万円とされています。

また、子供の養育費はもちろんですが、将来のことを考えて習い事をさせたり、塾に通わせたりする場合、さらにお金がかかってしまいます。

通常のライフスタイルでも節約の必要性があるというのに、さらに養育費や教育費がかかるとなると相当厳しいのではないでしょうか。

ローンを組んだ場合

もし、ローンを組んだ場合は固定費が増え、生活が苦しくなってしまいます。ただでさえ、貯金をすることが難しく、節約が必要な場合もあるというのにローンを組むのは非常に厳しいと言えます。

もし結婚していて共働きであるならば、なんとか返済できるかもしれませんが、そうではなく月収35万円のみが収入であるならば慎重に計画して行動すべきでしょう。

35万円の収入の人が給料をアップさせるための戦略

では、月収35万の人がもっと給料をアップさせるためにはどうすれば良いのでしょうか。

給料を決める要素を考えてみる

一般的な企業では以下のような4つの給与体制に別れます。

・年功序列で上がる給料

・成功報酬型の給料

・業績を伸ばすことで上がる給料(業績給)

・仕事の取り組み方が考慮されて伸びる給料

ここに挙げたのは一般的な企業で、従業員の給与を左右する項目です。

基本的にこの4項目を達成することで給与がアップしていくと考えられます。

最も効果的なのは業績給です。営業などの歩合の割合が強い職務に就いている方は、業績を上げることで大きく給与に反映されるでしょう。

資格を取ってみる

上記以外にも、仕事に必要な資格を取って、資格手当をもらうのも一つの方法です。

不動産業界なら宅地建物取引主任者、金融業界ならFPや中小企業診断士、介護関係なら社会福祉士などがあります。

その業種にあった国家資格を取ることで毎月の給料に上乗せして資格手当を給付する企業が多いようです。

思い切って転職を考えてみる

そうはいっても給料は簡単に上がるものではありません。一番簡単な方法は、今の自分の能力をきちんと評価してくれる企業に転職してしまうことです。

転職の際に現在の企業より給与が上がるようでしたら、月収もそれなりに上がっていくでしょう。

ただ、転職にはリスクもありますので、給与面だけでなく様々な面できちんと検討してみることが必要です。

転職を考えている人は、転職サイトなどのサービスを利用すると良いでしょう。大手転職サイト『リクルートエージェント』なら、働きながらでも転職先を見つけることができます。

リクルートエージェントに登録する(無料)

副業

会社で働いている方で収入をあげるには副業を上げるのが一番容易な方法と言えます。会社で働いている場合、あまり時間がないという方には投資がおすすめです。

投資は短期間に売買を繰り返すことで莫大な利益を得ることができます。投資というとギャンブルのようなものに思われがちですが、知識をルールをしっかりと学べばリスクの低い副業となります。

また、自分でブログを運営することもおすすめです。ブログの運営は始めたころはあまり反応がなく収入になりませんが継続することで大きな収入を得ることができます。

短時間でできるというメリットもあるので、時間がない方には特におすすめです。

まとめ

月収35万円を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだと思いますが、生活に困るような収入ではありませんし、贅沢をしなければ毎月一定の貯蓄もすることができます。

現在月収35万程度もらっている人は、ここからまた給与をアップできるように色々なことに挑戦、実践してみるものいいかもしれません。

関連した記事

パートにも産休あります!パートで産休をとる時の注意点

パート勤務の方へ朗報です!特にこれからママになる方...

2019年07月29日, 給与・休暇

男女の賃金格差の原因と解決法を紹介:昔からの風習によるもの?

女性が社会において活躍の場が多く与えられるようにな...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収700万円の人のライフスタイルまとめ:収入を増やすには資格をとろう

一般的には、年収600万円が高収入のボーダーライン...

2019年07月29日, 給与・休暇