海外で名刺交換するときのマナー・注意点。日本とビジネス文化が大きく異なる部分が多い

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネスマナー

日本人にとって名刺交換は、基本的なビジネスマナーであり、自分を覚えてもらうことができる、便利な仕事道具の1つです。

しかし海外での名刺の価値はさほどでもないよう。名刺を交換しないシチュエーションも多くなっています。

海外転勤を命じされた場合、日本と異なるビジネス文化に驚いてしまう瞬間もあるかもしれません。しかし、郷に入っては郷に従えという言葉があるように海外転勤をするのであれば、他国のビジネス文化を理解しておく必要があります。

とくにカルチャーショックを受けやすい、名刺交換のマナー・注意点に関しては、しっかりおえてきましょう。

海外での名刺交換の位置づけ

日本では、ビジネス上初対面で接する相手に対しては名刺を渡すのがマナーになっています。名刺交換においては、交換する順番・差し出し方・受け取り方など、細かいことまでルールが決まっており、名刺をまるで本人かのように扱う文化があります。

これはモノにも霊が宿っているアニミズム的な考えが、日本文化にあるためだと言われています。

しかし一方でアメリカをはじめたとした海外では、名刺交換はライトです。アニミズムの考え方もないため、名刺交換に対して細かい決まりもありません。

初対面では握手をする程度であり、名刺を交換しないことも多くなっています。

上記のようにそもそも名刺に対する考え方が異なることを覚えておきましょう。

海外では名刺交換をするときのマナー・注意点。日本と違うところとは?

海外では名刺交換は二の次

日本では社外の人と会ったとき、挨拶よりも名刺交換が優先されます。

美辞麗句を並べるよりも名刺に書かれている役職を見て、相手の立場を確認しているところがあります。そんな儀礼的な動きが終わってから、ミーティングが始まるという流れがほとんどです。

これに対し、海外では名刺交換などは二の次です。まず人と人が会ったらお互いの目を見て笑顔で握手して挨拶をします。相手の手を握ることで相手に安心感を与え、話し合いをスムーズにおこなう効果があるそうです。そのため、名刺は挨拶後に渡したり、ミーティング後に渡したりします。

海外ではむやみに名刺交換をしない

日本でも今後仕事でおつきあいが長くなりそうな相手には、積極的に名刺交換をおこないます。ミーティングに参加している人には必ず名刺を渡すでしょう。

しかし海外では、会話によって相手を知ることが重要とされており、日本のようにあまり会話をしていない相手に名刺を交換することはありません。

海外では名刺交換したあと名刺が雑にされる

日本では名刺は大切なビジネス道具です。ネットサーバーにアップロードして管理をしたり、社内の名刺入れに丁寧に保管している人もいるでしょう。

しかし海外では、名刺は日本ほど貴重なものだという認識はされていないようです。折り曲げられたり、裏にメモを書かれてしまうこともあるようです。これは文化の違いなので、海外出張でも驚かないようにしましょう。

名刺交換がない分、会話で自分を覚えてもらわなくてはいけない

海外ビジネスでは、名刺交換がない分、会話力が求められます。名刺に頼ることなく、自分を覚えてもらうことは非常に難しいことでもあります。

また海外ではスモールトーク、仕事の話をする前の世間話が重要視されることが多いです。いきなり本題に入ったりせずに、まずは相手と打ち解けるために、いろいろな話をするようにしてみましょう。

スモールトークで、どれだけ相手と仲良くなれるかが、今後のビジネスに大きな影響を与えることになります。

海外では名刺の紙質も重要

海外では名刺の紙質もチェックポイントに入ります。

チェックして、名刺について文句を言ってくる相手はいませんが、紙質によって会社と貴方の評価を下している可能性はとても高いです。そのため海外で名刺交換をおこなうさいには、持ち歩く名刺の紙質にも気を配りましょう。

ただし、近年は再生紙などを使った地球環境に優しい名刺を使っている会社もあります。

名刺交換がおこなわない国もある

アメリカ・韓国は名刺交換の文化があります。

しかし中国では、名刺を交換するのではなくスマホアプリで連絡先を交換することが多いようです。他にもフランスでは、管理職以上の人は名刺を所持していますが、それ以外の人は名刺を持っていないことが多いようです。

関連した記事

クレームの謝罪文で書かなければいけないこと。そのまま使える例文も紹介

産業別労働組合のUAゼンセンが2018年におこなっ...

2019年07月29日, ビジネスマナー

上司へメールをするときのポイント。チャットツールでも挨拶・宛先などは忘れないように

上司とメールやSNSで、連絡を取り合うことは多いで...

2019年07月29日, ビジネスマナー

実際にあったモンスタークレーマーの体験談。問題を大きくしないための上手な対処法は?

産業別労働組合のUAゼンセンが2018年におこなっ...

2019年07月29日, ビジネスマナー