年収350万円の収入の人のライフスタイルと年収を増やすための方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

年収350万円というと、一人暮らしであれば生活に困難はなさそうですが、趣味に掛けられるお金が少なかったり、家庭をもっていると節約を余儀なくされそうというイメージを持つ方が多いでしょう。

お金が全てではないですが、より自由に生きるためにはお金が多いに越したことはありません。以下では年収350万円の人の一般的なライフスタイルを見た上で、これ以上に年収をアップさせる方法を検討していきます。

年収350万円の収入は多い?少ない?

日本人の平均年収は約410万円と言われています。この平均年収と比較すると、350万円の年収は低いと言えるでしょう。

ここから税金などが引かれてしまうと、手取りでの年収は約250万~280万円ほどになります。ボーナスがないと考えると、月収は約20万~24万円ほどになります。

年収350万円の収入は、生活ができないほどではありませんが、贅沢な暮らしは難しいという評価が一般的にされています。

年収350万円の収入の人が多い職種

ちなみに年収350万円の収入の人が多い職種にはどのようなものがあるでしょうか。

まず挙げられるのが、一般事務の仕事です。一般事務の年収は大体350万円前後と言われています。

そのほかにも、ウェディングプランナーや歯科衛生士といった仕事も同じくらいの年収です。また会社によっては、役職が就いても350万円の年収という人もいますが、会社によって年俸規定は変わりますので、会社の規模で判断することは難しいと言えます。

年収350万円の人のライフスタイル

では、年収350万円の人はどのようなライフスタイルを送っているのでしょうか。月の手取りを22万円と仮定して、ひとつの例を見てみましょう。

家賃 6万~7万円

食費 2万~3万円

光熱費 1万円

交際費 3万~4万円

通信費 1万円

車輌費 1万円

雑費 1万円

貯蓄 4万円

年収350万円は、日本の平均年収よりわずかに少ないため、全てにおいて贅沢をすることはできません。そのため、たとえば車が趣味で高級車に乗りたい人は、家賃の安い家に住んだり、食費を抑えたりする必要があります。

しかし、固定費や食費などをコツコツ節約していけば、趣味や貯金に充てるお金もあると言えるでしょう。

また、年収が350万円でも結婚している人は多くいます。ただ、子供がいると家計が厳しくなるため、趣味を諦めたりする人も多いです。

年収350万円の人が年収を増やすためにできること

趣味を諦めたり食費を抑えることをせずに、収入を増やしたいと思う人も多くいるでしょう。では、いったいどのようにすれば年収がアップするのでしょうか。

まず一つ目に考えられるのは、転職ではないでしょうか。今よりも条件のよい企業に転職することで、年収アップを見込むことができます。

二つ目は、資格を取得することです。資格を取得すれば資格手当が出るところがあり、年収がアップする可能性があります。

そして三つ目は、副業をするということです。インターネットのライターなどの副業は、慣れてくると月5万円から8万円ほどの収入が見込めます。

350万円の収入の人が年収をアップさせるために転職活動ですべきこと

収入を増やすために、転職を選択する人もたくさんいるのではないでしょうか。年収をアップさせるための転職活動で、すべきことがあります。

まずは、自分を過小評価しないことです。過大評価をする必要はありませんが、過小評価をしてしまうとどんどん転職先の条件を下げてしまい、せっかくの年収アップが難しくなる場合があります。

次に、面接先の企業の口コミをよく調べることです。最初に提示された年収がよくても上がらないという場合もありますので、事前によく調べることが大切です。

そして最後は、転職エージェントを活用することです。転職のエキスパートが相談に乗ってくれるので、安心して相談することができます。ぜひ上手に転職サイトを活用して、転職を成功させてください。

転職するなら『リクルートエージェント』

リクルートエージェントは、求人数も転職者数も業界1位の転職エージェントです。

非公開求人が10万件以上で日本中の企業からの求人を扱っているため、紹介できる仕事の幅が広く、業界ごとに精通している優秀なコンサルタントがいます。

また、自分で気づかない強みやキャリアプランを教えてくれ、面接対策や履歴書の添削など細やかなサポートも充実しているのでおすすめです。

面談交渉や日程調整までエージェントが代わりに行ってくれるので、安心して転職活動に取り組むことができます。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

年収400万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

日本の労働人口の平均年収が、415万円ほどだといわ...

2019年07月29日, 給与・休暇

有給の時効制度について解説:消滅する有給の計算方法も具体例で紹介

有給とは有給休暇の略で、通常通りの給料が支払われる...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収750万円はどんな人・職業が稼いでいる?わずか5%の狭き門

年収が750万もあると、高所得世帯になります。全て...

2019年07月29日, 給与・休暇