手取り10万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

手取り10万円の人のライフスタイルとはどのような状況でしょうか。月の収入が10万円しかない状況においては、生活に工夫をしなければなりません。特に、都心部においては健康的、文化的な生活ができるレベルには達していない可能性があります。

そこで、今回は手取り10万円の人のライフスタイルと、その収入を増やすための方法をまとめてみます。

手取り10万円は平均より大幅に低い

手取り10万円は、一般的に低いとされている収入額です。手取り10万円は額面上の収入だと月収15万円程度、年収では約250万円から300万円程度です。

30代サラリーマンの平均月収がおよそ35万円なので、それと比較すると、やはり手取り10万円は低いと言ってよいでしょう。

手取り10万円の収入のライフスタイル

ー手取り10万円の人の生活における支出例ー

家賃:30000円

水道代:3000円(2か月分)

電気代:7,500円

ガス代:3,000円

スマホ代:2,000円

ネット代:5,500円

保険代:7000円

食費:32000円

貯金:1万円

支出を見る限り、手取りが10万円となると、自分で家を借りて仕事をすることは厳しい状況です。例えば、企業に勤めている場合は用意されている社員寮を利用し、日々の生活においては、外食も避けることで節約して、なんとか生活が成り立つというスタイルになります。

服も必要最小限で購入することになりますが、自動車は中古の軽自動車であってもローンで購入できるかわからないので主に公共交通機関を利用することになりますし、結婚生活や育児に回せるお金はないので家庭をもつことは難しくなります。

手取り10万円の収入の人が給料をアップさせるための戦略

やはり、手取り10万円で生活していくのは厳しいです。では、どうすれば、収入を上げることができるのでしょうか。いくつか紹介していきたいと思います。

現在の仕事時間を増やす

仕事の時間を増やすと時間給の場合には収入が増えていくことになります。またシフト勤務などではシフトの回数を増やすこともあると思います。

ただこの仕事の時間を増やすことで体への負担も増えます。身体を壊してしまっては収入を上げるどころの話はではなくなってしまうので、無理の無い範囲で仕事量を増やすことをおすすめします。

副業をする

今の仕事を気に入っている場合には、その仕事を続けながら副業をしていくことも方法のひとつです。日本全体も副業解禁の方向になっていますが、あらかじめ副業ができるかどうかを企業に確認した上での対応となります。

副業にはデータ入力などの単純作業の仕事、ブログを開設し、広告収入を得る仕事、クラウドワークスなどに登録してライティング作業を行う仕事などがあります。どれも空いた時間に比較的簡単にできるので、おすすめです。

転職をする

同じ業種へ転職することで、収入を増やすという方法があります。フルタイムで働いていて手取りが10万円程度の場合、給与面に関してはギリギリ最低賃金を上回っている程度と思われるので、これ以上給与が下がる心配はありません。

つまり、一般的に言われている転職におけるリスクは非常に少ないので、積極的に挑戦するべき選択肢であると言えるでしょう。

転職を検討している方におすすめなのが、国内最大級の大手転職サイト「リクルートエージェント」です。

簡単な入力だけで、あなたの希望の条件に沿った会社を紹介してくれますし、専門コンサルタントが公にされていない会社の非公開情報の紹介や面接対策なども行ってくれるので、ぜひ活用してみましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

毎日労働時間14時間ってどんな感じ?収入を減らさず労働時間を減らしたい!

今、長期間労働による過労死、過労自殺が問題になって...

2019年07月29日, 給与・休暇

有給は買取は違法?ルールと可能なケース3つを紹介

労働基準法では、出勤規則日のうち8割以上の出勤率が...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収150万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法

年収150万円となると一般的には新入社員の方、パー...

2019年07月29日, 給与・休暇