年収150万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

年収150万円となると一般的には新入社員の方、パートやアルバイトの方が多いと思います。その場合は大体年収150万円くらいが相場です。

しかしそうでない場合は、年収150万円は正直少ないです。しかし、貯金がない方はこのお金で生活していくしかありません。

今回は年収150万円の人のライフスタイル、そして、このままの年収では満足できない、という方にどのようにすれば収入を上げることができるのかを教えます。

年収150万円は少ない

日本の労働人口の平均年収である420万円と比べると、やはり年収150万円は少ないとされています。年収150万円の人の手元に入ってくるお金はおおよそ130万円ほど。月収にすると12万5千円で、手取りは10万円ほどです。

月10万円で生活となると、生活は厳しく、節約が必要になってくるのではないでしょうか。

                 

年収150万円の人のライフスタイル

家賃、貯金額、趣味、結婚など、ライフスタイルにはお金が直結して関わってきます。

年収150万円の人のライフスタイルはどのようなものが多いのでしょうか。

家賃の相場は3~4万円

年収150万円の人は一軒家を持つことは難しいので、実家または格安の賃貸住宅に住むことになります。

家賃にかけれるお金は手元に入ってくるお金の約3割とされています。よって、家賃の相場は3万円~4万円といったところです。

地方ならばこのくらいの家賃でも1DKほどの間取りの家に住むことが可能です。都市圏では、風呂なしや木造、築年数が高いなど、どこかで条件を妥協しないとなかなか物件が見つからないでしょう。

趣味にお金は使えない

趣味にお金をつかうことは難しいです。貯金する予定のお金を趣味に使う、ということもできると思いますが、あまりいいとは言えません。

しかし、まったく趣味にお金を使えないことはありません。

月1万円ほどなら趣味にお金を使うこともでき、貯金もすることが可能です。

結婚して家庭を持つのは苦しい?

結婚をすること自体は不可能ではないですが、結婚に付随してお金がかかることが増えると生活がかなり厳しくなります。

配偶者と共働きという場合には負担はそこまでかからないですが、結婚相手が働いていないと生活を維持することはほぼ不可能です。また、子どもができると、それに伴う出費が大幅に増えるので結婚を早くしたい気持ちはわかりますが、経済的に余裕ができてからでないと、将来厳しくなることは間違いありません。

収入を増やす方法

正直、年収150万円くらいでは、物足りない、生活が厳しいと思う方がほとんどです。

ではどうすれば収入を上げることができるのか。いくつか紹介していきます。

正社員として就職する

フリーターとして生活している方は、正社員としての就職を目指しましょう。

フルタイムで働けば、時給が最低賃金並みだったとしても月収が16万円程度になります。交通費や家賃補助などの福利厚生を受けられる可能性があるうえに、失業保険が適用されたり、有給が使えるようになったりして、生活が安定してきます。

勤続することによる昇給も見込めるので、将来の見通しも立ってくるでしょう。

まずは空いている時間に就職活動を始めてみましょう。

資格の取得

すでに契約社員・派遣社員などとして企業ではたらいているならば、資格を取得することで給料が上がり、収入が上がる場合があります。

おすすめの資格としては、個人的な資産運用や金融に関するアドバイスをするファイナンシャルプランナーや不動産業界に勤めている方には宅地建物取引士、日商簿記があります。

資格を取ることは決して簡単なことではありません。それなりに時間と労力がかかります。しかし、給料が大幅に上がる資格もあるので、余裕があれば挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

関連した記事

毎日13時間労働がもたらす影響は?労働時間を減らす方法も紹介!

毎日13時間労働は、昔の日本では当たり前に行われて...

2019年07月29日, 給与・休暇

年間休日108日ってどんな感じ?収入を減らさずに休日を増やすための方法まとめ

みなさんは1年間でどのくらい休んでいるか計算したこ...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収700万円の人のライフスタイルまとめ:収入を増やすには資格をとろう

一般的には、年収600万円が高収入のボーダーライン...

2019年07月29日, 給与・休暇