手取り18万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

手取り18万円は大卒の初任給としては一般的ですが、そうでなければ低い収入であると言えます。一人で生活していくのであればなんとかなるかもしれませんが、結婚していたり、子供がいた場合、生活は困難なものになります。

今回は手取り18万円のライフスタイルとさらにそこから収入を上げる方法を紹介していきます。

手取り18万円は多い?少ない?

手取り18万円の世間の評価は立場によって変わってきます。新卒で入社した1年目、2年目の社員であれば一般的とされ、10年以上働いているベテランの場合は非常に低いとされます。

手取り18万円といえば、額面から差し引かれるのは4~5万円といったところでしょう。したがって、給与の額面はだいたい22万円から23万円といったところになります。

手取り18万円の人はどういう人か

日本経済新聞社がまとめた企業の初任給ランキングによると、2018年の初任給の平均は21万4482円。これよりも少し上ということになります。さらにランキングで23万円の企業を探すと、2378社中275位です。

鹿島や西松建設、竹中土木、長谷工など建築・土木業に多いような気がします。業界内であまり差が出ないよう、互いにけん制しているのでしょうか。ドンキホーテやJTBという名前も見えます。

こう聞くと、まずまずじゃないかと思うかもしれませんが、初任給というのは基本給で、通常はこれに残業代や休日出勤の手当てなどがつきます。

ですから、手取り18万円というのは、9時出勤17時退社の定時のみで働く企業の新入社員といったメージです。

手取り18万円は独身の20代ならば、まずまず。結婚をして、子供もいて、となれば、少し苦しいということになるでしょうか。

手取り18万円の支出内容

住居費

手取り18万円での生活を考えたとき、まず一番に考えなければならないのは住居費です。よく家賃は手取りの3分の1までと言われます。家賃6万円が限度でしょう。

貯蓄をしようと思えば、少々不便を我慢して家賃を抑えるしかありません。

光熱費・通信費

次に考えなければならないのは、電気やガス、水道などの光熱費、電話などの通信費です。

これらの合計は多く見積もっても2万円まで。それ以上使っているという人は、生活スタイルを見直しましょう。

食費

仮に家賃6万円、通信費3万円とすると残りは9万円。後は食費にいくら費やすかによって、生活スタイルは変わります。

1日の食費が1000円なら約3万円です。外食をせずに、毎日自炊をしていれば、達成は不可能な額ではありません。

手取り18万円の人が収入を増やすには

手取り18万円の生活は、成り立たせることはできますが決して楽なものではありません。では手取り18万円の人が収入を増やすにはどんな方法があるのでしょうか。

いくつか紹介していきます。中には簡単に始めることができるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

生活スタイルを見直す

収入を増やす方法ではありませんが、最も簡単に取り組めることは節約です。

上記のように、支出を細かく書き出してみると、まだ切り詰められる点が見つかる可能性があります。

転職を考える

得られる収入を大きく変えるとなると、転職という方法が最適です。

転職活動においては、同じような待遇の会社に入社しないためにも、企業リサーチが重要になりますが、その見極めは難しいものです。

そんなときにおすすめするのが、大手転職サイトの「リクルートエージェント」。専門のコンサルタントが、数ある求人からあなたの希望に合う求人を紹介してくれます。また、面接や提出資料の添削なども行ってくれます。

ぜひ活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

年収400万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

日本の労働人口の平均年収が、415万円ほどだといわ...

2019年07月29日, 給与・休暇

手取り14万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

皆さんは手取り14万円と聞いてどんなイメージを持つ...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収250万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

年収250万円の人は贅沢な生活を送ることは難しいと...

2019年07月29日, 給与・休暇